« アート・フォト その3 Blitzにて | Main | Grain 写真の粒子について その2 »

2005.05.06

Grain 写真の粒子について その1

380vmcgrain800IMG_4188
#005Photo
さて、このBlogを見続けているひとは、気づいていると思うが、僕は今、写真の粒子、粒状性にこだわっていることを。銀塩写真とデジタル写真の違いというより、写真にとってGrainとは、なんなのだろうかとうことだ。
最新のデジタルカメラは簡単にドットがでることもないし、デジタルではノイズというのだろうか、偽色もふくめて、あってはならないものだという雰囲気がある。
しかし銀塩写真は4x5や8x10のような大型のフィルムを使わない限り、引き伸ばすと当然粒子がでてくる。粒子といえば、印刷物だって網点が見える。さて、粒子はないほうがよいのだろうか。本当に粒子は邪魔なもので、技術的に解決できれば、抹殺したいものなのだろうか。
トライXというフィルムがある。それを増感現像したときの粒子の荒れ具合。それがなんとも美しく、なんでもない写真が、何かメッセージをこめられているようにさえ思える。
写っているものより、その粒子が、想像力を膨らませる。
上の写真は、EosD60をISO1600で撮ったものだ。A3ノビぐらいにすると、ノイズが目立った。でも、高感度カラーフィルムを増感現像したときの効果のようで、僕は好きだった。ノイズがなぜだめなのと。
ただここにUPしてある写真はナチュラルではない。こんな小さくて、粒子をきわだせるには、それなりの工夫が必要だ。難しいことではないので、種はあかさない。
なにより、粒子がある写真と、ない写真は、やはり印象が、メッセージが違うような気がしている。
粒子を眺めながら皆さんに考えてもらいたいと、思っている。写真にとって、Grainとは何か。

さて、粒子を眺めていて、ふと思ったことある。それは、写真の粒子とは、テクスチャーなのかもしれないということだ。素材感、触覚感。それは、印画紙の質感とは違う、写真のなかにある、写真としての素材感なのかもしれない。
銀塩時代、35mmから8x10フィルムをチョイスするとき、もちろん拡大率や、被写界深度による写りの違いも重要だったが、やはり粒状感も大きな選択の理由になっていたと思う。
大型カメラを使わないで、35mmカメラは使う理由は、粒状感のためだったのではないだろうか。
印刷やプリントの質感ではなく、写真画像そのものにもテクスチャーがあるような気がする。

|

« アート・フォト その3 Blitzにて | Main | Grain 写真の粒子について その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Grain 写真の粒子について その1:

« アート・フォト その3 Blitzにて | Main | Grain 写真の粒子について その2 »