« 肖像権侵害 その5 | Main | Eos5Dインプレッションと肖像権侵害 »

2005.10.04

銀塩式デジタルレタッチのやり方 その2

銀塩式デジタルレタッチやり方 その1

日本カメラ11月号で、課題「銀塩式デジタルプリント法」を紹介すると前回書いた。
今は、そのゲラの最中だ。そのなかで、きわめて簡素な僕のデジタル作業場が写っている。
僕が現在使っているのは、DellのDimenshionと、DellのノートLatitudeだ。
わけがありLatitudeは2000の英語版と2000の日本語版の2台ある。
なぜ、僕がWindowsを使っているいるか説明する。
僕がパソコンを始めたのは、もう10年以上まえだろうか。92,3年、MacFXという180万ぐらいするおもちゃだった。その後、実用的なPowerMac、そしてPowerBookだった。その後i Macが発売されたと同時に買った。
本格的にパソコンで写真を使い始めたのは、PowerMacからだ。銀塩写真をスキャニングして、プリントする。1997,8年のことだったろう。僕は完全なMac派だった。
ところが、2000年の秋、CanonからD30がでた。その完成度と値段にひかれた。つかいこなすためには、どうしてもノートパソコンが必要だった。しかし、その時代、やっとi-Macがでたばかりで、Macはこのあとの大進撃は夢のような時だった。なにしろ僕のPowerBookは、ハードディスクがたった1Gなのだ。買った値段は40万ちかくしたと思う。1997,8年だ。
しかたがなく僕は、ビッグカメラで、それまで映像をやるにはと、偏見のあったWindowsを物色した。
B5サイズ、IBMシンクパックは、なんと20G,メモリー256Mだった。僕は卒倒した。買ったばかりのi-Macがたしか4Gだったのだ。僕は迷わずIBMを買い、D30を持ってベトナムに行った。小松千春写真集だった。しかし、撮影はコンタックス645と、Eos5、1、3で撮った。D30は、あくまでメモスナップだった。しかしそれをパソコンにいれ、デジタル写真の始まりだった。
僕はコンパクトデジカメを使ったことがない。IXYデジタルをもらったが、レスポンスが悪かったのであげてしまった。編集者がよく持っていたが、デジタルに全く興味がなかった。しかし、D30を触って、可能性を感じた。
それでも仕事に使うことはなかった。
それが2002年だったろうか。D60が発売され驚愕した。使える。仕事で使えると思った。
そのときにIBMのBackUpとして、DellのB5を買った。そのとき僕はあるソフトに出会い、完全にウインドーズ派になっていった。
それはACDSeeという世界最速の閲覧ソフトに出会ったからだ。それもベトナムでだ。
僕はデジタルの進歩は素晴らしいけど、写真のセレクトや管理がまだまだだと思っていた。ポジフィルムをスリーブや、マウントで何千枚もチェックして選ぶスピードは、デジタルにはまだできないと思っていた。
ところが、僕のベトナムの友人、コーディネーターのチュンさんが、僕がセレクトに四苦八苦していると、ACDSeeを教えてくれた。当然コピー版だ。
僕はそのとき、自分の無知を知った。
世界最速歌ったACDSeeは、スリーブで選ぶより何倍も早く選ぶことができた。日本に帰り、ビッグカメラに行ったら、ちゃんと売っていた。

