« 写真の話、三脚について | Main | 「僕のコダクロームその2」 »

2005.01.25

「僕のコダクロームその1」

僕のコダクローム YouTubeより1970年代前半に、ポールサイモンの曲で、「僕のコダクローム」という曲があった。今メロディを思いだせないが、そのころコダクロームは、僕にとって、いや写真をやっている人だったら誰でも、特別な名称だった。
それは(カラーフィルムとブラームスというサイトコラムがある)、前のブログでも書いたが、コダクロームⅡ、KⅡ(ISO25、ASA25)(ケーツーと呼ばれていた)というフィルムのことだった
今回、ロバート・キャパの撮った50年前のフィルムが公開され、2月に写真展が開催される。
それについては、以前のブログを読んでください。
さて、僕が助手をやっているころ、70年代前半、写真の世界、特にプロの世界では、ほぼ全員が、カラーフィルムはコダックを使用していた。富士、やコニカは、アマチュア用のネガカラーだけで、カラーポジフィルムは、99%コダックだった。当時コダックのフィルムは長瀬産業という商社?が輸入していた。プロのための現像所は、E-6という、内式のフィルムの現像をしていた。エクタクローム、エクタクロームプロフェッショナル、EX、EPR,それらのタングステンタイプだ。そんなとき、外式のフィルムだった、コダクロームⅡ、KⅡは、(ケイツウ)は、横浜にある東洋現像所でしか現像ができなかった。基本的には、Kodachromeと赤く刻印された、紙マウント仕様だった。まる一日現像にかかり、翌日の夕方欲しい時には、横浜の工場まで夜、届けに行かなければならなかった。
しかし、そのフィルムの威力は、すばらしく、なにしろ、50年前のロバート・キャパのとった、コダクローム(ISO10)でさえあの発色だ。しかも退色することもない。
後に、コダクローム64(KR)コダクローム25(KM)、そしてPKRと進化してゆくが、実はKⅡが一番綺麗だったし、発色も安定していた。そのことによって、日に2回の現像が可能のなったと記憶している。
KRに変わってからの、コダクロームは、乳剤番号によって発色が違い、とても難しいフィルムになった。よいフィルムに当たれば、KⅡに負けない発色をしたが、KⅡを知っている人にとっては、次第に違うフィルムを使うことになったのかもしれない。もっとも35mmのフィルムとしては圧倒的に粒状性がよく、他のフィルムには変えられなかった。完全にコダックの独占だった。
僕がプロになったとき、ちょうどKⅡとKRの変わり目だったと思う。記憶では、KⅡを使っていたが、もしかしたら助手の時だけだったかもしれない。
今当時のフィルムを見ても、コダクロームとしてしか書いてないので、正確なことは覚えていない。昔のデータノートを探せばわかるが、倉庫のなかだ。もっとも、KRになってからは、乳剤番号で、きちんと厳選していたので、発色のよいフィルムを使っていた。それがかつてのプロのやりかたで、今のように量販店でフィルムを買うことはありえなかった。だから30年たった今でも、変色はなく、色彩も素晴らしい。
もっとも70年代ぐらいからコダックの内式のカラーフィルムも、画期的に耐久性がよくなり、30年まえのエクタカラープロフェッショナルEPRで撮った写真も、今でもほとんど問題ない、ちょっと見ただけではわからないレベルだ。いや、ぜんぜん問題ないといえる。
コダクロームのブロニー判が発売されたのは、いつ頃だったろうか。
たしか堀内カラーが取り扱った。しかしあまり安定してなくて、成功したフィルムとはいえなかった。220フィルムもあったろうか。
その直後に、フジのベルビアが発売された。粒状性が、外式のコダクロームに負けない革命的なものだった。初期には色が安定していなかったし、印刷側の対応が遅れていたので、使いづらかったが、突然問題なく使えるようになった。しかも、35mmばかりではなく、ブロニーから、4x5、8x10まであった。僕は最初、35mmより、ブロニーのベルビアに魅せられた。特に、その頃は、グラビア写真が多かったので、その解像感のよさは、画期的だった。
35mmは、コダクローム、それ以上はベルビアという時が僕にはあったが、しだいに、35mmもベルビア、そして
その後発売されたプロビアを使い始めた。増感しても、発色、粒状性ともによく、その時点でコダクロームのことは忘れてしまった。その時点が、コダックとフジの逆転の始まりだった。そしてグラビア系のカメラマンは、フジ系、ファッション系のカメラマンはコダックを多く使用していた。それは、フジのフィルムの発色がビビットで、明快な皮膚の色を求めるグラビア系に支持され、コダックのフィルムは色彩が落ち着いていたので、ファッション系のカメラマンが支持したのだろう。
そして時代は変わった。
話がそれるが、僕たちは今でもポラ(ポラロイドフィルム)というが、もうずいぶん前からフジのフォトラマを使っている。フジのポラとなどと、インスタント写真の普通名詞になったポラがそのまま残っている。そのフォトラマも、デジタル時代によって終わりを迎えるのだろうか。
コダクロームについて、ご存知の方、思い出のあるかたはこのブログにトラックバックしてください。
NEXT

|

« 写真の話、三脚について | Main | 「僕のコダクロームその2」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「僕のコダクロームその1」:

» 新日本紀行のコダクローム [プリズム11の趣味生活日記]
 07/30「新日本紀行」をやっていた。眺めていただけだったのであまり内容をちゃ [Read More]

Tracked on 2005.08.01 01:22 AM

« 写真の話、三脚について | Main | 「僕のコダクロームその2」 »