« DtoH 沖縄 金武  | Main | だっこさんこと、朝霧裕さんのライブ »

2006.08.26

DtoH 大竹海岸

茨城県鉾田氏大竹海岸
DtoH 地平線までの距離
Ibaragiumi01

Ibaragiumi02

Ibaragiumi03

Ibaragiumi04

DtoHといっても、もちろん水面にカメラを置けるわけがありません。GRDの天地を両人差し指と親指ではさむように持ちます。シャッターは、右の親指で押します。人差し指は、水に触れるか、触れないか、センサーのようなものです。そして波が押し寄せる一瞬前にシャッターをきります。もちろんカメラがぬれてはこまるので、自分の運動神経との勝負です。これはとても面白いシャッターチャンスについてのメソッドになります。それはシャッターチャンスは、自分の能力と被写体との関係だということです。
一番下の写真は、一番上の写真の次のカット。直後、水滴がレンズに飛んでしまいました。
ぬれても大丈夫なように、ハウジングがあるといいかな。

大竹海岸は、黒い砂の美しい海岸です。娘とボディボード、(ヴギポード)をやりました。巧く載れば、波打ち際まで50mぐらい滑走します。引き波が強く、少し危険を感じました。


|

« DtoH 沖縄 金武  | Main | だっこさんこと、朝霧裕さんのライブ »

Comments

spoonfulさま
ありがとう。
Blogの写真素晴らしいですね。
http://blog.so-net.ne.jp/spoonful/archive/20060826
最近、バリに行っていないけど、また行きたくなりました。

Posted by: alaoyokogi | 2006.08.27 01:59 PM

↓これがあれば水中・雨天でのD to Hが可能では?
http://www.valumore.jp/product_info.php?products_id=84138
私もWP-500を購入しGR-DやGR-1を雨の日カメラに・・・と考えています。

Posted by: spoonful | 2006.08.27 12:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference DtoH 大竹海岸:

« DtoH 沖縄 金武  | Main | だっこさんこと、朝霧裕さんのライブ »