« 写真集の作られ方Vol.02 | Main | 10.21新宿騒乱とGRDの誕生日 »

2006.10.22

日本カメラ選評、深夜、新宿で沢渡さんと飲む

Sawtari061020
10月19日 来年1月号から始める日本カメラフォトコンテンスト、カラープリンの部の写真を、人形町にある日本カメラに選びに行った。担当のY女史。初めてでしょう、皆模様眺めか、約3000枚の応募があるという。3000枚か、第一次、最初のセレクト、皆どのくらいかかるの?と聞くと、2時間から3時間ぐらいだという。そうか、10時半から初めて、はやくて12時半ぐらいか。写真はテーブルの上に5つぐらいの山になっていた。高さはそれぞれ30センチ。それにキャビネサイズの応募が100枚ぐらいだろうか。量を見て、ちょっとため息がでる。でも3000枚のなかから選ぶことに、別にプレッシャーはない。自分の写真ならば一日で、10000枚ぐらい見て選ぶなんて、特別なことじゃない。でも、こうやって全部がプリントされていると、やったことがないので、さあやるぞ、と気合を入れる。すでに裸になっている写真もあるが、透明や半透明のビニールに入っているプリントもあり、さまざまだ。できれば、透明ビニールに入れてもらいたいと思う。それに、やはりキャビネサイズは、不利だ。最低8x10、A4の大きさが欲しい。最初のセレクトでキャビネから選んだのは、たった1枚だった。集中して、どんどん見て、どんどん落としてゆく。一枚を見るのに1秒もかからない。ときどきはっとするような写真を見つけて、手が止まる。あとは、半透明のビニール入りの写真を出さなくては見られないので少しいらいらする。裏を見ることはない。男か、女か、年齢もわからない。最初のセレクトとはそういうものだろう。約1時間半。もう少しかかったかな。ハイスピードで選んだ。この集中力は、撮影に似ている。途中一回休憩しただけだ。約100数十枚選んだ。すごく巧いなと思ったひとたち、たぶんべテランだ。多い人は、20枚ぐらい応募してくる。それはなんでも多すぎ、組写真じゃないのだから。ひとり数枚にしてほしい。印象に残ったのは10名ぐらいだろうか。ここで昼食。近くの古くからある洋食屋さんでお弁当を食べる。コーヒーを飲み、1時半ぐらいから始める。
今度は、その100数十枚を、4つにわける。すごいくいい。よい。ひっかかる。まあまあ。そして落とし。金賞2点、銀賞8点、銅賞18点。金賞候補は、4点あった。その他、銀賞、銅賞合わせて、28点にしぼる。そこで裏を見てみる。年齢が高い。若い人で40代。50、60代、70代もいる。これが僕の知らなかった、日本のアマチュアたちか。
金賞候補4点を2点にしぼらなければならい。どれも内容、力量とも互角。ある理由で、2点に絞る。理由は、日本カメラに1月号でのお楽しみ。金賞を逃した2点をのぞくと、銀賞はあと6点。すぐに決まる。と、そのとき、風景が一枚も入っていない。どの写真もスナップや人物だ。理由はある。僕の好き嫌いばかりじゃない。風景写真は、どんなに綺麗でも、どこかで見た風景だ。もちろん見たこともないような、風景写真だったら当然入る。風景写真はいっけんとっつきやすい。だからアマチュア写真家は、皆撮る。でも、本当は、もっと深い。風景写真は簡単には撮れない。なぜなら、風景は圧倒的に本物がよいからだ。写真で風景を撮るのは、本当に難しい。難しいと思って、これぞというのがあるのなら、見てみたいし、金賞だって撮るチャンスがあるだろう。そう思って、もう一度、セレクトした写真のなかから人間が写っていない写真を数点選ぶ。なかなか良い写真だ。簡単には撮れない写真だろう。
終わったのが3時。とても順調に終わった。この評を、約1ヶ月の間に書かなくてはならない。ちかじか1日かけてかくつもりだ。
20日に、写真集のツカ見本ができることになったが、ADの原さんがその時間打ち合わせで、見本をみるのが夜の11時になってしまった。その日は、とても流動的で、夕方hanaさんが写真展をしている阿佐ヶ谷住宅に行こうと思っていたが、取りやめることになる。そしてもともと約束していた、S社のKと、青山二丁目の寿司屋で食事。カウンターだけのしゃれたすし屋、客は半分以上が女性だけ、美味。でも、興奮して話をしていて、味がよくわからなかった。彼はもとは、週刊Pにいたので、付き合いがながい。その後、8時半に編集部に戻りたいといっていたKを無理やり、新宿に連れ出す。バーN.文壇バーで有名な、風花の近く。そこの若いママのことは、Kも知っている。
すいていたので、ママと女の子と4人で話し込む。
途中、K社の編集Iが、店に電話をしてくる。翌日、会う約束だった。そうしたら急遽、今日になったけど、どうかという。沢渡さんと一緒だという。
客が数人きたのと、11時に広尾に行かなくてはならないので、
Kとでることにする。無理やり広尾まで送らせる。後半、ペースをおとしたが、結構飲んでいた。
11時につくと、ツカ見本があがっていた。紙を選び、細かい打ち合わせをして、12時ぐらいにでる。
この写真集の担当、Tと一緒に新宿に行く。そこでIと待ち合わせていたのだ。
僕の写真集の担当Tも以前沢渡さんにあったことがある。
僕は、今回の写真集の時代、1972年から1975年、篠山さんのアシスタントをしていた。当時、今の六本木ヒルズの敷地内に六本木スタジオがあった。スタジオの3階に、篠山さんと沢渡さんがオフィスとかまえていた。間に助手部屋と、暗室、機材室があった。それぞれに3人ずつ計6人のアシスタントがいた。暗室とそこは、共用だ。だから僕は、ある期間の沢渡さんの仕事をすべてみている。暗室担当が替わったときなど、プリントの調子を見てあげることもあった。「そんな焼きじゃだめだよ、沢渡はもっとこういう調子にしなければだめ」とかほとんどどっちの助手なのか分らない状態だ。そのことの、篠山さん沢渡さんは、大スターだった。写真家としてスターというより、メディアのなかでも、スターだった。まるで芸能界のようにキラキラしていた。
助手の間、沢渡さんと話したことはない。篠山さんは先生だったので、たくさん話した。
フリーになってから、スタジオで会っても、普通に挨拶するだけだった。撮影会の講師で何度か短い会話をした。
だから、きちんと会って話をするのは、初めてだった。少し、緊張した。
1時ぐらいにIと沢渡さんがやってきた。いろんな話をした。学生時代のこと、僕はまるで取材するみたいに、聞いた。大学時代はCanonのVT、(もしかしたらVL)を持っていた。35mmと135mm。同級生だった篠山さんはミノルタオートコードしかもっていなかった。カメラを貸すと、とても巧くて、すぐに自分のものにするのが早く、篠山さんは最初からものが違うと言った。・・・・・・などなど、結局5時過ぎまで飲んだ。僕は翌日10時におきて、打ち合わせがあったので、そこで帰ることに、他の皆はそこからゴールデン街にながれた。またこんど、話を聞こう。きちんと忘れないうちに何か書いておかないと。


|

« 写真集の作られ方Vol.02 | Main | 10.21新宿騒乱とGRDの誕生日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本カメラ選評、深夜、新宿で沢渡さんと飲む:

« 写真集の作られ方Vol.02 | Main | 10.21新宿騒乱とGRDの誕生日 »