« 国立国府台病院 Teach Your Children その5 | Main | 茅ヶ崎パシフィックホテル TeachYourChildrenその1 »

2005.08.24

写真展、写真雑誌特集 岩根愛

iwane01

僕の、大好きな、写真家、岩根愛が、渋谷Bunkamuraギャラリーでグループ展に参加している。
「Bunkamura Art Show 2005 人工楽園」 Bunkamura Gallery2005年 8月24日(水)~8月31日(水) 会期中無休
10:00~19:30 入場無料

それと若いスター写真家、若木信吾が主催する雑誌、youngtreepressで一冊まるごと岩根愛特集というか、写真集になっている。
以下、彼女からのLetter!

夏生まれの岩根愛です。

写真家の若木信吾さんが発行している雑誌、youngtreepress vol.4で、私の写真の特集をしていただきましたお知らせと、8/24から渋谷のBunkamuraギャラリーで開催されるグループ展のお知らせです。
youngtreepressは、個人のドキュメンタリーを主体とする雑誌で、昨年行われた、アメリカの高校での同窓会の写真と、4つの文章を書きました。
カリフォルニア州の北の果ての海岸にある、ヒッピーたちが自分の子供たちのために始めた小さな高校で、2年間過ごしました。
全校生徒が22人の、自家発電と下水道のない暮らしで、はじめはとても戸惑いましたが、卒業してからずっとかけがえのない思い出でした。
12年ぶりに、もう廃校となってしまった建物に、150人ほどの人が集まり、4日間のパーティを過ごしました。
そこでずっと、昨日までそこにいたような、不思議な感覚に陥っていました。
帰ってきてから、何かにまとめたいとずっと思っていて、若木信吾さんに写真を見ていただいて、掲載が決まりました。

Bunkamuraのグループ展は、
Bunkamura Art Showという現代美術の若手作家の展覧会で、写真は私だけで、彫刻、ペインティング、オブジェなど、計6人の作家で行うものです。
この展示では、「似ている」とはどういうことか、をテーマに、DressCode#Seiko と題して、松田聖子さんのそっくりさんを4名撮っています。
27,28日は会場にいます。他の日もなるべくいるつもりです。
以下、それぞれのインフォメーションです。

ヤングツリープレスhttp://www.youngtreepress.net/ひとりと世界が出会う、かけがえのない関係、瞬間、この時間。
Petrolia Issue
写真・文 岩根愛
1991年入学、1993年卒業。アメリカ 北カリフォルニアの小さな町、ペトロリア。ここにはヒッピーの親たちが作った高校があり、岩根愛はこの一風変わった学校で高校生活を過ごした。
卒業してから12年後、I love you all が口癖の校長先生、ジェフから長いメールが届く。 40歳になったジェフは、パートナーを見つけて結婚することになった。そして人生の節目にたっている今、一番長い時間を過ごしたペトロリアのみんなともう一度会いたい。 同窓会を開こう、そして結婚パーティも、という案内だった。
さまざまな思い、記憶が交錯する、12年ぶりの母校。クラスメートたち。
規律と自由が同居する日々、長距離移動しながら楽しんだバスでの修学旅行。3年間の高校生活の記憶と、卒業から12年後に行われた同窓会でのストーリー。
この本は、会場で売っています。

Bunkamura Art Show
8/24~8/31
10:00~19:30 会期中無休 入場無料
http://blog.livedoor.jp/artshow/

昨日、僕はそのオープニングに行った。
二人の「なんちゃって聖子ちゃん」が来ていた。

nanchatteseikoiwane

岩根愛のことは、5,6年前に知った。Switchで、自分の妹のポートレイトと文章が数ページにわたって紹介されていた。僕はその写真をみて、こいつはなんかすごいと思い、興味を持った。
当時、女の子写真家がブームになりはじめていた。結局は3人同時に、木村伊兵衛賞をあげることによって落ち着いた。
岩根はそんいう女性写真家とは、何かが違っていた。写真はストレートだった。日本の女の子のしょっているものとは、どこかが違うなと思っていた。なにしろ、女性写真家ブームは、それこそ、男でいえば、「オタク」であり、女の子にとっては、「写真」というフィクションのなかで遊んでいるみたいな、不思議な精神世界の、ツールなのかと思っていたからだ。
それは、今の若い女性に限らず、男もそうなのだが、外を知るより、自分の内面に向かってしまう、すぐ簡単にバーチャルな世界を、自分の周りに作ることにで、遊んでいるように見えていたからだ。それは、平和であるけど、どこか病的なものを僕は感じていた。
もっともそれは、今の若い人たちに共通の雰囲気なので、それが写真のテーマとなることは、リアルで当然なことなのかもしれないが。
と感じていたとき、岩根愛に会い、写真を知った。岩根愛は東京で生まれ、複雑な家庭で育った。15歳からアメリカのフリースクーで自ら望んで学んだ。そのときの話が、今度のyoungtreepress vol.4の一冊だ。
淡々とした文章、淡々とした写真。でも彼女の目は、自分より、外の世界に向いている。いや自分の内面としっかり向かい合っているが、外の世界とのバランス、それが気持ちいい。

Bunkamura ギャラリーのDressCode#Seikoのモデルの一人、なんちゃって聖子のモデルの一人、浅野美希を岩根から紹介された。島根出身の「芸人」だ。オリジナル聖子より10数キロ太めだというが、岩根の写真のなかで、見事に松田聖子のフェイクになりきっている。
iwanesphotobyalao
AI IWANE’s photograph by alao yokogi

●同じグループ展では、三宅一樹の彫刻が素晴らしかった。自らの肉眼で見る価値あり。

8/24~8/31まで。
10:00~19:30 会期中無休 入場無料

|

« 国立国府台病院 Teach Your Children その5 | Main | 茅ヶ崎パシフィックホテル TeachYourChildrenその1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 写真展、写真雑誌特集 岩根愛:

» 東京の夜〜あたらしい出逢い〜Bunkamura Art Showにて [ちゃぁみぃぃ聖子の、ものまねぷるぷるダイアリー♪]
 8/24〜31まで、東京渋谷で『Bunkamura Art Show 2005 [Read More]

Tracked on 2006.03.10 08:15 PM

« 国立国府台病院 Teach Your Children その5 | Main | 茅ヶ崎パシフィックホテル TeachYourChildrenその1 »