« HappyNewYear GRDの何が本当か! | Main | 訃報 アートディレクター、画家、鈴木八朗さん »

2006.01.04

ロバート・キャパが地雷を踏んだ最期の場所が無くなる。

ロバート・キャパが最後に撮った場所、そして地雷を踏んだ土地がなくなると、仙台のジャーナリストT.Onuma氏から報告を受けた。
capalastshotcolor
ロバート・キャパが最後に撮った写真。ニコンSに35mmレンズをつけ、コダクロームで撮られている。この土地のどこかにキャパが地雷を踏んだ場所が写っている。photo.RobertCapa(ロバート・キャパ最期の日より転載)
capalastshot

●1954年(昭和29年)4月、日本を訪れていた世界で一番有名な報道写真家ロバート・キャパは、ライフ誌の要請で仏領インドシナ(現ベトナムを含む)に、5月1日メーデーの撮影のあと飛ぶ。
おりしもフランスが築いたディエンビエンフーの大要塞を、ホーチ・ミンのベトナム軍(ベトミン)に、いまにも陥落させらんとしている時だった。キャパはこの取材に迷いがあった。四つの大陸の戦争を経験している、英雄的な写真家は、なぜベトナムに行くのか、自問自答していた。
「もう戦争の写真は撮らない」とさえ言っていたのだ。
それまで、さまざまな局面でキャパは、「運」に恵まれていた。命も、そして写真を撮るための、決定的なタイミングにも恵まれていた。
ところが、キャパがベトナム、ハノイに到着したときには、ディエンビエンフーはすでに陥落していた。遅かった。キャパはタイミングを逃したのだ。
その頃キャパは40歳。華々しいキャリアとは裏腹に、肉体的にも、精神的にも、財政的にも、人生最悪の時でもあった。それが日本に滞在し、日本を「写真の天国だ」と言って、多くの写真を残し、やる気になっていた。
そのやる気が、ベトナムに向かわせたのだ。
1954年5月25日、キャパは水牛作戦という、ゲリラの掃討作戦に従軍し、ナムディンからタイビン、そして最終目的地、タンネ(現在のキエンスオン)の前哨基地に向かっていた。
午後3時前、タンネ村の入り口、堤防が左に緩やかに曲がっている地点で、キャパは最後の写真を撮っている。その写真は、通常のアングルではない。それは戦車に乗った高さと同じアングルだ。
そこで、キャパはコンタックスに装填された、モノクロフィルムを数カット、その後、35mmレンズのついたコダクローム入り、ニコンSで一枚のカラー写真を撮っている。それがロバートキャパが撮った最後の写真だ。
その直後、キャパは飛び降り、数分以内に前方の土手にのぼり、地雷を踏んで死んでしまう。
キャパが撮った最後の写真には、キャパ自身の死んだ場所を撮っていることになる。
その、キャパ最期の土地が、彼が撮った最後の場所が、今無くなろうとしている。
韓国の靴工場ができるそうだ。50年以上にもわたって、生き続けたキャパの最期の土地がなくなってしまう。

lastplacecapa20041
photo by Alao Yokogi 25May 2004 ロバート・キャパ没50年の日

capaLast0512ohnuma
基礎工事をしているキャパ最期の場所 photo by T.Onuma Dec.2005
capa03
photo by T.Onuma Dec.2005
capa02
photo by T.Onuma Dec.2005
01capalastland

03last

0512last
僕の本を読んでいるT.Onumaさん。この茶店はキャパが最後に撮った写真の場所のすぐそばにある。
老夫婦が住んでいる。彼らは1954年5月にはこの付近におじさんが住んでいたのでしょっちゅう通っていたという。その日、フランス軍が来るというので、皆避難していたと言った。キャパの時代この水田は、キャパの写真の通り荒地になっていた。
04lastland525
2004年5月、キャパ没50年のそのとき、僕はこの土地を発見した。

ロバート・キャパ関連Blog

●2005年1月12日~2月25日 横木安良夫写真展「Teach Your Children1967-1975」


|

« HappyNewYear GRDの何が本当か! | Main | 訃報 アートディレクター、画家、鈴木八朗さん »

Comments

はじめまして、ハワイアンと申します。
小生は、ハノイ在住です。ロバートキャパの最期の地へは一度はいきたいと思っていた場所でもありました。そこで、先日(2006年9月9日)に、同場所へ本を頼りにいきましたが、今では、すでに工場が建っており、見る影もないような状態でした。写真も撮ってありますので、もしよろしければ、お送りいたします。以上、よろしくお願いします。

Posted by: ハワイアン | 2006.09.14 03:13 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ロバート・キャパが地雷を踏んだ最期の場所が無くなる。:

« HappyNewYear GRDの何が本当か! | Main | 訃報 アートディレクター、画家、鈴木八朗さん »