« January 2007 | Main | March 2007 »

28 posts from February 2007

2007.02.28

明日からベトナムに行く

明日から、2年ぶりにベトナムに行く。1994年にはじめて行ってから、2年も行かなかったことは初めてだ。この間に、知り合いのカメラマンが二人ホーチミンに住んで、仕事をしている。うらやましいなと思う。今回の仕事の内容はまだ秘密だが(もちろんそんなおおげさなくとではないが、まあ、弱冠のサプライズはあるが)、4月になれば紹介できると思う。明日は朝、成田からハノイに向かい1泊して、クルマで少数民族の住むバクハに向かう。あま、あたりさわりのない写真や、旅行のエピソードはUPするつもりだ。数日でハノイに戻り、ホイアンを撮り、最後に1泊だけホーチミン市に泊まる。約10日間の行程だ。
下の写真は2003年に撮った写真。カメラは発売前の、EOSKISSDigitalで撮った。
彼等は花モン族 世界で一番美しい服を着て、日常生活をしている民族だ。服は母親が作るという。昔は着替えることもなく、一年中この服を着ていたらしい。シャワーは1年に1回。でもいまや刻々と変化している。
003img_1133m1

051img_1246m1

052aimg_1241m1

今回、彼等の住む、村にも行く予定だ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2007.02.25

black frame #052 #053 #054#055

Childrenspark01
black frame #052 children's park 070225

Childrenspark02
black frame #053 children's park 070225

Childrenspark03
black frame #054 children's park 070225

Childrenspark04
black frame #055 children's park 070225


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Anoc1001


写真集「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」

●1月19日(金)~3月3日(土)まで、ギャラリー・オーチャード・アート・フォト・サイト・名古屋で、昨年12月に渋谷パルコで開催した★横木安良夫写真展「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」展を巡回開催しています。


以下、これまでのBLOGのINDEXです。

■写真集「あの日の彼、あの日の彼女」関連
写真集「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」詳細 
写真集、写真展関連INDEX
teach your children 1967-1975
11月23日 写真展とスポッティング
11月9日 横木安良夫写真展情報
写真集、偶然写りこんでいる有名人・・・。他
偶然捕らえられた、1968年9月12日の重信房子
1974年、増水する渋谷川
角田さんとの写真展トークショー
安珠トークショー
VS田中長徳、VS藤代冥砂トークショー
渋谷パルコ、横木安良夫写真展初日
田中長徳について
写真集の作られ方
アサヒカメラ、日本カメラ、CAPA
銀塩プリントをした。
書店の人はどんなことを思っているんだろう。


■RICOH GRD 関連
DtoH 地平線までの距離  これは、GRDで撮影するプロジェクトだ。
GRD誕生日と、1968年の新宿騒乱
GRDブログにぼくが登場しています。
モノクロ日和の日
GRD作品2006年12月30日
GRDのストラップ

2005年12月17日 GRD ファーストインプレッション

2005年12月9日 リコーGRデジタル モノクロ撮影 その1
DtoH大竹海岸
DtoH「波」大竹海岸
DtoH 沖縄

■最新blog
日本カメラ選評と、沢渡朔
小説現代、矢作俊彦と沖縄にゆく


■コダクローム関連
コダクローム終焉と誕生
●コダクロームについてのblog「僕のコダクローム」ポールサイモン

●「僕のコダクローム 沢田研二」

■ロバート・キャパ関連
ロバート・キャパ最期の土地が消えた
赤城耕一と、ニコンSと、ロバート・キャパ
ロバー・キャパ最後の土地が、韓国資本の靴工場になる。 「ロバートキャパ関係」strong>●
ロバート・キャパIN SAIGON
リチャードウイーランの伝記では、キャパは、1954年4月、日本滞在後、バンコクからハノイに行っていると書かれているが、実際はサイゴンから、ベトナムに入っている。
■「ロバート・キャパ最期の日」のBLOG
キャパ・イン・カラー写真展開催中 その1はここをクリック
●「ロバート・キャパ最期の日」本の紹介
●ロバート・キャパ最期日の書評など
1954年4月13日、日本到着から5月25日地雷を踏むまでのロバート・キャパの足取り
ロバート・キャパ写真展「ロバート・キャパ・イン・カラー」 その1に行く
●ロバートキャパのピンボケ写真と、僕のピンボケ写真

