« January 2006 | Main | March 2006 »

19 posts from February 2006

2006.02.26

東京は終わり、3月1日から京都

東京での写真展「TeachYourChildren1967-1975」は、昨日で終了しました。
ご覧になってくれた多くの方々、そして写真を購入してくれたかたがた、どうもありまがとうございます。
続いて、3月1日から18日まで、京都ギャラリーで同展の巡回展を開催します
12日には、ワークショップもやります。

★期間中何度目かの人、最終日に滑り込んできた人。
写真は、以前車雑誌NAVIで連載していた「Girls in Motion」のモデルをやってくれたことのある、友人のリカちゃん。 3,4年ぶりだろうか。
225rika

最終日の夜は、写真の撤収を月曜日にすることにして、日本カメラのKさんと飲む。まずは、新宿ゴールデン街、「こどじ」に行く。写真はそのときのスナップ。
その後焼肉屋、最後にDUGに行く。
225kodoji

28日の朝の新幹線で京都に行き、写真展のセッティング3月1日の夜、東京に戻る。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.02.24

早朝 テレビ!! 写真展明日まで

ついに東京の写真展は、明日土曜日までとなってしまった。
今日24日は3時半ー7時と、
明日25日 最終日は、1-7時
と会場いいる予定。
実は、昨日写真展会場で大学時代、日芸フォトポエム研究会、関係者があつまり同窓会状態になった。
7時過ぎに、目黒の居酒屋に移動した。
僕の中学1年の担任の小原先生も飛び入りになり、総勢15人11時ぐらいまでもりあがった。
酔って寝て、気がついたら朝5時に自然と目が覚める。

すぐにフィギュアスケートを見る。
すでに安藤は終わっていた。4回転は失敗したもよう。その後コーエンがジャンプに失敗。

僕はもともと荒川のファンだ。
ジャガー横田に似ている、なんていったら怒られるかな、いやそんなことはない、こういう強い顔が好きだ。
写真に撮りやすい。強い、意思を感じるからだ。
最近は小柄で、子供っぽいスケーターが多いなかで、一人だけ大人の女の荒川が気になっていた。
キュートや、カワイイじゃない。カッコイイ、美しい。素敵だ!
そんなスケーターは、今や荒川しかいない。
本番。
若さだけじゃないんだなあ、思ったとおり大人の女の美しさを感じた。
なにより、緊張のなか、ひとり輝いていて、当然の金だった。
涙がでた。
感動と同時に、安藤ばかりを追いかけていたマスコミが、長野の荒川を無視したように、今度は安藤をどんなふうに扱うのか、興味がある。
最近の安藤は、表情も何かに追いつめられているかのようで美しくなかった。
4回転、4回転というけど、ギャンブルをするほと、競技はあまくないと思う。
なんか、まわりが悪いのかな。いやまわりのせいではなく、まだ子供だということ。
アイドルじゃないんだから、もっと高みを目指して欲しいな。
その見本のような、荒川の金なのだから。

------------------------------------------------
toytruck

●内容★★★東京で、開催中の写真展 ★★★
「TEACH YOUR CHILDREN 1967-1975」

東京  ArtPhotoSiteギャラリー 横木が会場にいる日時の予定です。
2月
●24日(金) ★pm3-6時 会場にいます。
●25日(土) ★最終日 pm1-7時 終日 会場にいます。


「TeachYourChildren1967-1975」を、 京都で巡回開催します。

★★京都ギャラリー ★★
同じ内容の写真展を巡回します。

3月1日(水)~3月18日(土) 
am11:00~pm7:00 期間中無休
京都四条烏丸近くにある、
http://www.kyotogallery.com/
メディアジョイITビル9F
phone.075-257-5435


★★WORK SHOP★★
3月12日(日)pm4-7 受講料¥1000 
講師 横木安良夫 福川芳郎

☆WORKSHOP申し込みは、
京都ギャラリーで受け付けています。
075-257-5435
京都ギャラリーのフォームからも申し込めます。

東京アートフォトサイトギャラリーのフォームでも申し込めます。

------------------------------------------------------------------------------------
TOPICS

スタジオライティングプロの現場
京都ギャラリー 写真展 ワークショップ受講生募集
東京ビルヂング
表参道ヒルズ 30年前の写真を交えて
京都で写真展
2月6日 写真いついて
恵比寿写真倶楽部 撮影会 佃
外山ひろみさんのブログ
●「雪だるま天使」 GRD
1月22日 雪なのに、やってくる。写真展。
1月21日 EMONギャラリー 小林紀晴写真展
EPSON PX5500 インクジェットプリンター カラー性能
 日本カメラ2月号 銀塩写真デジタルモノクロプリント

阪神大震災 11年目の1月17日
東京都写真美術館 「発掘された不滅の記録 1954-1975」ベトナム

日本経済新聞に写真展写真が紹介される。写真展 オープニングパーティ
写真展 1974年 神宮球場 長島と王
1月10日 写真展「TeachYourChildren1967-1975」初日
1月6日 写真展の設営 

アートディレクター 鈴木八朗氏が亡くなる。
ロバー・キャパ最後の土地が、韓国資本の靴工場になる。
12月29日 恵比寿写真倶楽部(同好会)忘年会

銀塩デジタル、ハイブリット・モノクロプリント
写真展「TeachYourChildren1967-1975」コンタクトプリント

GRDのストラップ
12月17日 GRD ファーストインプレッション
12月15日 GRD GUERRERO NEGRO MEXCO
12月9日 六本木 バーガーインがなくなった。
12月9日 リコーGRデジタル モノクロ撮影 その1

11月23日 写真展とスポッティング
11月11日肖像権と写真展
11月9日 横木安良夫写真展情報

マニュピレーション 肖像権関係 その2
ベトナム取材コーディネイトの杜国忠(ド・クォク・チュン)
マニュピレーション肖像権関係 

ライトペインティング TwilightTwistトワイライト・ツイストについて。
フィルム感度って何?ISO ASA DIN SEKONIC STUDIO S 入射光式露出計
明るい部屋の謎
不許可写真その5
すがやあゆみ写真展 障害はブランドだ!
不許可写真その2
フルサイズデジタルと、アスペクト比
肖像権侵害とEos5D
肖像権侵害 その5
肖像権侵害 路上スナップ35万の支払い命令
銀塩式デジタルプリント日本カメラ11月号 デジタル写真直感レタッチ(クリエーティブ・コントロール)
危険な遊具
アサヒカメラ10月号
高田渡 ぐわらん堂 1974年
後姿 その1 いまやスナップ撮影では、後姿を撮ることが多い。肖像権の問題もあるし、これからますます後ろ姿を撮ることがさかんになるだろう。
後姿 その2
Eos5D発売 35mmフルサイズデジタルなんていらない!?
岩根愛 グループ展
1970年 船橋無線送信所跡
千葉県市川市、国立国府台病院 1970年
写真展 Teach Your Children 2006年1月
●茅ヶ崎パシフィックホテル その1
1967年 市川駅
あゆの恋 ネットアイドル すがやあゆみ
写真の粒子、ノイズ
写真お見せ方、コンポジット
TeachYourChildren
●盗み撮りについて
写真ジャンルの羅列です
ART PHOTOGRAPHS & NEWS 写真プリント販売について、考えるサイト
写真の粒子について Grain その1
その2
●粒子のあるデジタル写真
アート・フォトって何! ギャラリーブリッツにて
アートフォト、インテリアフォト

●デジタル写真で何ができる その1

その2
その3
オリジナルプリント販売について
オリジナルプリント販売とは? その1
その2
●盗撮、盗み撮り、キャンデットフォト、スナップ写真 その1
●盗撮、盗み撮り、キャンデットフォト、スナップ その2
その3
●ロバートキャパのピンボケ写真と、僕のピンボケ写真
エミリーブロンテ 「嵐が丘」 の舞台で、かつて撮った写真
●EosKissDigital Nを 6歳の娘に奪われた その1
●デジで本 アサヒカメラで評論
3月3日から12日まで、アメリカウエストコースに行った。
超広角レンズのゆがみを取る方法?
●なぜオーバーランするの JR西事故
「ロバートキャパ関係」strong>●
ロバート・キャパIN SAIGON
リチャードウイーランの伝記では、キャパは、1954年4月、日本滞在後、バンコクからハノイに行っていると書かれているが、実際はサイゴンから、ベトナムに入っている。
■「ロバート・キャパ最期の日」のBLOG
キャパ・イン・カラー写真展開催中 その1はここをクリック
●「ロバート・キャパ最期の日」本の紹介
●ロバート・キャパ最期日の書評など
1954年4月13日、日本到着から5月25日地雷を踏むまでのロバート・キャパの足取り
ロバート・キャパ写真展「ロバート・キャパ・イン・カラー」 その1に行く

「コダクローム関係」
●コダクロームについてのblog「僕のコダクローム」ポールサイモン
●「僕のコダクローム 真行寺君枝」a>
●「僕のコダクローム 沢田研二」
「阪神大震災関係」
「M7.3子供たちがみたもの」TOP 阪神大震災から10年、当時まだ幼く何も語らなかった彼等は今十代になり、震災について何を重いっているのだろうか。その本についてのブログ。
「写真関係」
デジタルで撮れない大型カメラの世界 その1
2mフォトグラファー、小堀正一

