« サイゴン川 | Main | M7.3子供たちのみたもの 震災10年 »

2004.11.30

コジラ誕生50年だったな。

テレビで今年がゴジラ誕生50年、ハリウッド殿堂入りのニュースをやっていた。ロバート・キャパが地雷に倒れた、1954年、昭和29年の年末ゴジラは銀幕デビューした。「ロバート・キャパ最期の日」にもそのことにわずかに触れている。なにしろキャパが訪れた、静岡県焼津は、3月水爆実験に巻き込まれた、第五福龍丸の母港だからだ。被曝した乗組員を撮りにキャパは、4月20日に訪れている。結局、そこで被曝者を撮ることはなかった。
その水爆実験によって目覚めたのが、ゴジラだった。僕はゴジラの第一作を見た。記憶のなかでは小学校にあがる前後、たぶん6歳、封切り直後かどうかはわからない。見た場所は、市川市の隣まち、本八幡駅前だったと思う。5歳ということはないだろう、記憶が鮮明だからだ。
当時市川にも映画館があったが、本八幡のほうが映画館がいくつかあったし、よく行った。もしかしたら、錦糸町、江東楽天地、後の東京楽天地、今はなんていうのかしらないが、一大映画館街だった。よく新聞記者だった父親に連れられて行ってもらった。あるとき映画の前座として、こまどり姉妹(時代だなあ、知っているのだろうか)の実演ショーをやっていたのを覚えている。そのとき見た映画は覚えていない。ゴジラを見たのは、錦糸町か、本八幡かははっきり覚えていないが、怖かったことを良く覚えている。何しろ映画を見てからうなされたように、ゴジラの記憶、そしてあのなんともいえない咆哮が夜になるよみがえった。
僕は大人になってもういちどゴジラを、ビデオでみたが、多くの場面を記憶していることに驚いた。なにしろ、当時は映画は一回だけみるものだ。大人だったら気に入った映画を何度かみることはあっても、6歳の子供は、一回だけで映画のすみずみまでを記憶してしまう。それは、ゴジラばかりか、ピーターパンや、子供のときみた映画を、僕は大人になり再び見たとき、思い出す、数々のシーンを、しっかり記憶していた、子供の頃の記憶力におどろかされる。最近は、特にビデオは一度見た映画を再びみても、最後の最後に、あれ、この映画見たことがあるな、なんて思うこともたびたびある。
さて、ゴジラの大一作、すっかりゴジラにおびえた僕は、ゴジラが数寄屋橋のガードを破壊して国会に向かうことが、唯一、安心材料だった。というのも、我が家はとうじ、千葉県の市川市にあったので、本当に東京に住んでいなくてよかったと思った。ゴジラは絶対に市川に向かっては来ないと確信していたからだ。
ゴジラは、後にアンギラスという怪獣と戦う。
当時の映画で記憶しているのは「紅孔雀」「モスラ」、「地球防衛軍」、「スーパージャイアント」「宇宙人東京に現る」だ。そのぐらいまでが、僕が日本映画に夢中になっていたころだ。
その後は、映画よりテレビに夢中になった。初めてテレビをみたのが、小学校1年生、近くの床屋で「スーパーマン対キングコング」をやっていた。その後はアメリカのホームドラマにどっぷりつかる。「パパは何でも知っている」「パパ大好き」「ラッシー」「名犬リンチンチン」「ララミー牧場」「スーパーマン」「デズニーランド(決してディズニーランドではない)」「ルート66」他に何があったろう、数限りないアメリカのホームドラマ。僕はすっかりアメリカ文化に洗脳されていた。
ゴジラは回を追って、漫画チックになった。さまざまな怪獣と戦い、ゴジラの息子がでてきたり、僕はかなりしらけ、子供向けの怪獣映画を見ることもなくなっていた。途中からどうみてもウルトラマンの世界だ。ただ悲しむべきかな、ウルトラマンは異星人だから許されることも多々あるが、何しろゴジラはもともと、リアルな存在だった。リアルだからこそ、リアルな街を壊して恐ろしかったのだ。ウルトラマンがものを破壊しても、すこしも怖くない。星でもなんでもこわしてくれと‥‥。まあ日本はなんでもアイドル化させてしまう。そこがビジネス上一番おいしい場所なのかもしれない。子供に受けることがとても大切になるからだ。かのピンクレディだって、最初はお色気路線だったが、人気がでると、子供向けになった。
