« M7.3 子供たちの見たもの その16 | Main | デジタルカメラで正確な露出は測れる? »

2005.02.10

マイクロドライブは、壊れるか。フィルムの消費量

BBSに、コンパクトフラッシュが壊れたことが書き込まれた。機械だから当然そういうことは、あるだろう。
ところで僕は、IBMの1GB(ギガバイト)のマイクロドライブを、2002年6月、CanonD60がでてからすぐに使い始めている。今年の6月でまる3年使い続けている。
当初、MDは、ショックに弱いとかいろいろいわれた。なにしろハードディスクだ、しかし、1GB、Jpeg-Large Fineで300枚以上撮れることにひかれた。300枚連続して撮れるのなら、銀塩以上の機動力があると思ったからだ。
Rawではなく、JPegで撮る理由も同じだ。しかも、35mm銀塩ポジなみを求めるならば(実際は銀塩以上だった)、Jpegで十分な品質があると判断したからだ。(どこかに書いたが、ブローニー、4x5なみを、現時点のAPSサイズ600万画素超のデジタルカメラに僕は求めていない)
当時IBMのMDは、40000円ぐらいしたが、3枚買った。撮影の時に、一日に僕が撮る枚数ぐらいだ。(日常的な枚数ではない。明確な撮影目的がある場合だ。‥‥仕事のときに使えるということは、そんな集中して撮るときに対処できている必要がある。
撮影旅行などの場合は、僕は、多くて1000カット、フィルム時代だったら、30本ぐらいとることになる。
タレントの写真集のような、ポートレイト撮影の場合は、一日で数千カット撮ることもある。グラビアカメラマンは、たくさん撮る人が多い。
かつて、三脚に300mmぐらいの望遠レンズをつけ、モータドライブで押しっぱなし、一日35mm200-300本も撮る、猛者某、有名カメラマンもいた。それが伝説でもあり、自慢していた。そのカメラマンの撮影を見て、卒倒しそうになったこともある。別に撮り方はよいとして、どうやって選ぶのか不思議だった。
まあ、僕は一日どんなに撮ったとしても100本、3600枚は限界だ。(それでも驚くひとはいるだろう)
逆を言えば、シャッターを切らないカメラマンもまた多い。35mmのワンカット、ワンカット丁寧に撮る写真家もいる。
特に、モータドライブでなければ、そんな狂った枚数はありえないだろう。グラビア写真の、特殊な写り方は、もしかしたら、撮る枚数による特別な世界なのかもしれない。スポーツ写真もそういうところがある。被写体に反応する撮り方とでもいうのだろうか。
ロバート・キャパは、ロシア取材で3000枚以上撮ったという。相当なカットだったようだ。ところが、日本では10000カットぐらい撮ることになるだろうと言った。
残念ながら、日本取材なかばでインドシナに行き、結局は2181カットしか撮らなかった。しかしそれでも、モータドライブのない時代、レンジファインダーのコンタックスⅡ、ニコンS,キャノンⅣSVで、撮っていたことを考えると、ロバート・キャパの撮影スタイルは、撮りまくっているという印象だ。
「ロバート・キャパ最期の日」でも触れたが、カメラ毎日の編集者、金沢秀憲は、キャパの撮影スタイルは乱写型だと書いている。いちいち構図を決めて撮るタイプではないようだ。しかし、現代のカメラマンから見ると、キャパが一生に撮ったカット数は、1ケ月で撮ってしまうかもしれない。数打ちゃ当たるわけでもなし、結局は何を撮るかだ。そういう意味ではたくさんとったからといって、キャパには永遠に勝てないだろう。

MD(マイクロドライブ)の話に戻るが、もちろんそれのみを使うことは不安だったので、ほかに、256MBのCFカードを2枚持っていたが、ほとんど使うことはなかった。
そのMDは、3枚とも、2004年の1月までは、快調に動いていた。
もちろん、カメラから出した場合は、細心の注意を払って使ったが、カメラに入っているときは、フィルム時代と同じようにカメラを扱った。
僕はカメラの扱いのよいほうではない。特に短焦点レンズしか使わなかった時代、KISSデジタル以前は、カメラは最低いつも2台、もしくは3台を、別々のレンズをつけて持っていた。一番はカメラ同士がぶつかるということだ。
だから僕がカメラを使うと傷だらけになる。
それでも、MDは、快調に動いていた。誰だ、すぐ壊れるといったのは。
実際使って見なければわからないし、メーカーの相性もあるだろう。MDと使っていたのは、そういうMDは、危険だという単純な神話を疑っていたからだ。いまや、iPodのなかに、4Gのマイクロドライブが入っている時代だ。
それでも時々、カメラが止まることはあった。そういうときは、電池を抜いて、再起動した。それでも、特別問題はなかった。
それが、2004年の春、クラシックカメラの大御所、某、田中長徳氏の六本木のオフィスに行ったとき、彼の持つ、ミノルタのコンパクトカメラ、?、なんだか忘れたが、たまたま田中氏が、メディアを持っていなく、じゃあ、そのとき僕が持っていたキャノンKISSデジタルから出して、運良く数枚しか撮っていなかったが、そのカメラに入れたが作動しない。相性かなと思ったが、僕のKISSに戻しても動かないではないか。うんともすんともいわない。フォーマットもなにもきかない。帰って、パソコンでフォーマットを試みたが、結局それは死んだ。いまでも、後ろにXマークをつけて置いてある。
なぜ壊れたかは不明だ。でもすでにそのときに2年近く酷使しているので、まあ、原価償却は十分だ。
ところが、残った二つのMDのことが心配になった。Canon以外に、気楽に使うことが怖くなった。もし、かなり撮ったもの、仕事の最中だったらどうなるだろう。
その頃から、もう一枚のMDが、不調になりはじめた。300数枚撮りのうち、残り280枚ぐらいでエラーがでるようになった。そのたび、電池を抜いて、再起動した。数回繰り返しているうちに、また正常に撮れるようになる。
パソコンで開くと、モザイク上になった絵が続く。その場所を過ぎると正常に戻る。ただ、前回のように全部がだめになることはない。
以後、それはだましだまし今でも使用していた。まあ、3年持ったのだから寿命だろうかと思っている。
それにしても、当たり外れはあるのだろう。一枚のMDはノン事故、今でも快調だ。
いまや、マイクロドライブ4GB時代。
僕がマイクロドライブを使って不安をさほど感じなかったのは、撮影すればその日のうちに絶対にパソコンにコピーしていたからかもしれない。時間があれば、CDRまで焼き付けていた。
MDにいれたまま、何日も放り出すようなやりかただと、ちょっと心配だったかもしれない。
さてさて、ストレジャーやマックのiPodPHOTOまである時代。メモリーカードはどうなるのだろうか。
まあ、どちらにしても、パソコンへの読み込み、CDR,DVDへの書き込みが、数倍早くできるようになると、よいのだが。これまでの3年間はこのやりかたで正解だったと思うが、これからは何がベストなのか、考える必要がある。

|

« M7.3 子供たちの見たもの その16 | Main | デジタルカメラで正確な露出は測れる? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マイクロドライブは、壊れるか。フィルムの消費量:

« M7.3 子供たちの見たもの その16 | Main | デジタルカメラで正確な露出は測れる? »