「ポラロイド関係」
ポラロイド195ランドカメラとネガつきポラロイドモノクロフィルムType665

「そのほか」
怪獣映画「ゴジラ誕生50年だったな」
流行通信
40年以上も前のクリスマス
ベトナムのモデル1
ベトナムの女優写真
ベトナムNo.1の歌手、ミイ
タム

ベトナムのモデル2
ピンクレディ キンスマ
ピンクレディ2
若いお巡りさん
横木安良夫のHomePage
横木安良夫のプロフィール 詳細をUPしています
デジタルカメラで作る、本格的な写真集の作り方「デジで本」


★★WORK SHOP★★
3月12日(日)pm4-7 受講料¥1000 
講師 横木安良夫 福川芳郎

☆WORKSHOP申し込みは、
京都ギャラリーで受け付けています。
075-257-5435

こちらかのフォームでも申し込めます。


WORK SHOP の内容は、2テーマあります。

●銀塩モノクロ写真、デジタルアーカイバルプリント制作法

モノクロ銀塩写真(プリント、ネガ)をスキャニングして、最新のプリンターによる、
デジタルアーカイバルプリントを制作します。
銀塩写真でつちかわれたプリントテクニックを使い、シンプルで簡単な、
そして完璧なプリント法を、パソコン画面をプロジェクターで拡大して、紹介します。
(日本カメラ2月号で銀塩モノクロデジタルプリントを紹介しています)
使用プリンター EPSON PX5500

●写真の見かた、買い方、売り方について
ART PHOTO とは、何か
オリジナルプリントを販売が、
日本でなぜ成功しないのか、
そしてどうすれば、日本でも
欧米のように盛んになるのか明確に提案します。

☆日本で唯一といっていい、
写真をメインに扱うギャラリスト、
ブリッツインターナショナルの 福川芳郎氏
と一緒にトークします。
☆ギャラリストとは、何をするのだろう?

参考資料 暮沢剛巳
ギャラリスト 「アートを楽しむ気持ち」の仕掛け人
ART SCAPE
参考 渡部さとるx北井一夫x原茂


ART PHOTO SITE

★初日である、3月1日終日会場に詰めていますので、是非ご覧になってください。


1967年から1975年の、若者たちのライフスタイルを撮った横木安良夫の写真展を開催しています。
「Teach Your Children 1967-1975」
-----------------------------------------------------------
アート・フォト・サイト・ギャラリーBLITZ
tel.03-3714-0552   詳しいことは、ギャラリーに直接お尋ねください。

--------------------------------------------
京都ギャラリー
3月
● 1日 初日 11:00-7:00 終日詰めている予定です。

★WORK SHOP
●12日 12:00-7:00  この日pm4-7時、有料のワークショップになります。
申し込みは京都ギャラリー 075-257-5435
東京、アート・フォト・サイト・ギャラリーBLITZのフォームからも申し込めます。

--------------------------------------------------------------
☆☆
僕はなにも見ていなかった。
だからこれは僕がみたものの記録ではない。
これは僕がその時代に吸った空気、
その時代に若く生きた、気分の記録。
あの時代はよかったなんて懐かしんでいるんじゃない。
誰にでも一度はある若い時代、
まだ何の見通しも、さしたる経験も、
本当の挫折も味わっていない
ひとりの人間が、
世界と遭遇したときに、
感じ、掠めとった寓話。
18歳から26歳、
僕は夢中になってシャッターを切った。
-------------------------------------------------
東京 アート・フォト・サイト・ギャラリー情報
アート・フォト・サイト・ギャラリーBLITZ
tel.03-3714-0552   詳しいことは、ギャラリーに直接お尋ねください。

photoshowtitletyc


| | Comments (0) | TrackBack (1)

2006.02.23

横木安良夫写真展あと3日「TeachYourChildren」

◆◆東京での写真展、あと3日です。!!◆◆
toytruck

●内容★★★東京で、開催中の写真展 ★★★
「TEACH YOUR CHILDREN 1967-1975」

東京  ArtPhotoSiteギャラリー 横木が会場にいる日時の予定です。
2月
●23日(木) ★pm3-7時 会場にいます。
●24日(金) ★pm3-6時 会場にいます。
●25日(土) ★最終日 pm1-7時 終日 会場にいます。


「TeachYourChildren1967-1975」を、 京都で巡回開催します。

★★京都ギャラリー ★★
同じ内容の写真展を巡回します。

3月1日(水)~3月18日(土) 
am11:00~pm7:00 期間中無休
京都四条烏丸近くにある、
http://www.kyotogallery.com/
メディアジョイITビル9F
phone.075-257-5435


★★WORK SHOP★★
3月12日(日)pm4-7 受講料¥1000 
講師 横木安良夫 福川芳郎

☆WORKSHOP申し込みは、
京都ギャラリーで受け付けています。
075-257-5435
京都ギャラリーのフォームからも申し込めます。

東京アートフォトサイトギャラリーのフォームでも申し込めます。

------------------------------------------------------------------------------------
TOPICS

スタジオライティングプロの現場
京都ギャラリー 写真展 ワークショップ受講生募集
東京ビルヂング
表参道ヒルズ 30年前の写真を交えて
京都で写真展
2月6日 写真いついて
恵比寿写真倶楽部 撮影会 佃
外山ひろみさんのブログ
●「雪だるま天使」 GRD
1月22日 雪なのに、やってくる。写真展。
1月21日 EMONギャラリー 小林紀晴写真展
EPSON PX5500 インクジェットプリンター カラー性能
 日本カメラ2月号 銀塩写真デジタルモノクロプリント

阪神大震災 11年目の1月17日
東京都写真美術館 「発掘された不滅の記録 1954-1975」ベトナム

日本経済新聞に写真展写真が紹介される。写真展 オープニングパーティ
写真展 1974年 神宮球場 長島と王
1月10日 写真展「TeachYourChildren1967-1975」初日
1月6日 写真展の設営 

アートディレクター 鈴木八朗氏が亡くなる。
ロバー・キャパ最後の土地が、韓国資本の靴工場になる。
12月29日 恵比寿写真倶楽部(同好会)忘年会

銀塩デジタル、ハイブリット・モノクロプリント
写真展「TeachYourChildren1967-1975」コンタクトプリント

GRDのストラップ
12月17日 GRD ファーストインプレッション
12月15日 GRD GUERRERO NEGRO MEXCO
12月9日 六本木 バーガーインがなくなった。
12月9日 リコーGRデジタル モノクロ撮影 その1

11月23日 写真展とスポッティング
11月11日肖像権と写真展
11月9日 横木安良夫写真展情報

マニュピレーション 肖像権関係 その2
ベトナム取材コーディネイトの杜国忠(ド・クォク・チュン)
マニュピレーション肖像権関係 

ライトペインティング TwilightTwistトワイライト・ツイストについて。
フィルム感度って何?ISO ASA DIN SEKONIC STUDIO S 入射光式露出計
明るい部屋の謎
不許可写真その5
すがやあゆみ写真展 障害はブランドだ!
不許可写真その2
フルサイズデジタルと、アスペクト比
肖像権侵害とEos5D
肖像権侵害 その5
肖像権侵害 路上スナップ35万の支払い命令
銀塩式デジタルプリント日本カメラ11月号 デジタル写真直感レタッチ(クリエーティブ・コントロール)
危険な遊具
アサヒカメラ10月号
高田渡 ぐわらん堂 1974年
後姿 その1 いまやスナップ撮影では、後姿を撮ることが多い。肖像権の問題もあるし、これからますます後ろ姿を撮ることがさかんになるだろう。
後姿 その2
Eos5D発売 35mmフルサイズデジタルなんていらない!?
岩根愛 グループ展
1970年 船橋無線送信所跡
千葉県市川市、国立国府台病院 1970年
写真展 Teach Your Children 2006年1月
●茅ヶ崎パシフィックホテル その1
1967年 市川駅
あゆの恋 ネットアイドル すがやあゆみ
写真の粒子、ノイズ
写真お見せ方、コンポジット
TeachYourChildren
●盗み撮りについて
写真ジャンルの羅列です
ART PHOTOGRAPHS & NEWS 写真プリント販売について、考えるサイト
写真の粒子について Grain その1
その2
●粒子のあるデジタル写真
アート・フォトって何! ギャラリーブリッツにて
アートフォト、インテリアフォト

