« 「僕のコダクロームその1」 | Main | 「僕のコダクロームーその3」 »

2005.01.26

「僕のコダクロームその2」

コダクロームの思い出がまだあった。僕のコダクローム1の続き。
コダクロームⅡ、ケイツウは、ASA25(ISO)しかなかった。今思うと使いづらいように思えるが、実際は35mmで使っていたので何の不便さも感じなかった。その頃僕は、CanonF1,FD50mmf1.4、100mmf2.0、200mmf2.8、24mmf2.8のレンズで何でも撮っていた。
コダクロームは、現像の増減感もできない。助手時代、35mmの撮影ではポラロイドを撮ることはなかった。35mm用のポラホルダーがまだなかったからだ。心配だったらハッセルのポラを持っていった。しかし通常、海外でのコダクロームの撮影には、ポラは持ってゆかなかった。なにしろ先生が、ポラを切らない。それは自然光ばかりか、携帯ストロボ(そんないいかたがあったかなぁ)を使ってでもだ。当時はまだオートストロボの性能が未完成で、ナショナルP型というマニュアルのストロボを使っていた。ガイドナンバーは、32ぐらいだったろうか。距離によって露出をかえた。
だからコダクロームでの撮影はどきどきものだった。なにしろ、現像が上がってくるまでできあがりがわからない。しかも、E6現像のフィルムだったら、テストをだし、それを見て本番を流すが、コダクロームは、現像の調整ができないので、一発で流す。紙の箱に入った、紙マウント、それをあけるときの緊張感はなかった。
しかし、不思議と露出は、ほとんど間違いなかった。
そのわけは、当時のアシスタントとは、露出計がなくとも、光を見て、すぐに露出がわかったからだろう。
写真家の渡部さとる氏が、その著書で、感度分の16ということを言っている。
世界中どこで露出を計っても、順光の風景の露出は、感度分の16、ISO100だったら、100分の1のF16ということだという。
それと全く同じようなことを、僕は思っていた。それは露出計を計る前から、コダクロームⅡ(ASA25)で撮るとき、順光の露出は125分の1F8(=25分の1,f16)だと決めていた。
コダクロームで撮ると、人物など撮っても、コダクローム特有のこってりとした、写真が撮れた。(コダクロームⅡはアンダーぎみの露出が美しかった。)
そして日陰だったら、3段開けの、125分の1のf4もしくは2.8(明るさによって)。
サイド光の場合、顔のハイライトとシャドーのバランスを見て、一段から2段絞りをあける。逆光は、2.5から3段あけ。レフをつかったら2段開け、と一見大雑把だがすぐに決められた。
実際、露出計を使わなくても、それで十分計測できた。だからメーターを見るより、そのときの光の状態を見極めるのが、適正露出をはじきだす、わざだった。日中の屋外での撮影だったら、メーターは確認の道具ともいえた。
だから、昔の助手とカメラマンの関係は、助手が完璧なオート露出計状態だった。なにしろ撮影者が何を撮ろうとしているかは、現在の進化した側光機器でも、わかりはしないことを制御した。先生がいったいどういうフレームで撮っているのかを意識していたのだ。だからこそ昔は助手をやる意味があったのだと思う。写真家の仕事を、アシスタントも実際に参加していたのだ。今みたいに、メーターとにらめっこしてみても、なにもならない。実際の光を見ることが重要だ。顔のアップと、全身と、風景では露出が違うことが、わかることだと思う。
雲がかかったりしても瞬時に変える。雲がかかると、何段落ちだと瞬時に補正する。背景の明るさでも、露出を変える。人物の肌色でも露出は違う。暗めに撮りたいのか、明るめに撮りたいのか。さまざまな組み合わせを考える。
その助けをしたのが、セコニックのスタジオSのような入射光式の露出計だった。その辺においといて、針の動きだけで、すぐに光の違いがわかる。なによりも、実際にそこにどのくらいの強さの光が当たっているかを測るのだ。そこでわかることは、世界中どこでも日中の明るさはさほど差がないことがわかる。ヨーロッパでも、ハワイでも、太陽の光の違いはほんのわずかだ。
デジタルのように、数字の末尾まで表示されると、それにふりまわされる。正確な露出が絶対的なものに思える。しかし実際の適正露出は、撮ったカメラマンのイメージのなかにあるものだ。それは、オートの露出計で測ることはできない。
そんなわけで、昔のアシスタントは、露出を計るのが、今の人より数倍早かった。
コダクロームの話が、露出の話になってしまったが。
コダクロームへの意見、情報があったらトラックバックしてください。
NEXT


|

« 「僕のコダクロームその1」 | Main | 「僕のコダクロームーその3」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「僕のコダクロームその2」:

« 「僕のコダクロームその1」 | Main | 「僕のコダクロームーその3」 »