« GRブログに登場 | Main | 今日、11月29日は、一ノ瀬泰造の命日だ。 »

2006.11.29

田中長徳と12月4日(月)の夜トークショー

Dm_
今日に限り、田中長徳氏のBLOGが、会員じゃなくてもう読める。というのは、彼が僕のことを書いてくれたからだ。12月4日、夜にトークセッションをするためでもある。
長徳氏というか、チョートクは、日芸のひとつ先輩だ。クラブの先輩、一ノ瀬泰造と同学年だ。ちなみに今日は、一ノ瀬泰造の暫定命日だ。
長徳氏と一ノ瀬はある意味正反対だ。都会育ちと、九州、佐賀のさらに田舎育ちだ。だから当然長徳は時代の先端のコンポラ写真にはしり、一ノ瀬は地道にも、そして革命的にも、戦争写真に走った。実はあの時代そのどちらもが、写真のメインストリートではなかった。なにしろその前に走る、スター写真家の時代だったのだ。今はその話ではない。
僕は大学時代ひとつ上の長徳氏を知らなかった。名前ぐらいは聞いたことはあっても、会ったことはなかった。サークルや、その後の学園紛争で、1968年の5月から1969年の5月まで、大学は封鎖されていたので、会う機会もなかったのだろ。だからニコンサロンで最年少写真展をしたことも知らなかった。
知ったのは卒業して、僕は就職さきが決まらず、日本デザインセンター(NDC)の暗室のバイトをしているときだった。長徳は、NDCに前年入ったまだ新人のカメラマンだった。彼がどのくらい商業写真家として役にたったかは分らないが、回りから長徳がどのくらいすごいのかをそのとき教えられた。いくつかの彼の写真を雑誌でみて、ちょっと驚愕した。が少し無視した。なにしろ、たった一つしか違わないのに、「デキル」っていう雰囲気があったからだ。昼休みなど一緒のとき、いつもカメラを持ち、ふとシャッターを切っている。僕はあんまりカメラの種類に興味がないので、そのときのカメラがなんだったか忘れたが、当然レンジファインダーだった。その撮り方がかっこよく、この人は商業写真家じゃないんだと思った。
その後、昔のことでよく覚えていないが、長徳の結婚式に出席した。目白のカテドラルだった。2次会をしたが、僕は長徳やその友達の写真を撮りまくっていた。撮った写真を、ミニ写真集にして、あげようと思って作ったが、そのままになってしまい、いつのまに紛失した。実はそのときの写真を一枚も彼に見せていない。今回写真展のために昔のコンタクトプリントを見ていたら、あった、あった。でもそこからプリントすることはなかった。長徳はコンポラ写真の旗手だ。最近出版した、1966-2006という写真集があるが、断然、ほれぼれとするぐらい、昔の、青年、田中長徳の写真は色っぽい。長徳はセンターをやめて、クラッシクの歌手である奥さんについてウイーンに行った。ある日8x10で撮ったニューヨークの写真の、等倍(8x10)のポストカードをもらった。誰にもらったのかは、忘れた。イメージサークルがたりず周辺が黒く丸く落ちていて、めちゃめちゃかっこよかった。なんておしゃれな写真家なんだと思った。そこまで確実、長徳はアーティストだった。もちろん今でも彼は写真家なのだが、写真機家としてあまりに有名になりすぎたことは、ちょっと不幸だなと思った。彼は天才なのだ。だから、もっとももっと撮って欲しいし、もっともっと昔のように、風を切るように、スナップしてほしいなと思っている。などと自分のことを棚にあげて、書いたが、実は、僕は長徳氏と飲んだことも、飯をくったことも、長く話したこともない。ついこのあいだGRDのカレンダーの選者として、少しばかり断片的に話したが、それがいままでの最長だ。僕は昔から長徳を尊敬しているし、もちろんその才能をだけど、こうやってなんだか同じ土俵に僕達があがるのが、とてもうれしい。
12月4日(月) 7-8時にトークショー)その後もだらだらと、どこかで。・・・

|

« GRブログに登場 | Main | 今日、11月29日は、一ノ瀬泰造の命日だ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 田中長徳と12月4日(月)の夜トークショー:

» 僕らはここに今を・・・ [名言 格言]
僕らはここに今を生きているんだよ。(ジョン・レノン) [Read More]

Tracked on 2006.11.29 01:30 PM

« GRブログに登場 | Main | 今日、11月29日は、一ノ瀬泰造の命日だ。 »