●デジタル写真で何ができる その1

その2
その3
オリジナルプリント販売について
オリジナルプリント販売とは? その1
その2
●盗撮、盗み撮り、キャンデットフォト、スナップ写真 その1
●盗撮、盗み撮り、キャンデットフォト、スナップ その2
その3
●ロバートキャパのピンボケ写真と、僕のピンボケ写真
エミリーブロンテ 「嵐が丘」 の舞台で、かつて撮った写真
●EosKissDigital Nを 6歳の娘に奪われた その1
●デジで本 アサヒカメラで評論
3月3日から12日まで、アメリカウエストコースに行った。
超広角レンズのゆがみを取る方法?
●なぜオーバーランするの JR西事故
「ロバートキャパ関係」strong>●
ロバート・キャパIN SAIGON
リチャードウイーランの伝記では、キャパは、1954年4月、日本滞在後、バンコクからハノイに行っていると書かれているが、実際はサイゴンから、ベトナムに入っている。
■「ロバート・キャパ最期の日」のBLOG
キャパ・イン・カラー写真展開催中 その1はここをクリック
●「ロバート・キャパ最期の日」本の紹介
●ロバート・キャパ最期日の書評など
1954年4月13日、日本到着から5月25日地雷を踏むまでのロバート・キャパの足取り
ロバート・キャパ写真展「ロバート・キャパ・イン・カラー」 その1に行く

「コダクローム関係」
●コダクロームについてのblog「僕のコダクローム」ポールサイモン
●「僕のコダクローム 真行寺君枝」a>
●「僕のコダクローム 沢田研二」
「阪神大震災関係」
「M7.3子供たちがみたもの」TOP 阪神大震災から10年、当時まだ幼く何も語らなかった彼等は今十代になり、震災について何を重いっているのだろうか。その本についてのブログ。
「写真関係」
デジタルで撮れない大型カメラの世界 その1
2mフォトグラファー、小堀正一

「ポラロイド関係」
ポラロイド195ランドカメラとネガつきポラロイドモノクロフィルムType665

「そのほか」
怪獣映画「ゴジラ誕生50年だったな」
流行通信
40年以上も前のクリスマス
ベトナムのモデル1
ベトナムの女優写真
ベトナムNo.1の歌手、ミイ
タム

ベトナムのモデル2
ピンクレディ キンスマ
ピンクレディ2
若いお巡りさん
横木安良夫のHomePage
横木安良夫のプロフィール 詳細をUPしています
デジタルカメラで作る、本格的な写真集の作り方「デジで本」


★★WORK SHOP★★
3月12日(日)pm4-7 受講料¥1000 
講師 横木安良夫 福川芳郎

☆WORKSHOP申し込みは、
京都ギャラリーで受け付けています。
075-257-5435

こちらかのフォームでも申し込めます。


WORK SHOP の内容は、2テーマあります。

●銀塩モノクロ写真、デジタルアーカイバルプリント制作法

モノクロ銀塩写真(プリント、ネガ)をスキャニングして、最新のプリンターによる、
デジタルアーカイバルプリントを制作します。
銀塩写真でつちかわれたプリントテクニックを使い、シンプルで簡単な、
そして完璧なプリント法を、パソコン画面をプロジェクターで拡大して、紹介します。
(日本カメラ2月号で銀塩モノクロデジタルプリントを紹介しています)
使用プリンター EPSON PX5500

●写真の見かた、買い方、売り方について
ART PHOTO とは、何か
オリジナルプリントを販売が、
日本でなぜ成功しないのか、
そしてどうすれば、日本でも
欧米のように盛んになるのか明確に提案します。

☆日本で唯一といっていい、
写真をメインに扱うギャラリスト、
ブリッツインターナショナルの 福川芳郎氏
と一緒にトークします。
☆ギャラリストとは、何をするのだろう?

参考資料 暮沢剛巳
ギャラリスト 「アートを楽しむ気持ち」の仕掛け人
ART SCAPE
参考 渡部さとるx北井一夫x原茂


ART PHOTO SITE

★初日である、3月1日終日会場に詰めていますので、是非ご覧になってください。


1967年から1975年の、若者たちのライフスタイルを撮った横木安良夫の写真展を開催しています。
「Teach Your Children 1967-1975」
-----------------------------------------------------------
アート・フォト・サイト・ギャラリーBLITZ
tel.03-3714-0552   詳しいことは、ギャラリーに直接お尋ねください。

--------------------------------------------
京都ギャラリー
3月
● 1日 初日 11:00-7:00 終日詰めている予定です。

★WORK SHOP
●12日 12:00-7:00  この日pm4-7時、有料のワークショップになります。
申し込みは京都ギャラリー 075-257-5435
東京、アート・フォト・サイト・ギャラリーBLITZのフォームからも申し込めます。

--------------------------------------------------------------
☆☆
僕はなにも見ていなかった。
だからこれは僕がみたものの記録ではない。
これは僕がその時代に吸った空気、
その時代に若く生きた、気分の記録。
あの時代はよかったなんて懐かしんでいるんじゃない。
誰にでも一度はある若い時代、
まだ何の見通しも、さしたる経験も、
本当の挫折も味わっていない
ひとりの人間が、
世界と遭遇したときに、
感じ、掠めとった寓話。
18歳から26歳、
僕は夢中になってシャッターを切った。
-------------------------------------------------
東京 アート・フォト・サイト・ギャラリー情報
アート・フォト・サイト・ギャラリーBLITZ
tel.03-3714-0552   詳しいことは、ギャラリーに直接お尋ねください。

photoshowtitletyc

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.21

2月25日(土)横木安良夫写真展終了

◆◆東京での写真展、今週土曜日で終了です。!!◆◆

★★★東京で、開催中の写真展 ★★★
「TEACH YOUR CHILDREN 1967-1975」

harumira1971a
東京  ArtPhotoSiteギャラリー 横木が会場にいる日時の予定です。
2月
●20日(月) 休廊
●21日(火) 不在
●22日(水) 不在
●23日(木) ★pm3-7時 会場にいます。
●24日(金) ★pm4-6時 会場にいます。
●25日(土) ★最終日 pm1-7時 終日 会場にいます。

「TeachYourChildren1967-1975」を、 京都で巡回開催します。

★★京都ギャラリー ★★
同じ内容の写真展を巡回します。

3月1日(水)~3月18日(土) 
am11:00~pm7:00 期間中無休
京都四条烏丸近くにある、
http://www.kyotogallery.com/
メディアジョイITビル9F
phone.075-257-5435


★★WORK SHOP★★
3月12日(日)pm4-7 受講料¥1000 
講師 横木安良夫 福川芳郎

☆WORKSHOP申し込みは、
京都ギャラリーで受け付けています。
075-257-5435
京都ギャラリーのフォームからも申し込めます。

東京アートフォトサイトギャラリーのフォームでも申し込めます。

------------------------------------------------------------------------------------
TOPICS

スタジオライティングプロの現場
京都ギャラリー 写真展 ワークショップ受講生募集
東京ビルヂング
表参道ヒルズ 30年前の写真を交えて
京都で写真展
2月6日 写真いついて
恵比寿写真倶楽部 撮影会 佃
外山ひろみさんのブログ
●「雪だるま天使」 GRD
1月22日 雪なのに、やってくる。写真展。
1月21日 EMONギャラリー 小林紀晴写真展
EPSON PX5500 インクジェットプリンター カラー性能
 日本カメラ2月号 銀塩写真デジタルモノクロプリント

阪神大震災 11年目の1月17日
東京都写真美術館 「発掘された不滅の記録 1954-1975」ベトナム

日本経済新聞に写真展写真が紹介される。写真展 オープニングパーティ
写真展 1974年 神宮球場 長島と王
1月10日 写真展「TeachYourChildren1967-1975」初日
1月6日 写真展の設営 

アートディレクター 鈴木八朗氏が亡くなる。
ロバー・キャパ最後の土地が、韓国資本の靴工場になる。
12月29日 恵比寿写真倶楽部(同好会)忘年会

銀塩デジタル、ハイブリット・モノクロプリント
写真展「TeachYourChildren1967-1975」コンタクトプリント

GRDのストラップ
12月17日 GRD ファーストインプレッション
12月15日 GRD GUERRERO NEGRO MEXCO
12月9日 六本木 バーガーインがなくなった。
12月9日 リコーGRデジタル モノクロ撮影 その1

11月23日 写真展とスポッティング
11月11日肖像権と写真展
11月9日 横木安良夫写真展情報

マニュピレーション 肖像権関係 その2
ベトナム取材コーディネイトの杜国忠(ド・クォク・チュン)
マニュピレーション肖像権関係 

ライトペインティング TwilightTwistトワイライト・ツイストについて。
フィルム感度って何?ISO ASA DIN SEKONIC STUDIO S 入射光式露出計
明るい部屋の謎
不許可写真その5
すがやあゆみ写真展 障害はブランドだ!
不許可写真その2
フルサイズデジタルと、アスペクト比
肖像権侵害とEos5D
肖像権侵害 その5
肖像権侵害 路上スナップ35万の支払い命令
銀塩式デジタルプリント日本カメラ11月号 デジタル写真直感レタッチ(クリエーティブ・コントロール)
危険な遊具
アサヒカメラ10月号
高田渡 ぐわらん堂 1974年
後姿 その1 いまやスナップ撮影では、後姿を撮ることが多い。肖像権の問題もあるし、これからますます後ろ姿を撮ることがさかんになるだろう。
後姿 その2
Eos5D発売 35mmフルサイズデジタルなんていらない!?
岩根愛 グループ展
1970年 船橋無線送信所跡
千葉県市川市、国立国府台病院 1970年
写真展 Teach Your Children 2006年1月
●茅ヶ崎パシフィックホテル その1
1967年 市川駅
あゆの恋 ネットアイドル すがやあゆみ
写真の粒子、ノイズ
写真お見せ方、コンポジット
TeachYourChildren
●盗み撮りについて
写真ジャンルの羅列です
ART PHOTOGRAPHS & NEWS 写真プリント販売について、考えるサイト
写真の粒子について Grain その1
その2
●粒子のあるデジタル写真
アート・フォトって何! ギャラリーブリッツにて
アートフォト、インテリアフォト

