« 2006年1月 横木安良夫写真展情報その1 | Main | 写真展 67-75 TeachYourChildren               神田カルチェラタン9.12 »

2005.11.11

肖像権と写真展「Teach Your Children」

●肖像権について、必殺勤人氏からトラックバックがあった。そこに日本写真家協会の明確な指標が書いてあった。実は僕はそこの会員だった。やはり肖像権と表現の自由という、二つの相対する権利のせめぎあいだ。先人の、膨大な素晴らしいスナップショットに乾杯!彼らがいるからこそ、今スナップ写真を撮れるのだということを。
前回のブログで、来年1月の写真展「TeachYourChildren」のプレスリリースを紹介した
僕が撮った、1967年から1975年ごろまでのモノクロームの写真を展示する。

1958Wkenji
1958年3月 「二人のKenji 」 撮影横木安良夫
kenjiatsuko380
1958年4月 これを撮った僕は、小学校3年生だった。当時きちんとネガを整理していたはずなのに、今はない。どこかにあるのかもしれないが。

●上の写真と、今回の写真展は関係ありません。

僕は大学に入った、1967年から本格的に写真を撮り始めている。
そのずっと以前、小学校3年誕生日まえに、ベスト判サイズのおもちゃのようなカメラを、(キャパの取材の時に、偶然全く同じカメラを静岡の写真屋さんで見つけ、カメラの名前をどこかに記したが、今ちょっと見つからない)、
そして翌年、3月に、当時話題だった子供用カメラ、フジペットを買ってもらった。
当時はフィルム代も現像代も高く、それほど頻繁に撮影したわけではなく、何かのイベントのときに単発的に撮っていただけだ。最初に撮ったのは、3月16日、家族で上野動物園にいった時だ。
それから中学の就学旅行前に、オリンパスペンSを買い、中学、高校と時折撮っていた。
以前にも書いたが、僕の家の、一件隣が写真屋さんだったので、カメラを始めた小3ぐらいから写真のあがりの過程をみたりして、写真に触れてはいた。
しかし、写真は気まぐれに撮っていただけで、本格的には始めたのは、大学に入った1967年、18歳の春だった。
今、その頃の写真を見ると、ビギナーズラックのように、面白い写真がたくさん見つかる。もともとあまり、今でもそうだが、構図などは考えるほうではないが、何も見えていないので、興味のまま、フレーミングしてシャッターを切っているだけだが、かえってそれがよかったようだ。しかし次第にさまざまなことが見えてくると、構図的であったり、してつまらない写真が増えてくる。
大学1年のとき、ひとりで親戚のある福島に行き、安達太良山縦走、磐梯山を登った。山小屋に泊まり、安達太良山山頂付近で、日の出を見て美しさに感動し、興奮しながら50mmレンズでモノクロ4本を撮りまくった。
結果、モノクロの写真には、がっかりした。目に映った感動は、少しも写っていなかったからだ。そのとき、美しいものを撮るとはなんと難しいと思った。
特に美しい景色、しかも有史以来普遍的に存在する、誰が見ても美しい景色を、小さな写真に押し込めるなんて、無意味な気がした。自然の風景はどんな大きく引伸ばしても、スケールは表現できない。
美しい景色は、写真に撮るより、
「自分の目で見て、心のなか、記憶する」ほうよいと気がついた。それいらい、美しい自然の風景写真はほとんど、撮らなくなった。テーマはいつも、人の気配だからだ。
今回の写真展は、
1967年から1975年の独立する前後までに撮影したものだ。すべて写真は個人的なもので目的意識のないものだ。いや、自分の目の前に通り過ぎる、現実の痕跡を残したかっただけだろう。写真を自己表現とは明確に思っていた。そのなかから1972年にカメラ毎日に発表した。
このやりかたは、1975年に独立して、プロの写真家になったときに、崩れてしまった。
日常のスナップは続けていたが、それまでのように、気持ちは入っていなかった。唯一海外に出かけたときだけ、仕事とは別に写真を撮りまくったぐらいだ。
75年以降の国内での写真には、それまでとは明確に線が引ける。それは僕の興味の対象が、日常の記録というより、商業写真やファッション、有名人の撮影と移っていったからだ。特にファッションや、コマーシャルは、今では考えられないぐらい、ポップなことであり、現代アートとして先端の仕事のような気分だった。
そんなとき、独立して10年目で、仕事以外の写真、スナップ写真の写真展、「Day by Day」を新宿に今サロンで開催した。やはり僕はスナップ写真が一番好きなことをそのとき知った。
今回の写真は、そのとき発表した写真を含め、さらにネガからスキャナーし、デジタルプリントした写真を発表する。
今、昭和の時代ブームのようだが、僕は3,40年前のこの時代を懐かしんで発表するわけでない。たしかに写っているものは、僕の世代にとっては、懐かしい思い出かもしれない。
いや、僕が撮りたかったのは、そんな昔はこうだったという表層ではなく、あの時代の「気分」を撮りたかったのだ。その気分とは、今でも同じように僕の心に流れているし、それは今の若い人にも十分伝わるものだと思っている。「昔はよかった」とかではない。昔も今と同じように、重苦しかったし、今と同じように刹那的だった。学園紛争があるまで、いわゆる熱い世代のように言われるけれど、その熱い時代以前、僕らの世代は、「「しらけ世代」と呼ばれていた。ちょうど大学一年とのときに、アングラ(いまでいうインディーズ)から颯爽とメジャーデビューしたフィーク・クルセダーズの「帰ってきた、よっぱらい・・・・おらは死んじまっただ」がぴったりとした気分だった。その音楽をききながら、三億円事件を聞いた。

横木安良夫トピックス


|

« 2006年1月 横木安良夫写真展情報その1 | Main | 写真展 67-75 TeachYourChildren               神田カルチェラタン9.12 »

Comments

こんばんは。
勝手にTBしたのに紹介して戴き、ありがとうございます。
「サイゴンの昼下がり」は好きな写真集の一冊です。
今後も宜しく御願い致します。

Posted by: photo_artisan | 2005.11.12 01:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 肖像権と写真展「Teach Your Children」:

« 2006年1月 横木安良夫写真展情報その1 | Main | 写真展 67-75 TeachYourChildren               神田カルチェラタン9.12 »