ETC
1955年千葉県市川市立国府台小学校 新一年生と5年生のクラス会 写真
今日は、一ノ瀬泰造の命日だ

■横木安良夫オフィシャルホームページ関連
WORKS 横木安良夫仕事
CONTENTS
ALAO YOKOGI PHOTOGRAPHS
GIRLS 横木がプライベートで捕らえた、女性たちの写真GIRLS IN MOTION  JR大塚駅前
ガールズ イン モーション クルマ雑誌で連載していた、シリーズPROFILE
阪神大震災の写真

■デジタルカメラ関連
2000年に書いたデジタルカメラ論と、インプレッションCFカードの事故、そしてレスキュー
■写真撮影関連
nifty.com/the_eye_forget/2006/02/post_bf58.html">スタジオライティングプロの現場
デジタルで撮れない大型カメラの世界 その1
超広角レンズのゆがみを取る方法?

■銀塩、デジタルプリント関係
写真のトリミングとフレーミング そしてCReCoEPSON PX5500 インクジェットプリンター カラー性能
 日本カメラ2月号 銀塩写真デジタルモノクロプリント

■「ポラロイド関係」
ポラロイド195ランドカメラとネガつきポラロイドモノクロフィルムType665


■肖像権関係
11月11日肖像権と写真展
マニュピレーション 肖像権関係 その2
後姿 その1 いまやスナップ撮影では、後姿を撮ることが多い。肖像権の問題もあるし、これからますます後ろ姿を撮ることがさかんになるだろう。
マニュピレーション肖像権関係 
その2
●盗撮、盗み撮り、キャンデットフォト、スナップ写真 その1
●盗撮、盗み撮り、キャンデットフォト、スナップ その2


●2006年2月TOPICS
TOPICS

スタジオライティングプロの現場
東京ビルヂング
表参道ヒルズ 30年前の写真を交えて
2月6日 写真いついて
恵比寿写真倶楽部 撮影会 佃
外山ひろみさんのブログ
阪神大震災 11年目の1月17日
東京都写真美術館 「発掘された不滅の記録 1954-1975」ベトナム

日本経済新聞に写真展写真が紹介される。写真展 オープニングパーティ
写真展 1974年 神宮球場 長島と王
1月10日 写真展「TeachYourChildren1967-1975」初日
1月6日 写真展の設営 
銀塩デジタル、ハイブリット・モノクロプリント
写真展「TeachYourChildren1967-1975」コンタクトプリント
12月15日 GRD GUERRERO NEGRO MEXCO
12月9日 六本木 バーガーインがなくなった。


ベトナム取材コーディネイトの杜国忠(ド・クォク・チュン)
ライトペインティング TwilightTwistトワイライト・ツイストについて。
フィルム感度って何?ISO ASA DIN SEKONIC STUDIO S 入射光式露出計
明るい部屋の謎
不許可写真その5
すがやあゆみ写真展 障害はブランドだ!
不許可写真その2
フルサイズデジタルと、アスペクト比
肖像権侵害とEos5D
肖像権侵害 その5
肖像権侵害 路上スナップ35万の支払い命令
銀塩式デジタルプリント日本カメラ11月号 デジタル写真直感レタッチ(クリエーティブ・コントロール)
危険な遊具
アサヒカメラ10月号
高田渡 ぐわらん堂 1974年
後姿 その2
Eos5D発売 35mmフルサイズデジタルなんていらない!?
岩根愛 グループ展
1970年 船橋無線送信所跡
千葉県市川市、国立国府台病院 1970年
写真展 Teach Your Children 2006年1月
●茅ヶ崎パシフィックホテル その1
1967年 市川駅
あゆの恋 ネットアイドル すがやあゆみ
写真の粒子、ノイズ
写真お見せ方、コンポジット
TeachYourChildren
●盗み撮りについて
写真ジャンルの羅列です
ART PHOTOGRAPHS & NEWS 写真プリント販売について、考えるサイト
写真の粒子について Grain その1
その2
●粒子のあるデジタル写真
アート・フォトって何! ギャラリーブリッツにて
アートフォト、インテリアフォト

●デジタル写真で何ができる その1

その2
その3
オリジナルプリント販売について
オリジナルプリント販売とは? その1


その3
エミリーブロンテ 「嵐が丘」 の舞台で、かつて撮った写真
●EosKissDigital Nを 6歳の娘に奪われた その1
●デジで本 アサヒカメラで評論
3月3日から12日まで、アメリカウエストコースに行った。

●なぜオーバーランするの JR西事故

「阪神大震災関係」
「M7.3子供たちがみたもの」TOP 阪神大震災から10年、当時まだ幼く何も語らなかった彼等は今十代になり、震災について何を重いっているのだろうか。その本についてのブログ。
「写真関係」
2mフォトグラファー、小堀正一

「そのほか」
怪獣映画「ゴジラ誕生50年だったな」
流行通信
40年以上も前のクリスマス
ベトナムのモデル1
ベトナムの女優写真
ベトナムNo.1の歌手、ミイ
タム

ベトナムのモデル2
ピンクレディ キンスマ
ピンクレディ2
若いお巡りさん
横木安良夫のHomePage
横木安良夫のプロフィール 詳細をUPしています
デジタルカメラで作る、本格的な写真集の作り方「デジで本」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.22

black frame #051

Intersection070202
black frame #051 intersection 070202

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.21

black frame#049

Metro070221
black frame #049 metro 070221

Metro060702dtoh
black frame #50 metro 060702

下の写真はDtoH(Distance to the Horizon~地平線までの距離)から引用している。
DtoHは、写真の一手法だ。誰でも考えつくこと。僕も三脚のない記念写真のときには、道においていた。
新シリーズ、「black frame」でもこの手法はたびたび使っている。
Distance to the Horizonのflickrです。参加してください。

black frameのコンセプトは、いまはまだ明かせない。当分続けるつもりだ。そのうち明確になるだろう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.20

black frame #048

Waitingroominweddinghall070220
black frame #48 waiting room in wedding hall 070220


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Anoc1001


写真集「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」

●1月19日(金)~3月3日(土)まで、ギャラリー・オーチャード・アート・フォト・サイト・名古屋で、昨年12月に渋谷パルコで開催した★横木安良夫写真展「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」展を巡回開催しています。

写真集「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」

| | Comments (2) | TrackBack (0)

black frame#045#046#047

Studio_070219
black frame #045 studio 070219

Riverside02
black frame #046 riverside 070219
「Distance to the Horizon」 Flickr

Riverside
black frame #047 riverside 070219


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Anoc1001


写真集「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」

●1月19日(金)~3月3日(土)まで、ギャラリー・オーチャード・アート・フォト・サイト・名古屋で、昨年12月に渋谷パルコで開催した★横木安良夫写真展「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」展を巡回開催しています。

写真集「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.18

black frame#042#043#044

Bus_070217
black frame #042 bus 070217 (写真をクリックすると拡大します)

Waterfall070218
black frame #043 waterfall 070218

Lovers070218
black frame #044 lovers 070218

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Anoc1001


写真集「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」

●1月19日(金)~3月3日(土)まで、ギャラリー・オーチャード・アート・フォト・サイト・名古屋で、昨年12月に渋谷パルコで開催した★横木安良夫写真展「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」展を巡回開催しています。

写真集「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.16

Nürnberg 2001

Garman2001
Nürnberg Deutschland 2001


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Berlin#004

Berlin004
Berlin #004 2001

Garman0002
撮影地不明 ドイツのどこか 2001


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Berlin #007

Berlin007
Berlin #007
ドイツには、何度もいったわけじゃない。通過したことは、何度もあるがきちんと立ち寄り、写真を撮ったのは3回だけだ。
初めて訪れたのは、1976年、ある雑誌というより、月刊プレイボーイの取材で、東ドイツに行った。モスクワ経由だったと思う。当時、冷戦時代、社会主義の国に入るにはそれなりの緊張感があった。ベトナムは、統一され社会主義になり、中国は不気味な時代であった。まだカンボジアはポルポトの時代だったろうか。ドイツは西と東に分断され、東ドイツは、DDRと呼ばれていた。今でも社会主義の国ではたいがいそうだが、ホテルに着くとパスポートを預ける。そして公安がチェックする。東に入る前に、いろいろリサーチしたら、盗聴されているので、部屋のなかでもうかつなことは話さないほうがいいと助言するひともいた。そしてきちんと、通訳とドライバーがひとときもはなれずついていた。ガイドは白髪の恰幅のよい、シューベルツという名だった。見るからにインテリ、服装もきちんとして、ドライバーはみるからにブルーカラーの風貌だった。
でも実際入ってみると、きっとかつてのヨーロッパはこんなだったなというぐらい、町はのんびりとした時間がながれていた。遊覧船で川くだりをした。クルマはぼろぼろのトラバントだった。夕食はいつも、豚の料理、どの街、どの村も人が少なく、寂しかった。名前だけのディスコ。それは、まるで地方の公民館のパーティ会場みたいにノリもなく、惨めなもんだった。一番印象的なだったのは、東ベルリンだ。今のベルリンは、ドイツの首都、いやもうヨーロッパのなかの巨大な都市になっているが、1967年の僕は、東ベルリンだけしか見られなかったのだが、地下鉄に乗ると西ベルリンの駅は通過した。こんなふうに、東側から西ベルリンを見た人は少ないと思う。
でも、当時の僕はあまりに若く、東西問題にはさほど興味がなく、東ドイツのそのままを受け入れて、写真を撮った。その写真のほとんどは、倉庫に眠っている。そうそう、広場にはテレビ塔がそびえていて、上った。その後ぶらぶらと歩いたら、キャットスティブンスの新譜LPが発売されたばかりで、長蛇の列だった。東でも音楽は一緒、電波に国境はなく、西の音楽がもてはやされていた。興味がわき、ドイツのロックを買った。かなりアバンギャルドなロックだった。
Ddr1976eastbelrin
東ベルリンのコーヒーショップにて、1976年

2回目に行ったのは、西ベルリンだ。80年代前半だったと思う。矢作俊彦とスペインパンプローナの牛追い祭りを友人達と、ヘミングウエイごっこをしたときだった。このとき、パリを中心に一月ほどうろうろした。雑誌は創刊したばかりのスコラで短期集中連載として発表した。小説矢作、当然僕が写真だ。行く前、たまたま某雑誌(月刊プレイボーイ)に、そのことを話したら、ちょっとベルリンを見にいってくれといわれた。弱冠の取材費がでた。というのも、ほとんどの壁は二重になっていて、その緩衝地帯には、地雷が埋められているとうわさされ、そこにはなんと野うさぎが異常繁殖しているというのだ。僕は当時のガールフレンドと西ベルリンに行った。当時の西ドイツはとても寂しかった。6月末、バカンスシーズンのせいだろうか、学生も少なく、アーティストもさほどいない、ヒッピーがいたろうか、ゲイも多かった、西ベルリンの町もひっそりとしずまりかえっていた。どこか地方の学園都市の夏休みといったあんばいだった。これじゃ数年前に行った、東ドイツとさしてかわらないと思った。
バウハウスもがらんと人がいなかった。そのまえで商売していたホットドッグ屋がめちゃくちゃうまかった。とうじ、西ベルリンに住めば徴兵がないとのことだった。何しろ東ドイツ内の陸の孤島、人質みたいなものだ、いつ東側に蹂躙されるかわからない。だから緊張感はあった。
友人のつてで僕と同年代の通訳を紹介してもらったが、彼にうさぎの話を説明するために、西側の雑誌の切抜きをわたしていた。西側の取材(見物)を終え、東に日がえりだったら入れるというので、チェックポイントに向かった。そのとき、通訳の彼に西の雑誌をあずけていたので、それが発覚、僕ら3人はとも、東ベルリンに入れなかった。残念だった。どうしても見たかったけれど。
その後数度、ドイツ国内は例えばフランクフルとや、ミューヘンに行った。アウトバーンも数度走った。
なんてあまり問題意識をもたないまま、絶対になくならないと思っていた壁が消えた。あっけないものだった。
2001年、ベルリンを訪れた。違う国がそこにあった。西ドイツをクルマで走り回った。僕の記憶のなかのかつての
東ドイツと西ドイツは、どこかに消え去ってしまった。それでもドイツの町はうら悲しい。なんでだろう。30年ねんぶりに訪れたドレスデンの夜。昔と同じように寂しい夜だった。
Belrin001
Escalator Berlin 2001

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.15

berlin #003 2001

Berlin003
Berlin #003 Berliner Mauer 2001


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Berlin 2001 #002

Berlin2001002_1
berlin 2001 #002


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.14

Berlin #001 2001

Berlin005
Berlin 2001#001


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.13

black frame#039#040#041

Studiam_070213
black frame #039 studiam 070213(写真をクリックすると拡大)

Pleasure_district_070213
black frame #040 pleasure district 070213

Pleasuredistrict070213shibuya
black frame #041 pleasure district 070213

CReCo 明室テクニック 改訂版

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Anoc1001


写真集「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」

●1月19日(金)~3月3日(土)まで、ギャラリー・オーチャード・アート・フォト・サイト・名古屋で、昨年12月に渋谷パルコで開催した★横木安良夫写真展「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」展を巡回開催しています。

写真集「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

名古屋でWorkShop写真展#35#36#37#38

「あの日の彼、あの日の彼女 1967-1975」写真展、写真集、ワークショップGasstationkomaki
black frame #35 gas station 070210
★black frameのシリーズは、番号と、短いキャプション、そして日付だけをいれて、細かい説明はしないシリーズだ。これからもそうなるが、今回は特別は、TEXTをつけてみる。いわば撮影の裏話になる。
名古屋での写真展とワークショップのために、朝7時に東京をたち、一路東名高速をとばした。東京、名古屋間は320キロ、中間点は静岡市だ。そのさき、牧の原で朝食。ここの朝のバイキング定食は安くて品目も多い。800円。ねらい目。食後、クルマも燃料補給。そこで撮った写真だ。カメラはGRD。JPEG。AWB。いつものことだ。こんな風景が僕は好きだ。カリフォルニアにいくとこんな、寂しい風景がありふれている。ガソリンスタンドってどうして寂しいんだろう。

Cross_walk_070210
#36 cross walk 070210
ギャラリー・オーチャードに寄り、荷物を降ろしてホテルにクルマをおきに行った。ホテルからギャラリーまで歩いて10分。前方に名古屋ギャルが歩いていた。近づいて背後からノーファインダー。

070210works
2時からのワークショップに30名ぐらいあつまった。皆とても熱心だ。なんだかんだと、5時過ぎまで。その後もギャラリーで雑談。そして二次会を近くの居酒屋で。なんとほとんどの人が参加した。
内容は、写真集と写真展のこと、そしてCReCoという、暗室技術ならぬ、明室技術、のやり方だ
Pleasure_district_070210
#37 pleasure district 070210
宿泊したビジネスホテルは、歓楽街のまんなかにあった。もんもんとしそう。世界各国、博覧会状態。

Center_street_70211
#38 center street 070211 DtoH
名古屋は、年に1回ぐらいくるが、それはたいてい撮影会の講師で、名古屋駅、ホテル、東山植物園の往復で中心街までなかなか足をのばさない。久しぶりに見る名古屋の中心街は、記憶のなかとすっかり変わっていた。いや名古屋じたい、日本の中で唯一、東京都ならんで景気のいい街なのだろう。活気があったし、今風に美しい街になっている。道路が広く、ビルの見え方が、日本の街らしくない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.10

天才早川タケジと渋谷ですれ違う。#033#034

Hayakawatakeji
天才、早川タケジと渋谷ですれ違う。
早川タケジは、本当に天才だ。狂気を持っている。彼は若い時代モデルだった。セツモードセミナーに通い、イラストレイターとしてデビューする。その後沢田研二の衣装とアートディレクションを担当する。僕はその時代なんども仕事をした。彼のイラストのコンテはどうみても写真にならない。その魅力はイラストだからだ。それを写真にする。とても貴重な体験だった。そして天才ってこういう人をいうんだなと思った。早川タケジのこの本には僕の撮った写真がたくさん載っている。

Station06028
black frame #033 station 060628

Metro060701
black frame #34metro 060701

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.08

black frame#030#031#032

Ontheroac060819
black frame #030 on the road 060809 (写真をクリックすると拡大します)

Bar060814
black frame #031 bar 060814

Jazzbar060820
black frame #32 jazz bar 060820

(写真をクリックすると拡大します)

