« 前衛としてのオリジナルプリント販売 | Main | 写真展とワークショップ 京都ギャラリー »

2006.03.11

鬼海弘雄ぺるそなを見た。

今日、3月11日が、鬼海弘雄写真展「ぺるそな」最終日だ。
銀座NIKON SALON 本日午後7時まで。

310kikai01

圧倒的なポートレイト写真。写真の歴史の中に残ってゆく、写真群の写真展。
あの、浅草の、あの朱色の壁の前で撮った、一連のポートレイトシリーズの一部だ。
そこには、時間が喪失している。最近撮った写真も、20年以上前に撮った写真も同じように存在している。
そしてなにより、浅草を訪れる、いや浅草寺にひき寄せられてくる人たちのなかから、
鬼海が、ひきつけられた人たちの、ストレートなポートレイトだ。
なぜ、これらの写真にひきつけられるのか、僕は言葉を持たない。
もちろん写真集は素晴らしいが、オリジナルプリントの持つ存在感にはやはり、かてない。
これは、目で見て、自分で感じるしかない。

写真家で誰が好きだったのですか?
「ウォーカー・エバンスと・・・・・・ダイアンアーバス」
浅草で、はじめからあの朱色の壁で撮ることを決めていたいのですか。
肉眼では、あの朱色のバックで人物を撮るのは、かなりきつい。
その辺が、聞きたかった。モノクロで撮ってから、いけると思ったのでしょう?
最初に撮ったのは、70年代前半。もっと違うスタイルだった。
でも、モノクロにすると、グレーのトーンがすごくいい、と。

鬼海さんは、写真を売らないのですか。
いや、今売らない。死んだら、売るつもり。

ペルソナのシリーズは、今約400点ある。プリントは2セット。将来は5枚作ると言っていた。
本当に、死んでから売るのか、どうかはわからないけど、
その姿勢にロマンを感じてしまった。
そういう写真家がいてもいいなと。

だったら、予約ってできないのですか?
写真は、鬼海さんが死んでからでいいので、今即金で、と冗談を言ったら、
だめだめ、今もらったら使っちゃうから、と答えた。

4月6日からは、大阪NIKON SALONで開催。


●鬼海さんの写真展のまえに、
グループ展を見に行った。
写真勉強中の、写真家の展覧会だ。
展示のしかたなど、工夫されていて、見ていてあきない。
このぐらいきちんと考えて写真展をすることは、とても大切だと思う。

EGOSAIS GROUP PHOTO EXHIBITION
http://www.m-team.hmc6.net/egosais/
2006.03.06 - 2006.03.12
11:00~18:30 (最終日は16:00)
銀座 月光荘画室2  (地図)
中央区銀座8-7-18 1階
hana・藤田めぐみ・大川貴之・栗原正樹・田中真一郎・原琢己


|

« 前衛としてのオリジナルプリント販売 | Main | 写真展とワークショップ 京都ギャラリー »

Comments

hanaです。
グループ展のこと取り上げてくださってありがとうございます。過分に褒めていただき恐縮しております。
正業を他に持っているものたちですが、写真に対しての姿勢はとうに趣味の域を脱して「写真家」そのものだと自負しております。
今回の展示もグループでやるメリット、個展の集まりの展示だけにはしたくないと考えておりました。各人の作品の完成度はもちろんのこと、競作ではなく 相互にプラスの影響を与え合い、結果として10にも100にもなるような展示を目指しました。
どうぞ 皆様 グループならではの展示 個々人の作品 ご覧いただければと思います。

Posted by: hana | 2006.03.11 01:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鬼海弘雄ぺるそなを見た。:

« 前衛としてのオリジナルプリント販売 | Main | 写真展とワークショップ 京都ギャラリー »