« 1999年のウラジオストク 今年も行こうと思う | Main | Polaroid その3 TwilightTwistPolaroid 600 »

2005.02.05

Polaroid その2 TwilightTwistPolaroid8x10

8x10polaroid002
Ms.Ayana Osada
8x10polaroid001

1993年だからもう10年以上前だが、TwilightTwistPolaroid8x10という写真展を、虎ノ門にあるポラロイドギャラリーでやった。8x10のポラロイドType809を使用して、当時はまっていた、懐中電灯での撮影だった。その頃の、僕の周りの友人や、10代の子、キューティという雑誌のモデルを撮ったりした。カメラはデアドルフ8x10に、レンズはシュナイダーの210mmをつけた。ポラロイドと懐中電気の組み合わせは、不思議なトーンになり、何でもそれで撮っていた時期があった。モノクロの8x10ポラもよくつかった。それでもやはりカラーが綺麗だった。露光時間はだいたい10秒から20秒ぐらい、人間がじっとしていられるのはそんものだからだ。初期は、創世記の写真撮影のように、見えないところで固定して撮った。ぶれたくなかったからだ。しかしそのうち、ぶれてもよいような気になり、けっこうラフに撮るようになった。モデルの名前は何だっけ。友達だったけど、ニューヨークに映画の勉強をしに行ってしまった。そうだ映画監督の長田綾奈だ。今何をしているのだろう。
懐中電灯の撮影TwilightTwistをポジでやると、色がビビットになりすぎて、写真がうそっぽく写った。それはそれで面白いが、どこか人工的な雰囲気が、ポートレイトには合わなかった。ポラロイドは、どこかぼんやりとしていて、そのくせ、不思議なトーンを持ち、あまりこのライティングの、わざとらしさが目立たなかった。
8x10polaroidayana
まるで千手観音のような写真。合成ではない。長時間露光中に動いてもらっている。この撮影もこの手法だと簡単にできる。特に手の付け根のなんともいえない、普通さは合成では苦労するところ。この写真は長いこと額に入れてかざっていたため、じゃっかんブルーが浮き、黒のしまりがなくなっている。
Pola3NEXT
Polaroid NextPolaroidその1へ


|

« 1999年のウラジオストク 今年も行こうと思う | Main | Polaroid その3 TwilightTwistPolaroid 600 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Polaroid その2 TwilightTwistPolaroid8x10:

« 1999年のウラジオストク 今年も行こうと思う | Main | Polaroid その3 TwilightTwistPolaroid 600 »