« デジタルでは撮れない大型カメラの世界 その1 | Main | Polaroid その1 665フィルム P195カメラ »

2005.02.02

幻の Tri-x 4x5 パックフィルム

45trixpackfolder02
Toyo Film Pack folder
フィルムを入れたフィルムパックフォルダーをカメラに装填す。撮影後、左側(通常右側にする)に出ている紙を引くと、次のフィルムになる。

45trixpack01
Kodak Tri-Xpan Professional Film 16expsures TXP 523 FILMPACK 4x5in.(10x12.7cm) CAT 140 3534
僕は最近、4x5をモノクロで撮らなくなった。
傷がついたり、現像ムラができても、ポラロイド55という、4x5のネガつきのフィルムを使う。ポラだから当然、テスト撮影に使うが、それにモノクロのネガがついている。撮影後すぐに、無水亜硫酸ソーダにつけて、硬膜処理する。戻ってから水洗してかわかす。モノクロの現像をするのが面倒ということもあるが、実はそれには大きなわけがある。
10年以上前、もっと前だろうか、4x5のモノクロフィルムには、とても使いやすいフィルムパックなるものがあった。TriXP、フジのSSもあった。16枚撮り。連続して16枚も撮れるのだ。そのスピードは、当時カラーは両面にフィルムを入れる、フィルムホルダーの時代にもかかわらず、次元の超えたスピードで撮れた。一度ピントを合わせれば、(4x5のようなビューカメラは、撮影とピント合わせは別だ)シャッターをチャージして、シャッターを切り、ホルダーのひき紙を引く、それでもう次の撮影のスタンバイだ。
45trixpack03

45trixpack04
乳剤面 デジタルで言えば、CCDのあるところだ。この面に露光される。このトライXのフィルムはやわらかく、紙を引く次々と背面に収納されていた、新しいフィルムがでてくくる。

15年ぐらい前だろか、そのフィルムが製造中止になると、アナウンスされた。僕は100箱以上買った。そして最後の未開封のフィルムが手元にある。期限が1993年の9月だ。乳剤番号、6050-405だ。そしてフィルムパックには、9枚目から、8枚が未露光で残っている。そのフィルムの素晴らしいところは、暗室で撮ったフィルムを引き出せることだ。撮った分だけ現像することができる。僕はこのフィルムでたくさんのモノクロ写真を撮った。最後の1パックは何かのために残しておいたのだ。しかし結局使うことはなかった。

|

« デジタルでは撮れない大型カメラの世界 その1 | Main | Polaroid その1 665フィルム P195カメラ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 幻の Tri-x 4x5 パックフィルム:

« デジタルでは撮れない大型カメラの世界 その1 | Main | Polaroid その1 665フィルム P195カメラ »