●デジタル写真で何ができる その1

その2
その3
オリジナルプリント販売について
オリジナルプリント販売とは? その1
その2
●盗撮、盗み撮り、キャンデットフォト、スナップ写真 その1
●盗撮、盗み撮り、キャンデットフォト、スナップ その2
その3
●ロバートキャパのピンボケ写真と、僕のピンボケ写真
エミリーブロンテ 「嵐が丘」 の舞台で、かつて撮った写真
●EosKissDigital Nを 6歳の娘に奪われた その1
●デジで本 アサヒカメラで評論
3月3日から12日まで、アメリカウエストコースに行った。
超広角レンズのゆがみを取る方法?
●なぜオーバーランするの JR西事故
「ロバートキャパ関係」strong>●
ロバート・キャパIN SAIGON
リチャードウイーランの伝記では、キャパは、1954年4月、日本滞在後、バンコクからハノイに行っていると書かれているが、実際はサイゴンから、ベトナムに入っている。
■「ロバート・キャパ最期の日」のBLOG
キャパ・イン・カラー写真展開催中 その1はここをクリック
●「ロバート・キャパ最期の日」本の紹介
●ロバート・キャパ最期日の書評など
1954年4月13日、日本到着から5月25日地雷を踏むまでのロバート・キャパの足取り
ロバート・キャパ写真展「ロバート・キャパ・イン・カラー」 その1に行く

「コダクローム関係」
●コダクロームについてのblog「僕のコダクローム」ポールサイモン
●「僕のコダクローム 真行寺君枝」a>
●「僕のコダクローム 沢田研二」
「阪神大震災関係」
「M7.3子供たちがみたもの」TOP 阪神大震災から10年、当時まだ幼く何も語らなかった彼等は今十代になり、震災について何を重いっているのだろうか。その本についてのブログ。
「写真関係」
デジタルで撮れない大型カメラの世界 その1
2mフォトグラファー、小堀正一

「ポラロイド関係」
ポラロイド195ランドカメラとネガつきポラロイドモノクロフィルムType665

「そのほか」
怪獣映画「ゴジラ誕生50年だったな」
流行通信
40年以上も前のクリスマス
ベトナムのモデル1
ベトナムの女優写真
ベトナムNo.1の歌手、ミイ
タム

ベトナムのモデル2
ピンクレディ キンスマ
ピンクレディ2
若いお巡りさん
横木安良夫のHomePage
横木安良夫のプロフィール 詳細をUPしています
デジタルカメラで作る、本格的な写真集の作り方「デジで本」

★★★東京で、開催中の写真展 ★★★

「TeachYourChildren1967-1975」を、 京都で巡回開催します。

★★京都ギャラリー ★★

3月1日(水)~3月18日(土) 
am11:00~pm7:00 期間中無休
京都四条烏丸近くにある、
http://www.kyotogallery.com/
メディアジョイITビル9F
phone.075-257-5435


★★WORK SHOP★★
3月12日(日)pm4-7 受講料¥1000 
講師 横木安良夫 福川芳郎

☆WORKSHOP申し込みは、
京都ギャラリーで受け付けています。
075-257-5435

こちらかのフォームでも申し込めます。


WORK SHOP の内容は、2テーマあります。

●銀塩モノクロ写真、デジタルアーカイバルプリント制作法

モノクロ銀塩写真(プリント、ネガ)をスキャニングして、最新のプリンターによる、
デジタルアーカイバルプリントを制作します。
銀塩写真でつちかわれたプリントテクニックを使い、シンプルで簡単な、
そして完璧なプリント法を、パソコン画面をプロジェクターで拡大して、紹介します。
(日本カメラ2月号で銀塩モノクロデジタルプリントを紹介しています)
使用プリンター EPSON PX5500

●写真の見かた、買い方、売り方について
ART PHOTO とは、何か
オリジナルプリントを販売が、
日本でなぜ成功しないのか、
そしてどうすれば、日本でも
欧米のように盛んになるのか明確に提案します。

☆日本で唯一といっていい、
写真をメインに扱うギャラリスト、
ブリッツインターナショナルの 福川芳郎氏
と一緒にトークします。
☆ギャラリストとは、何をするのだろう?

参考資料 暮沢剛巳
ギャラリスト 「アートを楽しむ気持ち」の仕掛け人
ART SCAPE
参考 渡部さとるx北井一夫x原茂


ART PHOTO SITE

★初日である、3月1日終日会場に詰めていますので、是非ご覧になってください。


1967年から1975年の、若者たちのライフスタイルを撮った横木安良夫の写真展を開催しています。
「Teach Your Children 1967-1975」
-----------------------------------------------------------
アート・フォト・サイト・ギャラリーBLITZ
tel.03-3714-0552   詳しいことは、ギャラリーに直接お尋ねください。

--------------------------------------------
京都ギャラリー
3月
● 1日 初日 11:00-7:00 終日詰めている予定です。

★WORK SHOP
●12日 12:00-7:00  この日pm4-7時、有料のワークショップになります。
申し込みは京都ギャラリー 075-257-5435
東京、アート・フォト・サイト・ギャラリーBLITZのフォームからも申し込めます。

--------------------------------------------------------------
☆☆
僕はなにも見ていなかった。
だからこれは僕がみたものの記録ではない。
これは僕がその時代に吸った空気、
その時代に若く生きた、気分の記録。
あの時代はよかったなんて懐かしんでいるんじゃない。
誰にでも一度はある若い時代、
まだ何の見通しも、さしたる経験も、
本当の挫折も味わっていない
ひとりの人間が、
世界と遭遇したときに、
感じ、掠めとった寓話。
18歳から26歳、
僕は夢中になってシャッターを切った。
-------------------------------------------------
東京 アート・フォト・サイト・ギャラリー情報
アート・フォト・サイト・ギャラリーBLITZ
tel.03-3714-0552   詳しいことは、ギャラリーに直接お尋ねください。

photoshowtitletyc

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.20

横木安良夫TOPICS

◆◆東京での写真展、今週土曜日で終了です。!!◆◆

★★★東京で、開催中の写真展 ★★★
「TEACH YOUR CHILDREN 1967-1975」

harumira1971a

「TeachYourChildren1967-1975」を、 京都で巡回開催します。

★★京都ギャラリー ★★
同じ内容の写真展を巡回します。

3月1日(水)~3月18日(土) 
am11:00~pm7:00 期間中無休
京都四条烏丸近くにある、
http://www.kyotogallery.com/
メディアジョイITビル9F
phone.075-257-5435


★★WORK SHOP★★
3月12日(日)pm4-7 受講料¥1000 
講師 横木安良夫 福川芳郎

☆WORKSHOP申し込みは、
京都ギャラリーで受け付けています。
075-257-5435
京都ギャラリーのフォームからも申し込めます。

東京アートフォトサイトギャラリーのフォームでも申し込めます。

------------------------------------------------------------------------------------
TOPICS

スタジオライティングプロの現場
京都ギャラリー 写真展 ワークショップ受講生募集
東京ビルヂング
表参道ヒルズ 30年前の写真を交えて
京都で写真展
2月6日 写真いついて
恵比寿写真倶楽部 撮影会 佃
外山ひろみさんのブログ
●「雪だるま天使」 GRD
1月22日 雪なのに、やってくる。写真展。
1月21日 EMONギャラリー 小林紀晴写真展
EPSON PX5500 インクジェットプリンター カラー性能
 日本カメラ2月号 銀塩写真デジタルモノクロプリント

阪神大震災 11年目の1月17日
東京都写真美術館 「発掘された不滅の記録 1954-1975」ベトナム

日本経済新聞に写真展写真が紹介される。写真展 オープニングパーティ
写真展 1974年 神宮球場 長島と王
1月10日 写真展「TeachYourChildren1967-1975」初日
1月6日 写真展の設営 

アートディレクター 鈴木八朗氏が亡くなる。
ロバー・キャパ最後の土地が、韓国資本の靴工場になる。
12月29日 恵比寿写真倶楽部(同好会)忘年会

銀塩デジタル、ハイブリット・モノクロプリント
写真展「TeachYourChildren1967-1975」コンタクトプリント

GRDのストラップ
12月17日 GRD ファーストインプレッション
12月15日 GRD GUERRERO NEGRO MEXCO
12月9日 六本木 バーガーインがなくなった。
12月9日 リコーGRデジタル モノクロ撮影 その1

