« 那智の火祭り | Main | あゆの恋 その2 »

2005.07.24

あゆの恋~すがやあゆみドキュメンタリーTV

7月31日(日曜日)午後2時、フジテレビ、「あゆの恋」~すがやあゆみドキュメンタリーTV
ayunokoi
Photograph by Tomo
昨日、山口県在住のPhotographer、Tomoが、「あゆ」ことすがやあゆみ、を撮った。彼が彼女のために横浜で撮影をすると聞いて、僕は彼の撮影の様子を撮るために横浜へ行った。
Tomoとは、まだ2年ぐらいのつきあいだ。彼はハンディキャップがある。僕のCapaの写真展のとき、彼を見た僕の6歳の娘は素直に、「ねえパパ、なんであのおにいさんには指が2本しかないの?」と聞いた。
僕は、世の中にはいろいろなひとがいるんだよと答えた。5本指の人もいれば指が二本しかない人だっているんだよと。目の見えないひと、音の聞こえない人だっているんだと。世界にはいろんな人がいると。
娘は納得した。
ハンディキャップ、日本では障害者、身体障害者と呼ばれる。
ネットアイドルと呼ばれる、あゆをTomoが昨年末撮った。同じ境遇の共感があるのだろうか。撮影はわきあいあいと進んだようだ。上のカードがそのときの写真だ。
昨日、僕はあゆと初めて会ううえで、彼女のことを何も調べなかった。ほとんど何も知らないまま会おうと思ったからだ。第一印象を大切にする。それが僕の基本的な写真の撮り方だからだ。
Tomoの宿泊する横浜のホテルで、僕ははじめて彼女にあった。挨拶はとてもカジュアルなものだ。僕は写真を撮るTomoを撮ることが目的だったからだ。Tomoのつくりあげる撮影空間をできるだけ、じゃましないように気をつかった。税関前や(そのとき地震があった)山下公園で撮影した。僕はあゆを観察し、そして二人を撮影した。そして夜、彼女のWebSiteを見た。
先天性多発性関節拘縮症
Tomoは、歩くことも、器用に手を使うこともできるが、あゆは、床に座ったら立つことができない。腕と足が曲がらないからだ。だから外出するには安全のためにも介護が必要だ。それでも彼女はパソコンを使い、そして自由に動き回る。なによりその異型の体を隠さない。不自由かもしれないが、そのすべてを今の彼女は受け入れている。そして楽しむ。そしてなにかを創造しようとしている。
障害は平凡に暮らすならば「ハンディキャップ」かもしれないが、創造的に生きるには、武器かもしれない。彼女は自ら、障害はブランドだといいきる。そしてアイドルになると言う。

tomoportrait
EosKissDN Tamron18-200mm
Eos20Dで撮影するTomo。はじめてあったとき、EosKissD(初期型)でも重過ぎるといっていた。器用に指に挟みほとんど片手(指)で固定して撮る。筋力不足を実感し、6キロのダンベルで腕を強化した。今ではEos20Dをあやつるほどになった。

tomoAyu01

tomoAyu02

ayumiprofileface
あゆの得意なローアングル撮影ポジション。低いアングルはこうやって撮ることになる。とても安定した姿勢だ。そしてちょっと被写体をなごませる。彼女のHomePageは素晴らしい。ぜひご覧ください。そして、31日のドキュメンタリーも。1年かけて撮影したそうだ。
そのなかに「19歳の今、思うこと」という、彼女が19歳のときに書いた文章は素敵だ。
AyuTakeaPhoto

ギャラリーBlitzにて、僕の写真の前で
tomoAyuBritz


|

« 那智の火祭り | Main | あゆの恋 その2 »

Comments

自分も障害者です。自分もあゆみさんの歩みかた見て感動しました。今までの自分が恥ずかしくて、あゆみさんの姿見て感度しました。自分も少しでもあゆみさんを応援したいです。

Posted by: 畦地 富雄 | 2005.08.01 12:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference あゆの恋~すがやあゆみドキュメンタリーTV:

« 那智の火祭り | Main | あゆの恋 その2 »