« ロバート・キャパ写真展「キャパ・イン・カラー」 | Main | ロバート・キャパ写真展2 週刊100人そしてミステリー »

January 11, 2005

ロバート・キャパ写真展2005 キャパ・イン・カラーTOP PAGE

ROBERT CAPA EXHIBITION CAPA in COLOR
「ロバート・キャパ写真展 キャパインカラー」
 2月15日(火)→2月20日(日)日本橋三越本店新館7階ギャラリー
380capaincolor
Large Size all photos Robert Capa/Magnum Photos

1935年、画期的なコダックのカラーフィルム、コダクロームが発明され、翌36年スチール用が発売された。ロバート・キャパは、その翌々年の1938年には中国取材で早速そのコダクロームフィルムを使用している。
当時の感度は、ISO(ASA)10ぐらい。しかしその性能は素晴らしかった。後に発売される、エクタクロームと違い
外式という染料で後から色をつけるものだった。耐久性に優れ、50年以上も前に撮ったカラーフィルムだというのに、いまだに美しさが保たれている。内式のカラーフィルムでもロバート・キャパは多くの写真を撮ったが、残念ながらほとんど画像が変色し、消えてしまったという。
コダクロームで撮った1938年の日中戦争の写真は、ライフに発表されたが、残念ながらポジは紛失している。
その後撮られた大量のカラー写真が、2002年にニューヨークマグナムから大量に発見された。
そのキャパの初公開のカラー写真を軸に、今回展覧会が開催される。
内容は、発見された、イギリス、チュニジア、シシリーの戦争中の写真、そしてへミングウエイ親子、死の直前の日本滞在、それに最後の土地、インドシナで撮影したカラー写真が展示される。
他に15点のキャパの代表的なモノクロ写真も展示されるという。
そのほかキャパが撮影中着ていた従軍記者用軍服(?)も展示される予定だ。
当時、カラーフィルムは広告などでは多く使用されていたが、速報性の必要な報道写真(ルポルタージュ写真)では、メディアのカラー対応の遅れなどもあって、あまり発表されていなかった。それでもロバート・キャパは積極的にカラーフィルムを使用している。

コダクローム関しての関連記事

NEXT Page

« ロバート・キャパ写真展「キャパ・イン・カラー」 | Main | ロバート・キャパ写真展2 週刊100人そしてミステリー »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

報道写真」カテゴリの記事

カメラ雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

戦争写真家」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

» ロバート・キャパ Capa in color [ついてる日記]
 この展覧会では、2002年にニューヨーク・マグナムで発見されたカラー写真が初公開されています。イギリス、チュニジア、シシリーの戦争中の写真、そしてへミング... [Read More]

» 世界で一番大きい写真展 [仙台インターネットマガジン ★仙台のフリーネット雑誌]
ロッチェスターは退屈だ。 私が住んでいるダウンタウン(中心街)は、アメリカのほ... [Read More]

» Tramadol side effects. [Side effects tramadol.]
Tramadol side effects. [Read More]

« ロバート・キャパ写真展「キャパ・イン・カラー」 | Main | ロバート・キャパ写真展2 週刊100人そしてミステリー »

Recent Trackbacks

Categories

  • おすすめサイト
  • カメラ雑誌
  • ニュース
  • 写真
  • 報道写真
  • 戦争写真家
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
October 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