11月23日 写真展とスポッティング
11月11日肖像権と写真展
11月9日 横木安良夫写真展情報

マニュピレーション 肖像権関係 その2
ベトナム取材コーディネイトの杜国忠(ド・クォク・チュン)
マニュピレーション肖像権関係 

ライトペインティング TwilightTwistトワイライト・ツイストについて。
フィルム感度って何?ISO ASA DIN SEKONIC STUDIO S 入射光式露出計
明るい部屋の謎
不許可写真その5
すがやあゆみ写真展 障害はブランドだ!
不許可写真その2
フルサイズデジタルと、アスペクト比
肖像権侵害とEos5D
肖像権侵害 その5
肖像権侵害 路上スナップ35万の支払い命令
銀塩式デジタルプリント日本カメラ11月号 デジタル写真直感レタッチ(クリエーティブ・コントロール)
危険な遊具
アサヒカメラ10月号
高田渡 ぐわらん堂 1974年
後姿 その1 いまやスナップ撮影では、後姿を撮ることが多い。肖像権の問題もあるし、これからますます後ろ姿を撮ることがさかんになるだろう。
後姿 その2
Eos5D発売 35mmフルサイズデジタルなんていらない!?
岩根愛 グループ展
1970年 船橋無線送信所跡
千葉県市川市、国立国府台病院 1970年
写真展 Teach Your Children 2006年1月
●茅ヶ崎パシフィックホテル その1
1967年 市川駅
あゆの恋 ネットアイドル すがやあゆみ
写真の粒子、ノイズ
写真お見せ方、コンポジット
TeachYourChildren
●盗み撮りについて
写真ジャンルの羅列です
ART PHOTOGRAPHS & NEWS 写真プリント販売について、考えるサイト
写真の粒子について Grain その1
その2
●粒子のあるデジタル写真
アート・フォトって何! ギャラリーブリッツにて
アートフォト、インテリアフォト

●デジタル写真で何ができる その1

その2
その3
オリジナルプリント販売について
オリジナルプリント販売とは? その1
その2
●盗撮、盗み撮り、キャンデットフォト、スナップ写真 その1
●盗撮、盗み撮り、キャンデットフォト、スナップ その2
その3
●ロバートキャパのピンボケ写真と、僕のピンボケ写真
エミリーブロンテ 「嵐が丘」 の舞台で、かつて撮った写真
●EosKissDigital Nを 6歳の娘に奪われた その1
●デジで本 アサヒカメラで評論
3月3日から12日まで、アメリカウエストコースに行った。
超広角レンズのゆがみを取る方法?
●なぜオーバーランするの JR西事故
「ロバートキャパ関係」strong>●
ロバート・キャパIN SAIGON
リチャードウイーランの伝記では、キャパは、1954年4月、日本滞在後、バンコクからハノイに行っていると書かれているが、実際はサイゴンから、ベトナムに入っている。
■「ロバート・キャパ最期の日」のBLOG
キャパ・イン・カラー写真展開催中 その1はここをクリック
●「ロバート・キャパ最期の日」本の紹介
●ロバート・キャパ最期日の書評など
1954年4月13日、日本到着から5月25日地雷を踏むまでのロバート・キャパの足取り
ロバート・キャパ写真展「ロバート・キャパ・イン・カラー」 その1に行く

「コダクローム関係」
●コダクロームについてのblog「僕のコダクローム」ポールサイモン
●「僕のコダクローム 真行寺君枝」a>
●「僕のコダクローム 沢田研二」
「阪神大震災関係」
「M7.3子供たちがみたもの」TOP 阪神大震災から10年、当時まだ幼く何も語らなかった彼等は今十代になり、震災について何を重いっているのだろうか。その本についてのブログ。
「写真関係」
デジタルで撮れない大型カメラの世界 その1
2mフォトグラファー、小堀正一

「ポラロイド関係」
ポラロイド195ランドカメラとネガつきポラロイドモノクロフィルムType665

「そのほか」
怪獣映画「ゴジラ誕生50年だったな」
流行通信
40年以上も前のクリスマス
ベトナムのモデル1
ベトナムの女優写真
ベトナムNo.1の歌手、ミイ
タム

ベトナムのモデル2
ピンクレディ キンスマ
ピンクレディ2
若いお巡りさん
横木安良夫のHomePage
横木安良夫のプロフィール 詳細をUPしています
デジタルカメラで作る、本格的な写真集の作り方「デジで本」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.18

スタジオライティング プロの現場 その1

215studio1

215studio2

lighting01


先日、ムービーのスタジオでスチール撮影をした。隣のスタジオでCMのセットが組まれ、その合間であるタレントの広告撮影だ。かつて広告では、ムービーとスチールは、時間も日にちもわかれていたしグラフィックのコンセプトが違うことさえあった。最近はこうやって、別にスタジオを取って同時進行の撮影が多い。
スチールのスタジオだと、最新の例えばオール電動になった、ファティフ(1m50x2mぐらいのボックスタイプの面光源」のような、手間いらずのバンクライトの設備もある。それだとメインライトの位置(正面、サイド)を選んで、TOPの光を使い、背景もスピーディにセットできる。
ムービーのスタジオだと、ストロボなどスチール用のセットをすべて持ち込まなければならない。最近の便利なスタジオしか使ったことがなければ、きっとパニックだろう。
スタジオ撮影は、昔から東京が盛んだった。自分でスタジオを持たないカメラマンが多かったせいもあるが、そういう経費は全部、カメラマンと関係ないところで処理されるのが普通だからだ。
雑誌などでどんなにギャラが安くても、スタジオではかなり贅沢なライティングをしても、指摘されることはほとんどなかった。(どうやら最近はそうでもなさそうだが)。
特に広告の撮影、タレントの撮影では、200%の確実性と、セッティングや撮影のスピード、状況変化のスピーディな対処のことを考えると、ストロボの数は多くなる傾向だ。
ストロボは壊れることもあるので、最低のギリギリの機材で撮ることは、時間の限られた、タレントの撮影では危険だ。
今回は、最終的には背景が合成されるので、バストアップと全身がライティングを変えずに撮れるようなセットにした。
ストロボは、ジェネレーター12台と、ヘッドを12灯、写真スタジオからアシスタント3名つきで借りた。
そのほか背景紙やポール、スタンドなども持込だ。かなり大掛かりだ。
ストロボ・ライティングの基本は、まずは光質をどうするかを決める。

●01ストロボ直 コンパクトストロボと同じような使いかた(トレペ1枚でディフューズをする直トレも含める)
●02ストロボ傘バウンズ ストロボの一番オーソドックスな方法。
●03ストロボ、ソフトボックスディフューズ(トレペ、シャ幕の透過拡散)BOXタイプ。
 FATIF(ファティフ)ようなヘッドを4台しこんだバンクライトも含む。
●04大きなトレペやシャ幕によって、ストロボ光をディフューズ(たいてい多灯)
●05壁バウンズ
●06ストロボにグリッド(蜂の巣状のアタッチメントをつけ、ストロボ光をスポット状態にする)
●07、06と同じ考え方だが、ストロボに黒い筒をつけ、スポット状態にする。
ま、ざっとこんなものだろうか。

それからライティングだ。通常女性の場合、メイクで顔にメリハリをつけているので、正面ライトが多い。
男性はサイドライトが鉄則だ。ただ正面ライトは、化粧品や雑誌の表紙には向いていても、フラットになりすぎ、美しいだけで終わってしまうことが多い。
顔の化粧を撮るライティングとしてはベストでも雰囲気がでにくい。
人間の撮影の場合、ライティングの構造は、黒目を見ると良い。
そこには、顔に当たっているすべてのライトが写っているはずだ。
屋外の撮影でも、黒目を見ると、光の状態が一目瞭然だ。

今回、バストアップと全身を、同じライティングで撮るため、
かなり正面ぽい、サイドライトを選択した。
背景に紙バックを使っているが、明るい色だったので、トップからのライトでなりゆきにライティングすることにした。
光質は、(04)を選び、ストロボを8台つかって、直径2mぐらいの面光源になるように、
トレペ(トレシングペーパー)をカーテンのようにして、ディヒューズ(透過拡散)している。
トップの光は、モデルの背後と、背景の色バック(セットショップ)にも光があたるように、一直線に4灯ならべ、白いシャ幕でディフューズしている。
メインのライトは、8台。全体でひとつのライトになるように、集中して並べているわけだ。巨大な面光源のライトということになる。
モデルから見るとその光の位置は、カメラよりわずかに15度ぐらい横、少し高めになっているだろう。だからサイドライトといってもかなり正面ぽい。
女性の場合は、メイクをして顔にメリハリをつけているので、影があまりでないように、
正面付近のライティングが、美しく撮れるからだ。
今回のメインのトレペを、カメラの背後まで伸ばしたり、もしくはカメラの真後ろ全面に張れば、完全な正面ライティングになる。
トレペディフューズライティングは大きなものを撮ったり、一人ではなく、大人数の場合でも効果的だ。
ストロボは多ければ多いほどよいが、現実的には、最低2灯あれば作れるライティングだ。(その場合は傘バウンズにして、さらにトレペで透過させる)
デジタルの良いところは、バウンズやディフューズの微妙な色の変化を調整できることだ。

