« アサヒカメラ10月号 その2 | Main | Eos5D 1DSMarkⅡ »

2005.09.21

危険な遊具

また、遊具で小指を切断した事件があった。日本の遊具はとても危険だ。
世田谷砧公園の、ある遊具も、何度も切断事故を起こしながら、わずかに改良を加えただけで、いまだに存在している。
金属のレールに、スケートボードのようなものが、スライドする遊具だ。スケボーのように乗ったり、座ったりできる。子供には特に興味ある遊具だ。
そして順番を待つ小さな子が夢中になって見ていて、そのレールに手を置く。そこに車輪が通過する。
遊具が危険だとは、子供は思っていない。しかし大人の目から見れば、危険なものだらけだ。なぜそれが放置してあるのだろうか。以前、調布にあるアメリカンスクールの遊具を見た。危険は徹底的に排除されている。いやそれでも事故は起きるのだろう。
現代はあらゆるものが、おせっかいのように、危険を知らせるしくみになっている。こと遊具だけが放置されているのが不思議だ。
子供のころ、危険な遊びをした。どきどきしながら高い木に登った。大人が回転できるような高い鉄棒でグライダー(今は何っていうのか)をした。落下したこともある。でも、危険だということは分かっていた。
子供の遊具でも、そして子供は落下の危険は察知できる。
しかし切断の危険が隣り合わせにあることは、予知しずらい。
道具には使い方がある。危険なものをすべて排除はできない。
しかし、どんなものでも、使い方を誤れば事故は起きる。教師に危険の認知はあったのだろうか。そういうイマジネーションはなかったのか。
子供はさまざまな遊び方を考える。遊具は子供のイマジネーションも考えて、作るべきだろう。
保育園、幼稚園、公園、学校、危険な遊具を今すぐ撤去することはできないだろう。
しかし、危険であるということを、子供たちに知らせる努力はする必要がある。
少しでも危険だったら、やはり監視が必要だろう。
それにしても、砧公園の、あの遊具は今考えてもぞっとする。あんなもの撤去して欲しい。


|

« アサヒカメラ10月号 その2 | Main | Eos5D 1DSMarkⅡ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 危険な遊具:

« アサヒカメラ10月号 その2 | Main | Eos5D 1DSMarkⅡ »