« Teach Your Children 1967-2005その3 | Main | 1967年 市川駅(千葉県) »

2005.08.20

写真展「TeachYourChildren」その4

nerimakuhikawadai01
1970年 船橋無線塔解体現場

写真展「TeachYourChildren1967-2005」その1

なんども書いているが、来年1月、アートフォトサイトギャラリーで写真展を開催する。テーマは、「世代」TeachYourChildrenだ。
僕が若かった1960年代後半から2005年までの、若者を中心とした写真で構成される。そんなわけで、僕は今、かつての写真を再セレクトしている。今まで何度か写真展などで紹介はしているが、世代といったテーマで選んでいたわけではない。昔のコンタクトプリントを見ると、スナップショットに関して言えば、今とさほど変わらない。いやある意味もっと何も考えていなかっただけ自由だ。変わったことは、写真を見る目であり、若いとき選んだ写真は、その時代の空気で選んでいるが、今の僕は違った写真を選ぶことも多い。
昔の写真に一番ひかれるのは、やはりスナップ写真で、それは、セッティングした写真とは違う力がある。
やっぱり写真は記録性だと、簡単には言えない。
作られた写真、ファッションや、広告写真は、かえってその時代の空気がはっきりと写っている。言い換えれば時代の願望が写る。
それにひきかえスナップ写真は、その時代の生の部分があるために、かえって普遍性を感じてしまう。いや、そうではないかもしれない。ぼくが撮るスナップ写真は、もしかしたら「時代の願望」を撮ろうとしているのかもしれない。それは、ファッション写真のアプローチだ。僕の写真には、目で見える真実を伝えたいという気持ちが希薄なのかもしれない。僕は、写真は記録だといわれると、そうだと答えるが、しかし写真は、現実の記録だとは簡単には考えていない。以前にも書いたが、写真は、現実の「影」の記録だと思っているからだ。
日中、道路にのびる自分の影を見て、自分が写っているなんて思う人はいないだろう。
自分の影は、あくまで影だ。しかしその影からいろいろ想像することはできる。男か、女か。とか。
写真もあたかも現実に近いようにみえても、実は現実の影であることを忘れてはいけない。
このへんは、ことばたらずでわかりにくいと思うが、本にでもするときにきちんと書く。
写真は現実が記録がされているのではなく、現実の影が記録されている。
などと、つれずれなるままに、適当なことを書いているが、話は変わって、昔の写真を見ていて、いったいそれはなんなのか、などと思うことも多い。すっかり忘れているのだ。写真のなかに写っている住所から、それがやっと判明する。
話は飛ぶが、実は、僕は今暗室がない。膨大なモノクロ写真は、スキャニングすることによって、そしてデジタルプリントすることによって、表現してみようと思っている。スキャナーは、コニカミノルタのDMAGE SCAN ELITE54002を使っている。なかなか優れているし、テストして、モノクロ35mmのスキャニングが可能だと判断した。すべてモノクロイージーモードでのスキャンだ。もちろんカラーは文句ない。ただモノクロのネガのスキャンはかなり難しい。適正現像ではないネガを作ってしまったときのように、いろいろ調整しなければならない。

もうひとつの問題は、モノクロのネガは通常、6こまずつスリーブ状になっているので、スキャンは1こまか、6こま全部の二通りしかこのスキャナにはチョイスがない。モノクロのスキャンに限らず、カラーだってスリーブが多い。
やはり6こまのうちの何こまかを、任意に選びたいものだ。その変の使いでが悪い。ずっとスキャナーにへばりつかなくてはならない。
やはり技術者とは、本当には使っていないだなと思う。でもお勧めなのでここに紹介しておく。

さて、実は、下の写真は1970年に、練馬区氷川台で撮影した、米軍施設だ。(実際は船橋)
8月22日Blog参照
旧日本軍の施設を摂取したものだろう。今は返還され、公園にでもなっているのだろう。
この施設の情報、これについて触れているホームページをご存知のかたは、教えてください。
このときは、ちょうど返還されて、解体しているときだと思う。モノクロームで、150カットほど撮影している。

nerimahikawadaiiriguchi

かつてはこういう施設よくあった。戦後まもなくは、アメリカのなかに日本が含まれいていたが、このころは日本のなかにアメリカが存在していた。そのこととが僕の大きなテーマのでもある。
いってみれば、石原慎太郎は、明治、大正といった、近代日本の申し子だが、僕らの世代、僕は、どう考えてみてもアメリカの文化的混血児だから。

こういう施設は、たいてい立ち入り禁止だが、気にせず堂々と入り、写真を撮ったものだ。工事関係者に注意されても、なんだかんだ言って撮っていた。まあ、おおらかな時代だった。
かつて写真を撮ることは特別なことだったが、いまや携帯でも撮れる。もはや特別扱いはされない。

nerimakuhikawadai

NikonF KowaSW28mm AsahipentaxSP  フィルムは、フジの映画用の100Feetを使っている。正式名称は忘れた。ネガを見ても、Fujifilmとしか書いてない。
追記
友人の写真家北畠健三氏が、フジのFS100だと教えてくれた。

|

« Teach Your Children 1967-2005その3 | Main | 1967年 市川駅(千葉県) »

Comments

米軍施設跡です。その前に日本軍の施設だと思います。僕が撮ったのは、解体している最中だと思います。以下、8月22日のブログを参照。

Posted by: 横木安良夫 | 2005.08.22 11:52 AM

米軍施設と紹介されていますが、門柱の看板は「**工業株式会社」とかすかに判読できるのですが。
画像では読みとりづらいですが、ネガからなら判読できるのではないでしょうか?

Posted by: satobo | 2005.08.21 11:49 AM

米軍施設と紹介されていますが、門柱の看板は「**工業株式会社」とかすかに判読できるのですが。
画像では読みとりづらいですが、ネガからなら判読できるのではないでしょうか?

Posted by: satobo | 2005.08.21 11:49 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 写真展「TeachYourChildren」その4:

« Teach Your Children 1967-2005その3 | Main | 1967年 市川駅(千葉県) »