今回12台のストロボ本体と12灯のストロボ発光部(ヘッド)を使った。
今回のライティングの基本的は、面光源のサイド光8灯をメインに、
TOP少し逆目の面光源の4灯、のフラットな光の「2灯」ライティングだ。
ストロボ撮影のメリットは、なんといっても絞り込めることだ。
仕事の写真の最大の敵、ピントとブレを全く気にせずとれるということだ。
このライティングで、ストロボフル発光させれば、ISO100で、F45ぐらいはいくだろう。
今回はF11まで落として撮影している。その分閃光時間も短く、
動きのある写真でもブレることはない。(大型ストロボは閃光時間がながいので注意)
カメラはEOS1DsMark2だ。
現在、35mmデジタルカメラの最高峰だ。
しかしスタジオで使うには、中盤デジタルパック、フェーズ1(2200万画素)にはかなわない。
それは画質というより、スタジオで撮るときはパソコン直結で撮ることになるので、その転送速度が、倍ぐらいかかってしまうからだ。スムーズな撮影ができない。
今回は本番原稿用にRaw、そして現場の確認、それからセレクトようにJPEGと同時に撮っている。
いや、JPEGだけだったら問題ないが、Rawで撮ると、かなりゆっくり(2秒おき)ぐらいに撮らなければ、読み込みが間に合わず、止まってしまう。この点はまだまだ、プロが使うレベルにはなっていない。
スタジオで使うことをさほど想定していないのだろう。
デジタルになり、広告の現場では、ADと共に、画像を見ながら撮ったものをすぐにチェックする。
かつてだったら、ポラロイドがその役目をしていた。ポラと違って、デジタルは本番のあがりを見ながら進行することになる。広告のような共同制作には最適だ。
そのかわり、写真家の作家性を求められた場合は、デメリットでもある。
1DsM2でも画質は問題ない。
これからこのプロタイプのデジタルカメラはさらなる高画素化も必要だが、転送のスピードが最大の問題だろう。
やはりRawで撮りつつ、秒間2コマで、永遠と撮れれなくては、少なくとも50コマぐらいは休まず撮れるようにならなければ気ままに撮ることはできないだろう。
そして、以前にも述べたが、35mmのライカサイズのアスペクト比は、
スタジオの世界では絶対的に使いづらい。
このアルペクト比にこだわっている限り、スタジオ撮影やコマーシャルの現場で、
中盤デジタルカメラに勝つことはできないだろう。
ちょっと動きのあるものの縦位置、バストアップはライカ版アスペクト比では撮れない。
二人並べて撮るような場合は、絶望的だ。必要以上い天地を開けて撮るなんて気分が悪い。
●だから提案しているように、35mmレンズを最大に活用した新たなアスペクトカメラを開発するべきだ。
これから、ますます高級機は超画素化する。そのときに、このアスペクト比を守る意味はなにもない。

215001light

215studio

215yuka

harumira1971a


| | Comments (3) | TrackBack (0)

2006.02.13

京都 横木安良夫写真展とワークショプ

harumira1971a

東京で、開催中の写真展

「TeachYourChildren1967-1975」を、 京都で巡回開催します。

★★京都ギャラリー ★★

3月1日(水)~3月18日(土) 
am11:00~pm7:00 期間中無休
京都四条烏丸近くにある、
http://www.kyotogallery.com/
メディアジョイITビル9F
phone.075-257-5435


★★WORK SHOP★★
3月12日(日)pm4-7 受講料¥1000 
講師 横木安良夫 福川芳郎

☆WORKSHOP申し込みは、
京都ギャラリーで受け付けています。
075-257-5435


WORK SHOP の内容は、2テーマあります。

●銀塩モノクロ写真、デジタルアーカイバルプリント制作法

モノクロ銀塩写真(プリント、ネガ)をスキャニングして、最新のプリンターによる、
デジタルアーカイバルプリントを制作します。
銀塩写真でつちかわれたプリントテクニックを使い、シンプルで簡単な、
そして完璧なプリント法を、パソコン画面をプロジェクターで拡大して、紹介します。
(日本カメラ2月号で銀塩モノクロデジタルプリントを紹介しています)
使用プリンター EPSON PX5500

●写真の見かた、買い方、売り方について
ART PHOTO とは、何か
オリジナルプリントを販売が、
日本でなぜ成功しないのか、
そしてどうすれば、日本でも
欧米のように盛んになるのか明確に提案します。

☆日本で唯一といっていい、
写真をメインに扱うギャラリスト、
ブリッツインターナショナルの 福川芳郎氏
と一緒にトークします。
☆ギャラリストとは、何をするのだろう?

参考資料 暮沢剛巳
ギャラリスト 「アートを楽しむ気持ち」の仕掛け人
ART SCAPE
参考 渡部さとるx北井一夫x原茂


ART PHOTO SITE

★初日である、3月1日終日会場に詰めていますので、是非ご覧になってください。
この日閉館後、関西の友人たちの飲む予定にしています。お気軽に参加してください。

1967年から1975年の、若者たちのライフスタイルを撮った横木安良夫の写真展を開催しています。
「Teach Your Children 1967-1975」
-----------------------------------------------------------
アート・フォト・サイト・ギャラリーBLITZ
tel.03-3714-0552   詳しいことは、ギャラリーに直接お尋ねください。

東京  ArtPhotoSiteギャラリー 横木が会場にいる日時の予定です。
2月

●13日(月) 休廊
●14日(火) 未定
●15日(水) 不在
●16日(木) 不在
●17日(金) 未定
●18日(土) ★pm1-7時、いる予定です
●19日(日) 休廊
●20日(月) 休廊
●21日(火) 不在
●22日(水) 未定
●23日(木) ★pm4-7時 いる予定です
●24日(金) 未定
●25日(土) ★最終日 終日 会場にいます。
--------------------------------------------
京都ギャラリー
3月
● 1日 初日 終日詰めている予定です。
● 2日 未定
●12日 12:00-7:00  この日pm4-7時、有料のワークショップになります。

--------------------------------------------------------------
☆☆
僕はなにも見ていなかった。
だからこれは僕がみたものの記録ではない。
これは僕がその時代に吸った空気、
その時代に若く生きた、気分の記録。
あの時代はよかったなんて懐かしんでいるんじゃない。
誰にでも一度はある若い時代、
まだ何の見通しも、さしたる経験も、
本当の挫折も味わっていない
ひとりの人間が、
世界と遭遇したときに、
感じ、掠めとった寓話。
18歳から26歳、
僕は夢中になってシャッターを切った。
-------------------------------------------------
東京 アート・フォト・サイト・ギャラリー情報
アート・フォト・サイト・ギャラリーBLITZ
tel.03-3714-0552   詳しいことは、ギャラリーに直接お尋ねください。

photoshowtitletyc

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.11

東京ビルヂング GRD

僕は、人間を撮ることが圧倒的に多いが、実は建物を撮るのが大好きだ。
なので、ちょっと「東京ビルヂング」というのやってみようと思っている。
TOKYO BUILDING VOL.1
210shibuyaekimae
ちょっと、プリント違い(レタッチ)の、大きな写真
210shibuya

210harajuku

210hikoki

210aoyama

キューバに何度か通ったとき、一番興奮したのが、ハバナの旧市街、それと海岸通の廃墟のような建物だった。約、500m。ハッセルい80mmをつけ、端からパノラマ状にして撮影した。きっと、何十年かたてば、貴重な写真になるだろう。
昔初めて、ニューヨークに言ったとき、そのビルディングに圧倒され、日本に帰ってきて東京の街にあるビル、例えば青山ツインタワーが、ミニュチュアのビルに見えた。


-----------------------------------------------------------

| | Comments (5) | TrackBack (0)

表参道ヒルズ 本当にオシャレになったかVOL.2

VOL.2                       VOL.1はここをクリック

さて、表参道は本当にオシャレになったのか。30年前の表参道から見てみよう。
omotesando197401
1971年
2006
2006年
kosaten
1974年
2006kousaten
2006年
013m1y3HarajukuCupleBW
1975年同潤会アパートの前 次の2枚もほぼ同じ場所
girl_at_harajuku1
1975年
harajukuotoko
1975年
014omotesandoboys
1975年 表参道の交差点 歩行者天国だった

| | Comments (0) | TrackBack (0)

表参道ヒルズ 本当にオシャレになったか?30年前の表参道の写真

VOL.1
表参道ヒルズが本日グランドOPEN 
表参道は、本当におしゃれになったのか?30年以上前の表参道の写真から考えてみる。
2006zenkeiohills
2006.2.10
omotesando1974
同潤会1971年
dojunkai01
同潤会アパート1970年
harajukuhodokyokara
1974年
2006hodokyokara
2006年
2006kiddyland
2006年
kiddyland_2
1974年

VOL.2に続く
-----------------------------------------------------------

| | Comments (1) | TrackBack (0)

