« グループ展 SummerSurfTales | Main | 那智の火祭り »

2005.07.02

僕にとっての「稲村ジェーン」

Blitz グループ展 SummerSurf Tales 7月5日-8月6日

blitzpostcardmoji

blitzpostcard

前回も書いたが、目黒のフォト・ギャラリー・ブリッツでグループ展をする。出展は1973年に撮った写真の4点。稲村ガ崎のサーファーとそのガールフレンドたちだ。
稲村が崎といえば、「♪稲村ガ崎、名勝の、剣とおぜし古戦場」という、歌があるが、それよりサザン桑田佳祐の「稲村ジェーン」だろう。桑田の音楽はよかったが、映画は、なぜか気になり僕もみたが、しかしまあ、惨憺たるもの、いやあんなものだろうが、1965年というシチュエーション、時代の雰囲気があまりなかったのが残念だった。なにより海の場面が、どうみても湘南ではなく、伊豆だったのが残念だった。実際、伊豆の海で撮ったのでしかたがないが。今だったらCGでも屈指して、本当に稲村ガ崎で撮ってほしかったなと思う。

この写真は、1973年8月26日、日曜日に撮影した。僕は、大学に入った昭和42年ぐらいから湘南には良く行った。今だったらサーフィンをするためかもしれないが、僕のあたまのなかにまだサーフィンは存在していなかった。それより茅ヶ崎パシフィックホテルの前のビーチでうだうだと過ごしたような気がする。ガールフレンドが茅ヶ崎だったからだ。
彼女の家には良く泊まった。3LDKの公団だったので、僕は彼女の父親と同じ部屋で寝た。今じゃ考えられない。
大学までの定期は持っていたが、茅ヶ崎まではとうじとしても、運賃が高かった。だから、もう時効だから白状すると、それに国鉄はもうないし、何度もキセルをした。その方法はとても大胆で、若気のいたりだ。それは夜の茅ヶ崎駅は、バスに並ぶ人や、タクシーに乗る人が、いっせいに走って改札をでる。先頭グループは全力疾走だ。特に遅くなりバスがなくなったら、走る人はまるでレースのように怒涛の進軍だ。ただ、タクシーに並ぶためだ。のんびりしていたら、30分ぐらい待たされることになる。だから必死だ。とあるとき僕は、精算するつもりで、一緒にはしりながら、自分の定期を出し、右手に持ち、改札員に見せながら走り抜ける。絶対に見えない。機械じゃないから可能だった。もっとも今だったら、自動改札を乗り越えるくちかもしれないが。 反省。
大学を卒業すると、彼女にふられた。それでも僕の湘南通いは続いた。

昭和48年8月の夏の終わりの日曜日、僕は稲村ガ崎に行った。
そこで、かっこい姉妹に海岸道路で会った。声をかけ写真を撮らせてもらった。ついてゆくと、そこが稲村ガ崎、サーファーたちがあつまっていた。
僕は、仕事(アシスタント)で、そのころ数回ハワイに行ったことがあった。オアフ島は、サーフィンが盛んだった。ただ日本の波とは違い、しかもかなり皆上手だったので、自分がやることは考えなかった。だから日本でサーフィンをすることは、考えもしなかった。いやまだまり日本ではみかけなかった。
だから稲村ガ崎に集まっている彼らを意識したのが、はじめてかもしれない。
少女たちは、サーファーのガールフレンドだ。山口百恵の「ロックンロールウイドー」が流行っていた。まるで少女たちは、「サーフィン・ウイドー」のように、波に乗る自分のボーイフレンドをじっと眺めていた。まるでサーフィン未亡人のように。今でもこんなふうな少女たちはりると思うが、いや今の彼女たちは、自分からサーフィンをするだろう。
1973年8月26日のこの日、僕のこの写真を撮っているとき、一の瀬泰造は、カンボジア、プノンペンの戦場で写真を撮っていた。

inamuragirls

1973年8月26日 神奈川県稲村ガ崎袖ヶ浦 (C)ALAO YOKOGI
出展プリントは4点。ライソンという無酸性紙を使用したデジタルプリント。
価格はお求め安く、一点¥20,000と破格に設定した。額は別売り。

|

« グループ展 SummerSurfTales | Main | 那智の火祭り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 僕にとっての「稲村ジェーン」:

« グループ展 SummerSurfTales | Main | 那智の火祭り »