« LightPainting TwilightTwist | Main | Manipulation マニピュレーション 肖像権 »

2005.10.18

日本カメラ11月号

nihoncamera0511
●10月20日発売の、日本カメラ11月号に、先日Blogで紹介した、横木安良夫流、「銀塩式デジタルプリントのすすめ」という、Howtoページがあります。一番やさしい、本格的なデジタルプリントのやりかたです。僕はこのやりかたで、印刷の原稿も作ってしまいます。P157~163。まあ、ご覧ください。そして試してみてください。
先月は、アサヒカメラ10月号で、昔の写真「TeachYourChildere1970-1975」を、発表しましたが、12月20日発売の、日本カメラの1月号では、「TeachYourChildren2000-2005」という内容で、10pで発表します。

●同じ日本カメラ11月号で、先日紹介した、友人、写真家HARUKIの、「Tokyo girl 彼女たちの居場所も」口絵で6ページ紹介されています。
harukicard01
11月1日から6日まで、GalleryLE DECO2Fで写真展です。HARUKIは、10代から写真展をやったりと、かなり精力的に活動し評価されていましたが、この10年ぐらいは、写真作家として活動はなぜかしていませんでした。それが、突然やるきになり、以前から撮りためていた写真と、そして最近は、ふたたび見知らぬ(僕が知らないだけだけど)女性を撮りまくっています。彼はシャイなふりをして、ぜんぜんそうではなく、対象にグイと、そして自然に食い込み、いつのまにか、「彼女」たちを魔法のように、ちょっとふしだら女にしてしまいす。そのなんともいえない、距離感とHARUKIのエロごころを楽しむ写真イベントになると思います。是非ごらんあれ。


|

« LightPainting TwilightTwist | Main | Manipulation マニピュレーション 肖像権 »

Comments

昨日、日本カメラを買って記事を読ませていただきました。
同誌の44頁に掲載されている矢野隆氏のRAGAN を見た時、その映像はまさに私の裸眼そのものだなと思いました。
そして逆にこの写真表現に私は気付かなかったのも事実です。
私の目の代わりに、カメラがしっかり実像を捉えていてくれる事で、作品化できていた様に思いますが、この表現を見て、まさに私の裸眼で被写体を見る(撮る)事もいいかも?とふと思った次第でした。

Posted by: kohori | 2005.10.21 08:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本カメラ11月号:

« LightPainting TwilightTwist | Main | Manipulation マニピュレーション 肖像権 »