表参道HILLS グランドオープン2006 と1971年

2006omotesandohills
2006年2月10日 表参道 定点写真
omotesando1974
同潤会アパート 1971年 原宿から表参道交差点に向かう。
表参道ヒルズになりすっかり風景が変わってしまった。
ころころから原宿は脚光を浴びはじめ、平日でも参道はにぎわうようになった。
まだこのころは、同潤会アパートに店舗は少なかった。

2006
2006年表参道 GRD カメラの画角が違うが、ほぼ同じポジションから
omotesando197401
1971伊藤病院あたりから、表参道交差点方向を望む
表参道HILLSは、明日2月11日グランドオープンだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.10

表参道 1971年 同潤会アパート

omotesando1974
同潤会アパート 1971年 原宿から表参道交差点に向かう。
表参道ヒルズになりすっかり風景が変わってしまった。
ころころから原宿は脚光を浴びはじめ、平日でも参道はにぎわうようになった。
まだこのころは、同潤会アパートに店舗は少なかった。

omotesando197401
1971伊藤病院あたりから、表参道交差点方向を望む

1969bigi

1972年、表参道にあったBIGIのまえで。偶然撮った。当時は大スターだった。

--------------------------------------------------------------------
写真展「Teach Your Children 1967-1975」

---------------------------------------------------------------
アート・フォト・サイト・ギャラリーBLITZ
tel.03-3714-0552   詳しいことは、ギャラリーに直接お尋ねください。

★写真展の詳しい内容は、ここをクリック してください


東京  ArtPhotoSiteギャラリー 横木が会場にいる日時の予定です。
2月

●11日(土) ★pm1-7時、いる予定です。
●12日(日) 休廊
●13日(月) 休廊
●14日(火) 未定
●15日(水) 不在
●16日(木) 不在
●17日(金) 未定
●18日(土) ★pm1-7時、いる予定です
●19日(日) 休廊
●20日(月) 休廊
●21日(火) 不在
●22日(水) 未定
●23日(木) ★pm4-7時 いる予定です
●24日(金) 未定
●25日(土) ★最終日 終日 会場にいます。
--------------------------------------------
京都ギャラリー
3月
● 1日 初日 終日詰めている予定です。
● 2日 未定
harumira1971a

関西圏のみなさま!
●今東京で、開催されている写真展「TeachYourChildren1967-1975」を、京都四条烏丸近くにある、京都ギャラリーにて巡回開催します。
京都ギャラリー
メディアジョイITビル9F
3月1日(水)~3月16日(木) am11:00~pm7:00 期間中無休
phone.075-257-5435
mail info@kyotogalery.com

★3月1日 初日
★3月2日 未定

--------------------------------------------------------------
☆☆
僕はなにも見ていなかった。
だからこれは僕がみたものの記録ではない。
これは僕がその時代に吸った空気、
その時代に若く生きた、気分の記録。
あの時代はよかったなんて懐かしんでいるんじゃない。
誰にでも一度はある若い時代、
まだ何の見通しも、さしたる経験も、
本当の挫折も味わっていない
ひとりの人間が、
世界と遭遇したときに、
感じ、掠めとった寓話。
18歳から26歳、
僕は夢中になってシャッターを切った。
-------------------------------------------------
東京 アート・フォト・サイト・ギャラリー情報
アート・フォト・サイト・ギャラリーBLITZ
tel.03-3714-0552   詳しいことは、ギャラリーに直接お尋ねください。

photoshowtitletyc

★写真展の作品は、アートフォトサイトのオンラインでも販売しています。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.09

関西地区の皆さまよろしくお願いします。

060209alaophoto
今日、7歳の娘の学校が、昼までの授業だったので、二人で近くのステーキ屋のランチを食べに行った。この写真は娘がGRDで撮ってくれた写真だ。
●さて、3月1日から16日まで、京都の京都ギャラリーにて「Teach Your Children1967-1975」の写真展が始まる。まだ2週間以上先のことだが、東京と違い、仕事関係もほとんどなく、友人たちだけが、頼りだ。メーカーのギャラリーならば、それだけでも知られているだろうが、京都ギャラリーはまだできたばかりのギャラリーだ。認知度も低い。どのように関西の人たちに宣伝すればよいのか、思案中だ。ただ、東京もそうだけれど、今やBLOGを見て、写真展に来る人がとても多い。会期中できるだけ、BLOGの更新をがんばっている成果かもしれない。時代は変わったといえる。ただ、今回の写真展、表のテーマである、世代から世代は、写真展を見れば伝わるとしても、裏のテーマ、モノクロ銀塩写真を、デジタルアーカイバルプリントし、それを売るというテーマは、簡単なことではない。特に関西地区では、写真を買うということが、定着してないと聞く。まあ、売ることは二の次だとしても、多くの人に、写真を見てももらわなければ始まらない。しかも、期間中に、ワークショップもやろうと思っている。ただ、それにはあまりに、僕が関西を知らなさすぎる。友人たちに泣きついて、どうすればいいのか相談して、いくつかの写真グループを紹介もしてもらった。
●このBlogを見ている人は、毎日1000人以上いるので、関西方面で、この写真展に少しでも興味ある人は、是非協力を、せつに願います。トラックバックでもいいし、メールでもよいので、関西では写真ギャラリーが、どんな状況なのかも教えてほしい。今後の、写真をどうすればよいのか、コメントでもいただけたら、コメントにj返事を書きます。それに単純に見に行きますといったコメントでも、メールのフォームから送ってくれてもよいと思います。
デジタル時代になり、写真雑誌などのメディアを使わなくても、写真展の告知ができるようになりました。ただ、まだ東京は、東京といった、地域的なネットワークしかない。MIXIのような、クローズドしたBLOGは、それでもネットワークが可能だが、こういうBLOGは、そのへんがたよりない。個人個人の結びつきしかないようだ。
少しでも興味を持った方、連絡お待ちしています。

よろしくお願いします。
横木安良夫


| | Comments (0) | TrackBack (1)

京都で写真展「TeachYourChildren1967-1975」

京都ギャラリー
3月
● 1日 初日 終日詰めている予定です。
● 2日 未定
harumira1971a

関西圏のみなさま!
●今東京で、開催されている写真展「TeachYourChildren1967-1975」を、京都四条烏丸近くにある、京都ギャラリーにて巡回開催します。
京都ギャラリー
メディアジョイITビル9F
3月1日(水)~3月16日(木) am11:00~pm7:00 期間中無休
phone.075-257-5435
mail info@kyotogalery.com

★3月1日 初日
★3月2日 未定

★OPENINGパーティはありませんが、初日である3月1日の夜、閉館後、僕の関西の友人を含め、皆様と一緒に京都の居酒屋で楽しく飲みたいと思います。今のところ予定です。 (各自実費)
どうぞお気楽に参加ください。
もし、参加希望の方は、その旨フォームから一方ください。
--------------------------------------------------------------
☆☆
僕はなにも見ていなかった。
だからこれは僕がみたものの記録ではない。
これは僕がその時代に吸った空気、
その時代に若く生きた、気分の記録。
あの時代はよかったなんて懐かしんでいるんじゃない。
誰にでも一度はある若い時代、
まだ何の見通しも、さしたる経験も、
本当の挫折も味わっていない
ひとりの人間が、
世界と遭遇したときに、
感じ、掠めとった寓話。
18歳から26歳、
僕は夢中になってシャッターを切った。
-------------------------------------------------
東京 アート・フォト・サイト・ギャラリー情報
アート・フォト・サイト・ギャラリーBLITZ
tel.03-3714-0552   詳しいことは、ギャラリーに直接お尋ねください。

photoshowtitletyc

★写真展の作品は、アートフォトサイトのオンラインでも販売しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.07

京都で写真展「TeachYourChildre1967-1975」

東京  ArtPhotoSiteギャラリー 横木が会場にいる日時の予定です。
2月
● 8日(水) ★pm5-7時 会場にいます。
● 9日(木) 不在
●10日(金) 未定
●11日(土) ★pm1-7時、いる予定です。
●12日(日) 休廊
●13日(月) 休廊
●14日(火) 未定
●15日(水) 不在
●16日(木) 不在
●17日(金) 未定
●18日(土) ★pm1-7時、いる予定です
●19日(日) 休廊
●20日(月) 休廊
●21日(火) 不在
●22日(水) 未定
●23日(木) ★pm4-7時 いる予定です
●24日(金) 未定
●25日(土) ★最終日 終日 会場にいます。
--------------------------------------------
京都ギャラリー
3月
● 1日 初日 終日詰めている予定です。
● 2日 終日詰めている予定です。

harumira1971a

関西圏のみなさま!
●今東京で、開催されている写真展「TeachYourChildren1967-1975」を、京都四条烏丸近くにある、京都ギャラリーにて巡回開催します。
京都ギャラリー
メディアジョイITビル9F
3月1日(水)~3月16日(木) am11:00~pm7:00 期間中無休
phone.075-257-5435
mail info@kyotogalery.com

