« 不許可写真 その5 | Main | 写真展情報ほか »

2005.10.13

明るい部屋の謎

kodatt
1987年 アサヒカメラ 「TwilightTwist」より。M.Koda この撮影は、運動そのものだ。懐中電灯一灯で撮っている。RZ67 110mm F8 30秒 RVP 何のデジタル処理もしていない、一発写真


セルジュ・ティスロンという精神科医が書いた、「明るい部屋の謎」(青山勝訳 人文書院)という、2001年に出版された本を読んでいる。写真論である。今頃読んで、遅いなどと馬鹿にされるかもしれないが、求めていなかったからしかたがない。写真を「それはーかつてーあった」と書いた、今や古典的な写真論、ロラン・バルトの「明るい部屋」への正面切った挑戦状だ。写真映像は「刻印」ではなく、「痕跡」だという。写真とはできあがった写真映像、、言い換えれば表現された写真を語ってすむことではなく、カメラで撮る行為そのもの、そしてその運動を含めた実践の総体こそが写真だという。
らしい。というのはまだ僕は、3分の1も読んでいない。それなのに興奮している。面白いからだ。普通読み終わってから書くことだけど、書かざるをえないぐらい、今の僕にとってぴったりの写真論だ。きちんと読んで感想を書く。
参考 青山勝「明るい部屋の秘密」

|

« 不許可写真 その5 | Main | 写真展情報ほか »

Comments

感想は、そのうち書きます。

Posted by: alphoto | 2005.11.01 11:23 AM

はじめまして、素人のpoyasoと申します。

私は、写真を始めた頃になぜか「謎」の方から先に出会いました。
動物が最初に見た相手を親と思うのと同じように、彼女の、写真を行為・プロセスとしてとらえる考え方がいまでもしっくり来ます。

感想、楽しみにさせていただきます。


Posted by: poyaso | 2005.10.27 11:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 明るい部屋の謎:

« 不許可写真 その5 | Main | 写真展情報ほか »