そのソフト出会って僕は、35mmの代わりにデジタル一眼が使えると確信した。Jpegでしか使えなかったが、僕はもともt、Rawではなく、デジタルはJpeg以外意味がないと思っていたので、何の問題もなかった。(新しいACDSee7.0.は、Rawもサポートしている)。
ところが問題があった。僕はざっと選んで、デザイナーに渡すと、彼らは青くなった。Mac使いの彼らにとって、当時はPhotoshopですべてを開くことになるので、選ぶのに膨大な時間がかかるからだ。横木さんデジタルは困るよと言われた。
Mac用のACDSeeもあるが、W用のようには早くないので、薦められなかった。写真をセレクトし、フォルダーに分け、モノクロのプリントのイーゼルのように、余白でプリントできるACDSeeは、僕のデジタルに対するコンセプト、アマチュアスタイルに合致した。
僕は、ずっとD60を使い続け、10Dは使わなかった。そしてKISSーDの発売の販促にかかわり、KISSDを使い、そのごニコンD70を使い、そして20Dにたどり着いた。
実は、D60がでたとき、Canonの人に次に600万画素のフルサイズが絶対に必要だと力説した。
D30のC-Mosを二つくっつければ、できるじゃないか。35mmのかわりだったらフルサイズ600万画素で十分だと。なぜ35mmフルサイズが必要なのかと。
それは35mmサイズという歴史のなかに入るか、その外側になるかということだと。
そのうちEos1Dsがフルサイズで発売されたが、値段と1100万画素という、中途半端なものに、がっかりした。
KISSDに、18-55mmのセットレンズをつけたものと、1Dsに50mmf1.4をつけ、アナクロにも天気のよい富士山を画角をそろえ撮影して、A3ノビにCanon9100iでプリントした。
結果、ほんんどの人が、ぱっと見ではわからず、周辺の微妙なにじみや、こっちはシャープすぎるから、KISSだとまことにプロっぽい目でしか違いがわからなかった。そのときまで、僕は高画素化より、APS-Cではなく、完璧である必要はないから、フルサイズが欲しかった。
それから2年たってようやく、Eos5Dが発売された。遅い。1200万画素などといわなければ、もっと早く発売できたのに。まあ、しかたがないか。
僕は、プロになり、メインカメラはずっと120、220のブロニーサイズだった。初期は八ッセル、後にマミヤRZ67、その後コンタックス645、そして今またマミヤRZだ。
その上が4x5で、下が35mmだ。35mmにブロニーぽさを求めたことは一度もなかった。35mmカメラには、35mmにしか表現できない世界があり、それが必要だったからだ。それは何かというと、動きだと思う。そして偶然性を一番呼び込むカメラだからだ。どんと撮りたければ、6x7や4x5そして8x10を使えばよい。
一時グラビアが多かったので、必然的に皮膚感の描写のよいことも理由だったが、何よりも依頼された仕事は、コントロールしやすい機材が必要だったからだ。6x7はゴールが見えている仕事に最適だった。
そいう僕が、初期にはフルサイズを望んだが、そのうちAPS-Cサイズを使うようになって慣れてしまった。いや、もしかしたら、35mm以上に、軽快に撮れることを知ってしまったのだ。
僕はあまりファインダーをよく見ない。35mmで四隅までよく見ることを拒否している。当然、、オートフォーカスしか使わない。だから多くのプロのように、ファインダーにはさほど不満はなかった。マニュアルフォーカス時代からレンズ開放撮影の多い僕にとって、全こまピントがあうことは、期待していなかった。オートフォーカスになって、やはりピントの合う確率は同じぐらいだった。僕は35mmのピンとは、たくさん撮ることで解決していた。何割かは開放でもどんぴしゃのピントがくる。
さて、銀塩デジタルレタッチのやり方と書いていながら、いつのまにか、デジタルカメラの話になっていったが、実は今日、Eos5Dをテストした。そのレポートは、次のブログで。


|

« 肖像権侵害 その5 | Main | Eos5Dインプレッションと肖像権侵害 »

Comments

面白いですね。つい引き込まれて、読んでしまいます。

Posted by: ゆみひこ | 2005.10.04 09:36 PM

フォーマットによる描写の違いとか、このブログでいつも勉強させていただいています。
今後の35ミリデジ一眼とブローニーの住み分けなど聞けたら幸いです。
やはり645クラスも35ミリフルサイズデジ一眼に置き換わってしまうのでしょうか?
グラビアが依然として645主体なだけに、今後の動向が気になっています。

Posted by: たけだ | 2005.10.04 08:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 銀塩式デジタルレタッチのやり方 その2:

« 肖像権侵害 その5 | Main | Eos5Dインプレッションと肖像権侵害 »