« 人間力大賞準大賞をすがやあゆみが取った! | Main | 地平線までの距離 その3 »

2006.07.23

フォトブロガー hanaさん初個展 +新宿ゴールデン街

友人である、hanaさん(osampo hana)が、四谷にある、ちょーとくぎゃらりーで、初めての単独写真展を開催している。
hana写真展「~HA*ZAKAI 端境II~」
タカザワケンジのhanaさん写真展についてのTEXT
7月22日~7月30日まで。
11時ー6時。
hanaさんは、毎日つめているという。週末は11-6時、平日でも昼過ぎから6時ぐらいまでは、毎日会場にいるそうだ。生hanaをチェックしたいかた、気さくに話ができると思います。彼女のBLOGでチェックししてください。

★初日である昨日は、午後、田中長徳氏のトークショーとコラボがあった。ちゃんと作家だと認めていると、かなりほめられ、照れてしまったという。

今回、彼女は、デジタルカメラのなかでも、さらにおもちゃじみた、ローライミニという、デジタルカメラで撮影した作品を展示している。どれも自分の家の周辺を撮ったものらしい。
おもちゃのようなカメラでも、撮影技術、センス、プリント技術がたしかなので、一見どんなカメラで撮っているのかわからなくなってしまう。銀塩のようでもあり、不思議な写真だ。
プリンターは、EpsonPX5500。ペーパーは、インクジェット用和紙にすべてプリントされている。だからといって、にじんでいるわけでもない。しっかり写真になっている。
R1112563
逆D2H
R1112529
正当D2H(Distance to the Horizon)

その後、打ち合わせで上野に行く。K社の編集I氏に会う。彼は1月の「Teach Your childeren1967-1975」写真展の時に、1968年の10.21騒乱罪、国際反戦デーのときに撮った写真を購入してくれた。ひとり暮らしの彼は、部屋の真ん中に飾ってあるそうだ。1980年代に生まれ彼にとって、あの時代はどんなふうに見えるのだろう。
Kodanishi

I氏も、偶然ゴールデン街に行くというので、タクシーに同乗。写真バー「こどじ」で写真展をやっている、ヒーラギ君に会いにゆく。銀塩ローライで撮った、「陽子ーも電話せんといて!」という作品が壁に展示しある。彼の今までの写真のなかで一番好きかな。
こどじには、ギャラリー冬青の高橋さんがいらっしゃった。さっそく、12月に出版する予定の写真集の構成見本を見てもらう。
Kodojihiragi

Kodojiokasan
奥の席に、JimさんとKissui.netの女性。彼らにも写真を見せる。
Jimkissui

しばらくして、12時もまわったころ、ギャラリー・バーnaguneにヒーラギ君と行く。そこで神谷竜介氏の写真展を見る。
すぐにタイミングよく、K社のI氏と合流。
Nagune

|

« 人間力大賞準大賞をすがやあゆみが取った! | Main | 地平線までの距離 その3 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フォトブロガー hanaさん初個展 +新宿ゴールデン街:

« 人間力大賞準大賞をすがやあゆみが取った! | Main | 地平線までの距離 その3 »