« RICOH GR DIGITAL Photo BW | Main | GRD写真報告 恵比寿写真同好会忘年会 »

2005.12.27

銀デジ・ハイブリット・モノクロ・プリント

1月10日からの写真展の「銀塩デジタル・ハイブリット・モノクロ・プリント法」を、日本カメラ2月号、1月20日発売で紹介している。
オリジナルは、30年以上も前の、モノクロネガ。
contactYokota01
DEC.1968 横田基地 福生 東京 オリジナルコンタクトプリントをフラッドベッドで、この場合カラースキャニングしている。
yokotayota8scan
ネガを、フィルムスキャナーでスキャニング。無修正。
手を加えない、ストレートプリントも、古臭く味があるが、現代のプリントにするためには、手を加える必要がある。モノクロスキャニングはゴミを拾う。多くの時間がゴミ除去に使われる。しかし、写真を撮る行為は、現実を凝視することにならない。いくら凝視しても写真にはならない。何よりシャッターを押さなければ、写真にならない。そのかわり写真を撮ったら、その撮った写真を凝視することが重要だ。2次元になった、そこには違う世界が存在している。
かつてモノクロ暗室プリントで、多くの写真家は、自分の写真とじっくり対面した。デジタルプリントでも同じように、ゴミ取りのような一けん無意味な作業に思える行為も、自分の写真と対面する、貴重な時間になる。
yokotayota8R
フォトショップ上で、まるで暗室作業のように、焼きこみ、覆い焼きをして、手を加える。もちろん明るさの調整はしている。シャープに見えるが、シャープネスはかけていない。弱くノイズ(粒子)を入れていることにより、調子がそろい、シャープになる。そして焼きこみなどで、手を加えることによって、メリハリができる。最後に、ウエッブ用にYを足している。
このやりかたは、GRDのような現代のデジタルカメラでも応用できるし、BLOGで紹介している。
GRDのモノクロ写真は、同じように手を入れている。
そのことによって、自分の好みの写真に仕上げられる。

●カメラで”世界を能天気に再現するため”のスキル(技術)なんて、商業的な意味しかない。(確かに金になる)。自然は美しい。貧しい人は可愛そうだ。都会は非人間的だ。現代人は病んでいる。戦争は悪だ。もちろんそうでもあるが、単純にいえないことばかりだ。
写真は、写真を撮ったことによって、判断停止しやすい。いや、このテーマだったら撮る前から判断を停止しているだろう。写真は証拠あつめの機械?になりさがる。

●カメラという機械で世界を、圧縮し、凝縮し、その二次元になった世界を見ることによって、現実世界を再確認する。決して現実世界の再現じゃない。
そのことを意識的になるためにも、さまざまなスキルが必要だ。

まわりくどいが、モノクロ写真を思いどおりに変容させることとは、そういうことなのだ。

●横木安良夫写真展「TeachYourChildren 1967-1975」
僕が、18歳から26歳のまで、プロ写真家としてデビューする以前の銀塩モノクロ写真(ネガ、プリント)を、スキャニングしてEPSON MAXART PX5500でデジタルプリンした作品です。VELVET FINE ART PAPER A3ノビ120点、他に150点ほど展示しています。
2006年1月10日~2月25日 アート・フォト・サイト・ギャラリー
      3月 1日~3月16日 京都ギャラリー

|

« RICOH GR DIGITAL Photo BW | Main | GRD写真報告 恵比寿写真同好会忘年会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 銀デジ・ハイブリット・モノクロ・プリント:

» プリント [和人の写真蔵 blog版]
写真展には、今回7点出展する予定です。 そのうち1枚だけモノクロ写真なのですが、そのプリントが難しい。 横木安良夫さんのモノクロ写真のプリント方法を参考に、ノイズの加える加減、焼き込み、覆い焼きを色々試行錯誤。 カラー写真だと、ほとんど一発印刷で済むのだけど、モノクロだと色々やらないと気が済まなくなるのが不思議。 その過程では、本当に自分の写真と向き合っている感じがして面白い。... [Read More]

Tracked on 2006.02.02 02:07 AM

» プリント [和人の写真蔵 blog版]
写真展には、今回7点出展する予定です。 そのうち1枚だけモノクロ写真なのですが、そのプリントが難しい。 横木安良夫さんのモノクロ写真のプリント方法を参考に、ノイズの加える加減、焼き込み、覆い焼きを色々試行錯誤。 カラー写真だと、ほとんど一発印刷で済むのだけど、モノクロだと色々やらないと気が済まなくなるのが不思議。 その過程では、本当に自分の写真と向き合っている感じがして面白い。... [Read More]

Tracked on 2006.02.02 02:08 AM

« RICOH GR DIGITAL Photo BW | Main | GRD写真報告 恵比寿写真同好会忘年会 »