« 山口小夜子「僕のコダクローム その6」 | Main | 沢田研二「僕のコダクローム その7」 »

2005.01.27

ポールサイモン「僕のコダクローム その7」

「僕のコダクローム その1」は、ここをクリック

ワーナー視聴盤 Poul Simon「Kodachrome」
Nikonをナイコンと呼んでいる。アメリカでは、ニコンは、ナイコンだった。そういえば。
LYRICS AND TUNES 「僕のコダクローム」
ワーナーの視聴盤のサイトはともかくとして、LYRICS AND TUNESは、不思議なサイトだ。
オリジナルから比べたら、メロディーを追っているだけで、ずいぶん違うが、それでも詞がきちんと載っている。
著作権はどうなっているのかと、思ったら、法的なことにも触れている。
http://users.cis.net/sammy/lyric.htm
英語だけれど、excite翻訳の、ウエッブページ翻訳に、上のURLを入れて、読むと面白い。
アメリカのような、著作権のうるさいところでも、これができるという法的な根拠はなんなのだろう。
http://www.excite.co.jp/world/english/web/
翻訳された、歌詞や、歌手名は笑える。

著作権について。僕のWEB、特にホームページの写真は、フラッシュでもないし、正直言って、何のプロテクトもかかっていない。簡単にドラッグすれば、写真がコピーできる。大きな写真ならなおさらだ。よく心配される。
著作権については、音楽と同じように、個人的使用に関して、何も言えない。商業的に利用された場合が問題だ。しかし商業的に利用すれば、当然j、公然とした著作権侵害なので、ある意味、戦えるので問題ないだろう。それよりWEB上も、公開の場だと考え、商業的基準に準じると考えている。個人的使用とは、個人のなかで使用で、公開しないことが前提だから。音楽をコピーして、それをネットに載せれば、当然著作件の侵害になる。
それより、写真の場合は、肖像権のほうが、神経質になる。特に、タレントの場合の肖像権とカメラマンの著作権のからみだ。その辺の線引きは難しい。アメリカのように、どんな仕事もきちんと契約書を結んでいるならばともかく、日本の場合はそのへんがあいまいだし、撮影したものを後に絶対使わせないという、芸能人もいる。しかもインタビューのようなジャーナリスティックな写真にさえ、発表を制限しようとする。これからは、ちょっとしたインタビューの撮影でも、広告でも、本当は契約書が必要だろう。出版や、写真展のたびにもめるのは、困ったものだ。ただ、立場の弱いか写真家が言っても、難しいだろう。そういう機関ができるといいと思う。例えば写真家協会などがイニシアチブを取り、カメラマン全員に、プロとして働くなら、どんな仕事でも簡単な契約書、確認書を作る調整するべきだろう。自分の写真が、どのように使われて、どのように使えないの知るためにも。
タレントの写真を撮ることが、不便になれば、カメラマンにとってメリットが少なければ、モデルを使うことが増え、写真が写真家の作品となりえる、メジャーな仕事が増えるかもしれない。そんなわけないか。
今、日本の広告の仕組みはタレントを使わなければ、お金が出ない仕組みになっている。それが、広告写真をつまらなくしている元凶だろう。
NEXT

|

« 山口小夜子「僕のコダクローム その6」 | Main | 沢田研二「僕のコダクローム その7」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ポールサイモン「僕のコダクローム その7」:

« 山口小夜子「僕のコダクローム その6」 | Main | 沢田研二「僕のコダクローム その7」 »