« 日本カメラ11月号 | Main | ベトナム旅行、取材コーディネイト!オススメ »

2005.10.19

Manipulation マニピュレーション 肖像権

manipulation003
顔がないポートレイトに肖像権はあるのだろうか。このモデルが、例えば有名な女優だったらどうだろう。著作権は僕にある。そうだとしてもどこまでが、財産権としての肖像権があるのだろうか。どう考えても、この体つきは、誰々だと特定できるとしたら。
そういう意味で街を歩く人も、顔を消せばよいのだろうか。
写真は、不透明な(光を反射するもの)皮相世界の反映だという。透明だったら、光を反射しないから写真に写らない。透明だったら視覚で認識することができない。ところが、人間は透明なものを、見えないものを知覚することができる。写真は、透明なものは写らない。人間は写真を見ても、見えないものが見えるらしい。この写真の女性の顔が見えるだろうか。これが絵だったら、顔のない女性の顔を想像することはないかもしれない。いやあったとしても、頭のなかでの想像だ。ところが、写真のこの顔のない女性は、なぜか写真の中に顔があるような気がする。

|

« 日本カメラ11月号 | Main | ベトナム旅行、取材コーディネイト!オススメ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Manipulation マニピュレーション 肖像権:

« 日本カメラ11月号 | Main | ベトナム旅行、取材コーディネイト!オススメ »