★3月1日 初日
★3月2日 とも終日会場に詰めていますので、是非ご覧になってください。

★OPENINGパーティはありませんが、初日である3月1日の夜、閉館後、僕の関西の友人を含め、皆様と一緒に京都の居酒屋で楽しく飲みたいと思います。(各自実費)
どうぞお気楽に参加ください。
もし、参加希望の方は、その旨フォームから一方ください。
--------------------------------------------------------------
☆☆
僕はなにも見ていなかった。
だからこれは僕がみたものの記録ではない。
これは僕がその時代に吸った空気、
その時代に若く生きた、気分の記録。
あの時代はよかったなんて懐かしんでいるんじゃない。
誰にでも一度はある若い時代、
まだ何の見通しも、さしたる経験も、
本当の挫折も味わっていない
ひとりの人間が、
世界と遭遇したときに、
感じ、掠めとった寓話。
18歳から26歳、
僕は夢中になってシャッターを切った。
-------------------------------------------------
東京 アート・フォト・サイト・ギャラリー情報
アート・フォト・サイト・ギャラリーBLITZ
tel.03-3714-0552   詳しいことは、ギャラリーに直接お尋ねください。

photoshowtitletyc

★写真展の作品は、アートフォトサイトのオンラインでも販売しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.06

写真について

0204screenphoto
写真展を開催していて、たえず自分の写真を眺め、それもまだ僕が写真を始めたばかりの8年間の、若い時代の写真だから、さまざまなことを考える。
今回の写真は、職業写真家になる前の、学生時代と助手時代の写真だ。
特に最初の頃の、1968年の学生運動、デモの写真などはまだ19歳、写真を始めて2年の写真だ。いまじゃとても飛び込めないようなところを撮っている。
そんな過去の自分の写真を、50代になった、ベテラン?写真家からみると、いや、実は本質的に、撮りかたも、選び方も、なんら変わっていないことに驚いてしまうが、僕の写真のすべてがこのなかにあることに驚く。
写真はごく普通の、当時の僕の身の回りの写真でしかない。
それでもあちこと動き回っている。
写真は自分の「まわり」しか写らないから、さまざまなものを撮るには、動き回って、自分の「まわり」を広げるしかない。
時代のせいか、アメリカの影響も強く、もちろんロバートフランクの「アメリカ人」が大好きだったから、その影響がつよい。僕が強く影響されたのは、フランク以外は、大学時代の同級生Tだけだ。

僕はそれまでの日本の写真家の、土着的な思想が嫌いだった。地に足のついた写真がどうしても好きになれなかった。テーマを持ち、深く洞察することに、反感さえおぼえていた。
人生足元を見て、一歩、一歩。・・・・・今の僕はその意味は理解できても、当時は絶対に認めたくなかった。

当時の日本の写真家で好きだったのは、高梨豊、篠山紀信、奈良原一高、田中長徳、鋤田正義だった。
皆おしゃれで、地に足がついているようには、思えなかったし、どこかクールでドライな気分に惹かれた。
彼らの写真は海外の写真家と同じ匂いがした。
森山大道の写真は、好きではなかった。その日本的な土着性が、あまりに日本的で、古臭く思えていた。それでも、その重々しい写真が、それまでの写真と違うことは感じていた。そして1972年のアサヒカメラに発表された、「桜花」に打ちのめされた。ただの土着的な写真家じゃないと知ったからだ。
荒木経惟を知るのはずっとあと、70年代前半になってからだ。影響はされていない。

僕は本質的なものを問いかける、日本のそれまでの写真に興味がなかった。
なぜなら、僕の周りには、しかもごく普通の家庭に育った、人間にとって、人間の本質を問いかけるなんて、いくらなんでも、まだ若く何の経験もないのに、無理だと感じていた。
僕は歩ける範囲、走り回れる範囲で写真を撮っていただけだ。
ひとつのものに深く関わることにも興味がなかった。
たいていは出会いがしらで撮影している。
だから僕は自分の写真を見て、やはり地に足のついていない写真だと思う。
広い意味ではファッション写真に近い。ファッション写真のような、足元の危うさが、僕の写真の基本だ。
だから日本で撮っても、海外で撮っても同じことだ。
僕は本質を見抜きたいのではない。
本質より、僕の目の前に広がる世界を目の当たりにして、シャッターを切るだけだ。
その世界を誰かに知らせたいからではない。
その世界を前にして、僕は僕の存在理由を問うためにシャッターを押している。
ただそれだけだと思う。

---------------------------------------------------------------
アート・フォト・サイト・ギャラリーBLITZ
tel.03-3714-0552   詳しいことは、ギャラリーに直接お尋ねください。

★写真展の詳しい内容は、ここをクリック してください

photoshowtitletyc
harumira1971a

☆☆
僕はなにも見ていなかった。
だからこれは僕がみたものの記録ではない。
これは僕がその時代に吸った空気、
その時代に若く生きた、気分の記録。
あの時代はよかったなんて懐かしんでいるんじゃない。
誰にでも一度はある若い時代、
まだ何の見通しも、さしたる経験も、
本当の挫折も味わっていない
ひとりの人間が、
世界と遭遇したときに、
感じ、掠めとった寓話。
18歳から26歳、
僕は夢中になってシャッターを切った。

◆日曜、月曜 が休みです。(2月5日、日曜日のみ1-5時OPENしています)

★横木が会場にいる日時の予定です。
2月
● 6日(月) 休廊
● 7日(火) 未定
● 8日(水) 未定
● 9日(木) 未定
●10日(金) 未定
●11日(土) ★pm1-7時、いる予定です。
●12日(日) 休廊
●13日(月) 休廊
●14日(火) 未定
●15日(水) 未定
●16日(木) 未定
●17日(金) 未定
●18日(土) ★pm1-7時いる予定です。

★写真展の作品は、アートフォトサイトのオンラインでも販売しています。

★★★3月1日から、16日まで京都、京都ギャラリーにおいて、同展を開催します
関西方面のかた、是非ご覧に来てください。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

土、日曜にワークショップを開催した。

2月4日土曜日と、2月5日日曜日の二日にわたり、計3回のワークショップを開いた。
4日は、EPSONPX5500を使った、モノクロプリントの実演。いや、それはごく簡単に、それより、銀塩プリントと同じように、プリントするにはプリント表現のための、さまざまなテクニックがあることを、公開した。それは、かつて、銀塩プリントならば、暗室という密室で、決して見ることのできなかった、写真プリントの本当のテクニックのことだ。デジタルになり、明室になり、プロジェクターを使うことによって、それを大勢の人に見てもらうことができたと思う。モノクロの限らず、カラープリントでも、同じように、楽しめる、プリントはただ綺麗にプリントするだけではなく、積極的に創造するものだと理解してもらえたと思っている。

5日は、アート写真について。そしてその見方、考え方、そして写真を買ってみるということをテーマに話した。ここでは、今詳しく書けないが、そのうちきっちりと書いてみようと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.04

ワークショップ 「Teach Your Children」

yukiechigo
典型的な冬型の天気?東京は晴天で冷え込み、日本海側は大雪だろう。
今日は、2-4時と5-7時でワークショップ。明日は、日曜日だけれど1-5時の間、開けて、その間3-5時でワークショップをする。ワークショップ受付は終了しているが、くれば見ることはできると思う。


★通常アート・フォト・サイトギャラーは、日曜休廊ですが、
この日は、pm1時~5時までOPENしています。 ただ、3-5時の間写真を見ることはできますが、ワークショップをしています。


アート・フォト・サイト・ギャラリーBLITZ
tel.03-3714-0552   詳しいことは、ギャラリーに直接お尋ねください。

★写真展の詳しい内容は、ここをクリック してください

photoshowtitletyc
harumira1971a

☆☆
僕はなにも見ていなかった。
だからこれは僕がみたものの記録ではない。
これは僕がその時代に吸った空気、
その時代に若く生きた、気分の記録。
あの時代はよかったなんて懐かしんでいるんじゃない。
誰にでも一度はある若い時代、
まだ何の見通しも、さしたる経験も、
本当の挫折も味わっていない
ひとりの人間が、
世界と遭遇したときに、
感じ、掠めとった寓話。
18歳から26歳、
僕は夢中になってシャッターを切った。

◆日曜、月曜 が休みです。(2月5日、日曜日のみ1-5時OPENしています)

★横木が会場にいる日時の予定です。
2月
● 4日(土) ★pm1-7時会場にいます。
         ただ2-4 5-7時 ワークショップ ざわついてますが展示を見ることは可能です。
● 5日(日) ★pm1-5時OPEN  
         3-5時でワークショップをします。展示を見ることは可能です。
● 6日(月) 休廊
● 7日(火) 未定
● 8日(水) 未定
● 9日(木) 未定
●10日(金) 未定
●11日(土) ★pm1-7時、いる予定です。
●12日(日) 休廊
●13日(月) 休廊
●14日(火) 未定
●15日(水) 未定
●16日(木) 未定
●17日(金) 未定
●18日(土) ★pm1-7時いる予定です。

★写真展の作品は、アートフォトサイトのオンラインでも販売しています。

★★★3月1日から、16日まで京都、京都ギャラリーにおいて、同展を開催します
関西方面のかた、是非ご覧に来てください。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.02.03

明日のワークショップ

明日土曜日のワークショップは、
2時ー4時と、
5時ー7時の2回です。
よろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »