« 角田光代さん アサヒカメラ 日本カメラ | Main | コダクロームの終焉と誕生 »

2006.12.18

モノクロ日和の日 コダクローム

Coverobiarinashi
横木安良夫写真集「あの日の彼、あの日の彼女 1967-1975」文・角田光代
写真集は、アマゾンで購入できます。
特装版写真集は、BlitzInternationで販売しています。
写真集に載っている写真のほとんどは、デジタルアーカイバルプリントとして販売しています。

Rimg0018cr
DEC.2006 Shimouma Setagaya Tokyo GRDigital ISO 64 JPEG

午後、外はモノクロ日和だった。晴天の冬は、日中でも影がながい。今日は風もなくさほど寒くもない。小春日和?僕は昔からこんな日には、カメラにモノクロを詰めて、家の周りを撮る。特別遠くに行く必要はない。ほんの散歩のつもりでぶらぶらあるく。街は光と影がおりなすグラデーションで、いつも見なれた風景をすっかり変えてしまう。今はデジタルカメラになって、冬のカラー写真の発色を心配することもないので、冬の街をカラーで撮ることも可能だ。でもやはりモノクロが綺麗だ。冬の日本が苦手だったらフィルムといえば、コダクロームだ。ポール・サイモンのヒット曲もある。あの深い、濃厚な発色は日本の冬にあまり向いていなかった。僕は冬の撮影は、かならずエクタクロープロフェッショナルを使った。ストロボを使えば、もちろんコダクロームでOKだが。自然光だけのときは、気が抜けたような発色になった。特に、冬の九十九里と相性が悪かった。コダクロームは、カリフォルにで撮るのが一番綺麗なんだろう。そういえば、そのころヨーロッパでも、コダクロームではなく、エクタクロームが主流だった。
そんな、コダクローム64が日本では販売終了になる。実は僕はもうずいぶんまえからコダクロームを使っていないのでさほど感傷的ではないが。それは1990年代、フジのベルビアが発売された頃が変わり目だ。それまで、コダクロームは、魔法のフィルムだった。35mmカラーフィルムといえば、コダクローム。それ以外のフィルムは、特殊だった。少なくとも僕は、そう思っていた。だから広告のB倍ポスターだって、コダクロームの写真が多かった。僕がやっていた、コーセー化粧品のポスターだって、コダクロームだった。120ブロニーフィルムより、ずっと印刷に向いていたのだ。ただ、そのころ東洋現像所、後にイマジカしか(わずかに堀内)とりあつかっておらず、しかも現像は常にノーマルだけ、なにより露出に一番気をつかうフィルムでもあった。コダクロームについていは、以前になんども、BLOGに書いている。それを読んでもらうとして、何しろコダクロームは、世界最初の実用カラーフィルムだった。それが永遠といままで行き続けていることじたいが、奇跡だ。ロバートキャパは、発売された数年後には、コダクロームを使用している。コダクロームは、耐久性にすぐれ、キャパの50年以上も前のフィルムが、近年発見され、その発色が少しもそこなわれていなかったことは、驚くべきことだった。キャパの最後のカラー写真も、コダクロームで撮られている。
Capalastshotcolor11_1
1954年5月25日 インドシンナ、現ベトナム、ハノイ南東、赤河デルタの町、ナムディンから、タイビンをすぎ、タンネ(現キエンスオン)の入り口付近、午後3時ごろ。キャパはこの最後の写真を撮影。直後前方の土手にのぼり、地雷を踏んで吹き飛ばされた。右手にはコンタックスが握られ、近くにニコンSがころがっていた。ある意味キャパは自分の死の場所を撮影している。Photo by Robert Capa (ロバート・キャパ最期の日より転載
このコダクロームは、コダクロームⅠで、感度はASA(ISO)10、もしくは12.
コダクロームは多くの傑作写真を生んだが、キャパの最後の写真は歴史にのこる一枚だろう。
僕がアシスタントの時代は、ISO25のコダクロームⅡの時代だった。いわゆるKⅡだ。KXという64のフィルムもあったが、ほとんどKⅡだった。KⅡの色の素晴らしさは、いまでも語り草だ。しかし、僕がフリーになるころ、KRこと、コダクローム64が主流になった。KMというコダクローム25は、乳剤が安定せずつかいずらかった。しかし、KⅡからくらべると、その発色は不満があった。そして90年代、僕はフジ、ベルビア、プロビアに完全にシフトする。今でも、銀塩フィルムは、プロビア、RDPⅢを使っている。たった一種類のフィルムでも、フィルターワーク、増減感によって、フィルムの発色、コントラスはずいぶんとかわる。
家の近くをモノクロスナップ
Rimg0128cr
GRD
Rimg0051cr
GRD
Rimg0077cr
GRD
Rimg0093cr
GRD
Rimg0153cr
GRD DtoH

|

« 角田光代さん アサヒカメラ 日本カメラ | Main | コダクロームの終焉と誕生 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference モノクロ日和の日 コダクローム:

» コダクローム64が日本で販売終了 [素人写真家の日記帳]
なんてことだ [Read More]

Tracked on 2006.12.19 05:30 AM

« 角田光代さん アサヒカメラ 日本カメラ | Main | コダクロームの終焉と誕生 »