« 遠吼え!!通り過ぎの輩が書いた憂鬱な本 | Main | 畑谷友幸写真展 NATURAL すがやあゆみ »

2005.08.10

TeachYourChildren1967-2005その1

来年、2006年1月10日から2月25日まで、目黒にある、アートフォトサイトギャラリーBlitzインターナショナルで、写真展を開催する。テーマは、世代から世代へ、タイトルは「TeachYourChildren」だ。
そのために、そのテーマに沿う写真を僕は今、コンタクトプリントひっくり返して、選んでいる。当時、30年以上前にセレクトしてプリントしたものもあるが、新たに、2005年の僕が選んだ写真も写真展では紹介するつもりだ。このblogでは、新たに見つけた写真を紹介してゆくつもりだ。
若かった時代に選んだものと、今選ぶもは違っているものもある。
かつては、暗室でプリントしたものだが、今回は、モノクロネガをスキャニングしている。それがうまくゆくかどうか今実験中だが、まあ、今はテストプリント中ということである。
下の写真は、1967年の12月、横田基地周辺、福生で撮影したものだ。まだベトナム戦争まっさかり、基地内ではなく基地の周りに多くのハウスがあった。それは下級兵士たちの住居だろう。子供たちが大勢いた。横田にはよくかよったが、1970年代になると、米兵の多くが引き上げ、ハウスは日本のアーティストが多く住み始めた。村上龍の「限りなく透明なブルー」は、70年代の福生での出来事ということになっている。

yokota1967
Dec.1967 Fussa Tokyo
Asahi PentaxSP SuperTakma28mm NeopanSSS

yokotagirlstate

●なお、1970-1975年の写真の一部が、
アサヒカメラ9月20日発売、10月号に一部紹介される。
そして、日本カメラの12月20日発売、1月号に、2000年代に撮った写真が紹介される。
アートフォトサイトギャラリーBlitzのあと、京都ギャラリーでも写真展をするつもりだ。


|

« 遠吼え!!通り過ぎの輩が書いた憂鬱な本 | Main | 畑谷友幸写真展 NATURAL すがやあゆみ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference TeachYourChildren1967-2005その1:

« 遠吼え!!通り過ぎの輩が書いた憂鬱な本 | Main | 畑谷友幸写真展 NATURAL すがやあゆみ »