僕が大人になったときだ。すでにフリーのカメラマンになっていた。東宝はやはりゴジラはアイドルではなく、怪獣、それも恐怖の象徴だと反省したのか大々的に宣伝をして1984年「ゴジラ」を作った。副題は忘れたが、ゴジラが久しぶりに復活したと思われた。子供向けの良いゴジラではなく、悪役として復活。大人の鑑賞にたえられるとの触れ込みの作品。ヒロインが沢口靖子だった。僕はその映画を、初期のゴジラと重ね合わせ、を少し期待してしまった。
しかしそれはさんたんたるものだった。復活したゴジラは、この情報時代に突然、東京湾に現れ、昔と同じように、晴海どおりをのしのしと歩き、こんな大事件が起きているのに、新幹線はのうのうと走り、見事ゴジラに襲撃されてしまう。ただのパロディ映画だった。しかも、それから新宿西口に現れ、なぜかゴジラを待つ群集が逃げまとい(とっくに避難しておけ)、最後には、UFOみたいな、ハイテク武器がゴジラを襲う。そしてなぜかゴジラは大島三原に山に行き、火口に落ちてしまう。
僕はこのゴジラ映画を、「ゴジラの自殺」というタイトルをつけた。
なぜなら、すっかりアイドル化したゴジラは、その映画で、かつての悪役に戻るはずだった。なにしろゴジラは「シェー」(古い)までやらされていたのだ。それが、最新の特撮のなかでよみがえり、本当のゴジラであるはずだった。ところがである。
久々に、真面目な演技ができる思ったゴジラは、唖然とした。
シナリオめちゃくちゃ、あまりに漫画チックな、きっと漫画の原作ばかりを映画化していたので、映画的なリアリティを忘れちゃったのだろう、スゲーハイテク兵器(首都防衛移動要塞である新兵器"スーパーX)の登場よりもなにも、完璧にホバリングできる、ヘリコプターではない、航空機。映画は途中からスタワーズ級のSF映画になっちまった。最低。それまで、演じていた東京の街の破壊はなんだったのか。そんなハイテク技術があるなら、一発でゴジラをしとめられるだろう‥‥。
かわいそうなゴジラ。ゴジラは張り切って、銀幕に登場したのに、あまりのなさけなさに、気落ちしてしまった。
そうして日本映画に幻滅して、三原山の火口に身を投げたのだ。
僕はそのシーンを見ていて涙がでた。本当に涙がでた。あまりにもゴジラがみじめだったからだ。
映画監督は、本当はもっとリアルな映画を作りたかったのか。それがかなわずゴジラを自殺させた。僕は本気でゴジラが大島に向かうときの、その悲しげな表情に胸を打たれた。ゴジラは死んだ。もう作らなくていいよ。日本映画にはむりなんだよと。
その後、アメリカでゴジラがリメイクされた。あの映画の予告編は怖かった。登場シーンは秀逸だ。しかしあのゴジラにはがっかりした。スピードあるゴジラは、でもゴジラではなかった。どうみてもジェラシックパークでしかない。ストーリーもつまらなかった。特に後半はつまらない。それは結局、生物は兵器に勝てないということだ。ずっと昔にみた
今はなきツインタワービルから飛び降り自殺した、キングコングと重ねあった。アメリカ映画は、その無力さは表現している。ゴジラよ、もう映画のなかでのリアリティはないのだ。
ゴジラは第一作が一番だ。あとは正直どれも屑かもしれない。それでも、アメリカの子供たちも夢中だったとは‥‥。
50年目、最後のゴジラ、予告編を見る限り、あまり興味はそそられない。
そのうちゴジラとは、松井秀樹のことでしかなくなるだろう。

|

« サイゴン川 | Main | M7.3子供たちのみたもの 震災10年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference コジラ誕生50年だったな。:

« サイゴン川 | Main | M7.3子供たちのみたもの 震災10年 »