« RICOH GRD BW Photographs | Main | 謹賀新年2007 横木安良夫 »

2006.12.31

写真のトリミングとフレーミングとCReCo

1229ayagrd3
29Dec.2006 Tomigaya Tokyo Japan GRDigital BW Mode Jpeg CReCo

写真を見ていて、なんだか気持ちが悪い。下の写真だ。飲みすぎで気分が悪いわけじゃない。自分が撮った写真、それを昨日UPした。GRDで撮られたその写真、オリジナルからトリミングをしている。理由は、GRDをモノクロでとる場合、通常は2:3のアスペクトに最初から設定していることが普通だからだ。カラーは通常のアスペクト比。ただこの日は、カラーとモノクロ混在していたために、2:3になっていなかった。だからCReCoするときに、2:3にトリミングした。ところが、単純に等分に天地を切ると、足が切れてしまうことになる。なので、下を基準に天(空)の部分だけトリミングして、35mmアスペクトにしてみた。ただ最初から2:3で撮っていれば絶対に足元までバランスよくフレーミングしているはずだ。
GRDは、28mm相当のワイドレンズだから、いってみれば画面の周辺、この写真でも足元はレンズのディストーションで伸びている。
ワイドレンズの構図は微妙でレンズの周辺の歪みが、全体の印象に影響する。(その点、望遠レンズはトリミングをしても丈夫だ。パースペクティブがあまりないからだろう。
この場合天だけを切ったことにより、左側のタクシーの存在と、その背後にある電信柱が、奇妙に主張はじめ、全体のバランスを崩してしまった。ならばと、左側をトリミングしてみた。主題からはずれて邪魔だと思ったからだ。でも2:3の写真を単純にトリミングしたのではなく、オリジナルの写真から左部分だけをトリミングしてみた。
僕は基本的に、撮影後トリミングはほとんどしない。もちろん印刷原稿としては、デザイナーにトリミングされることは覚悟している。特に、商業的な写真(広告でも雑誌でも)の場合は、かなり大胆にトリミングされていも気にしないことが多い。まあ、それでも若いときには、トリミングされることに敏感で、デザイナーとしょっちゅう衝突した。が、今は、文字が入ったりして、それで商業的な作品として成立するわけだから、気にならなくなった。ただ、写真だけを提示する場合は、ほとんどトリミングすることはない。撮影のときに、どんなアスペクト比、そしてフレーミングするかは、最初から考えているのが普通だ。もちろんそんな作業は直感だが。
ところが、邪魔だからと、単純に左を切っただけでは、やはりバランスが悪い。パースペクティブが狂っている。たしかに、コートのリボン(ベルト)がこの写真の主題だとすると、明確にはなった。しかし明確すぎて、かえってつまらなくなっている。この場所で偶然見つけた感じが失われているだ。
このあたりが、トリミングの一番難しいところだ。左を切るならば右も切ったほうがよい。撮影でありえるフレーミングのほうが、自然だ。それは、長くワイドレンズを使っていると、自然に身につくワイドの世界なのだ。
僕はワイドレンズが好きだから、なんとなく、ありえないワイドの世界に違和感を感じたんだと思う。
下が、オリジナルの写真だ。他の写真は見ればわかるとおりCReCoして、濃淡の調整をしている。オリジナルのこのなんにもしていない写真のよさもあるが、僕はあまり、クリアーなものより、ちょっと汚れた絵がすきなので、大幅に原画を破壊することになる。トリミングには敏感でも、暗室作業、デジタルだったら明室作業、僕のことばでいえばCReCoだが、いかに現実を、異化するか、いってみれば新品の枕より、使い込んだ枕が寝心地がいいのに似ている。銀塩モノクロプリントも、好きなように焼く。だからデジタルも同じ考えだ。
それで、結論としては、オリジナルのフレーミングそのままを、CReCoすることにした。一番上の写真だ。
不思議なことにオリジナルは、左側のタクシーも、電信柱も、必然で、さして気にならないし、この写真の空間に深みを与えている。タブローではなく、現実にあったことの、引用が強調されている。めでたしめでたしなのである。と、このように、写真家にとって、世界をどのように切り取るか、そしてレンズを通した世界は、現実とどんなかかわりがあるのか、そのかかわりこそが、絵画と根本的に違うものだと思っている。絵で描けるものを、わざわざ写真に撮る必要なんてないのだ。デジタル時代になり、広告は、ほとんど、合成写真だ。映画を見ても、CGばかりである。その気持ち悪さは、きっと映像世界の持っている、「現実世界」といかに向かい合っているかが、欠如している退屈さなんだと思う。
結論としては、オリジナルの写真をCReCoした写真が、やはり一番よかったということになった。
1229ayagrd_1

1229ayagrd2

1229ayanooriginal


Tyc_coverhyou280blue

横木安良夫写真集 「あの日の彼、あの日の彼女」
teach your children 1967-1975
文・角田光代

写真集詳細
★2006年12月15日発売 アスコム 定価税込み ¥3,990 
352ページ (写真324ページ) 大型本 モノクロダブルトーン ソフトカバー

横木安良夫HomePage

アマゾンにて購入できます。
天地21x24.5cm 

横木安良夫写真集「あの日の彼、あの日の彼女 1967-1975」文・角田光代詳細

●特装版
Tyctokuso1000_1
BlitzInternationalにて、ネット販売をしています。
写真集に載っている写真のほとんどは、デジタルアーカイバルプリントとして販売しています。

2007年1月19日~3月3日まで、オーチャード・ギャラリー・アート・フォト・サイト・名古屋で「Teach Your Children1967-1975}」あの日の彼、あの日の彼女展を開催します。

|

« RICOH GRD BW Photographs | Main | 謹賀新年2007 横木安良夫 »

Comments

「この場所で偶然見つけた感じ」
来年も横木さんの素敵な写真 楽しみにしております。
よいお年をお迎えください!

Posted by: hana | 2006.12.31 03:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 写真のトリミングとフレーミングとCReCo:

« RICOH GRD BW Photographs | Main | 謹賀新年2007 横木安良夫 »