●black frame 
#001
#002
#003
#004
005#006
#007#008
#009
#010
#011#012#013
#014#015#016
#017#018#019
#020#021#022
#023#024#025
#026#027#028#029
#30#31#32

2月11日(土)2月12日(日)名古屋にてWorkShop
写真集「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」

Distance to the Horizon

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Anoc1001


写真集「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」

●1月19日(金)~3月3日(土)まで、ギャラリー・オーチャード・アート・フォト・サイト・名古屋で、昨年12月に渋谷パルコで開催した★横木安良夫写真展「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」展を巡回開催しています。
●期間中、strong>2月10日と11日、★ワークショップ
を開催します。

2月10日(土) pm2:00より
2月11日(日) pm12:00より

ワークショップの予約はこちらまで。

写真集「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」


| | Comments (0) | TrackBack (0)

black frame Index 写真の現実

R1110220a
#0#0# (写真をクリックすると拡大します)

●black frame 
#001
#002
#003
#004
005#006
#007#008
#009
#010
#011#012#013
#014#015#016
#017#018#019
#020#021#022
#023#024#025
#026#027#028#029
#30#31#32

2月11日(土)2月12日(日)名古屋にてWorkShop
写真集「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」

Distance to the Horizon

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Anoc1001


写真集「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」

●1月19日(金)~3月3日(土)まで、ギャラリー・オーチャード・アート・フォト・サイト・名古屋で、昨年12月に渋谷パルコで開催した★横木安良夫写真展「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」展を巡回開催しています。
●期間中、strong>2月10日と11日、★ワークショップ
を開催します。

2月10日(土) pm2:00より
2月11日(日) pm12:00より

ワークショップの予約はこちらまで。

内容「やさしいデジタルレタッチ」~CReCoのやりかた
クリコとは、暗室テックニックではなく、明室テクニックのひとつのやり方です。

以下、これまでのBLOGのINDEXです。

■写真集「あの日の彼、あの日の彼女」関連
写真集「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」詳細 
写真集、写真展関連INDEX
teach your children 1967-1975
11月23日 写真展とスポッティング
11月9日 横木安良夫写真展情報
写真集、偶然写りこんでいる有名人・・・。他
偶然捕らえられた、1968年9月12日の重信房子
1974年、増水する渋谷川
角田さんとの写真展トークショー
安珠トークショー
VS田中長徳、VS藤代冥砂トークショー
渋谷パルコ、横木安良夫写真展初日
田中長徳について
写真集の作られ方
アサヒカメラ、日本カメラ、CAPA
銀塩プリントをした。
書店の人はどんなことを思っているんだろう。


■RICOH GRD 関連
DtoH 地平線までの距離  これは、GRDで撮影するプロジェクトだ。
GRD誕生日と、1968年の新宿騒乱
GRDブログにぼくが登場しています。
モノクロ日和の日
GRD作品2006年12月30日
GRDのストラップ

2005年12月17日 GRD ファーストインプレッション

2005年12月9日 リコーGRデジタル モノクロ撮影 その1
DtoH大竹海岸
DtoH「波」大竹海岸
DtoH 沖縄

■最新blog
日本カメラ選評と、沢渡朔
小説現代、矢作俊彦と沖縄にゆく


■コダクローム関連
コダクローム終焉と誕生
●コダクロームについてのblog「僕のコダクローム」ポールサイモン

●「僕のコダクローム 沢田研二」

■ロバート・キャパ関連
ロバート・キャパ最期の土地が消えた
赤城耕一と、ニコンSと、ロバート・キャパ
ロバー・キャパ最後の土地が、韓国資本の靴工場になる。 「ロバートキャパ関係」strong>●
ロバート・キャパIN SAIGON
リチャードウイーランの伝記では、キャパは、1954年4月、日本滞在後、バンコクからハノイに行っていると書かれているが、実際はサイゴンから、ベトナムに入っている。
■「ロバート・キャパ最期の日」のBLOG
キャパ・イン・カラー写真展開催中 その1はここをクリック
●「ロバート・キャパ最期の日」本の紹介
●ロバート・キャパ最期日の書評など
1954年4月13日、日本到着から5月25日地雷を踏むまでのロバート・キャパの足取り
ロバート・キャパ写真展「ロバート・キャパ・イン・カラー」 その1に行く
●ロバートキャパのピンボケ写真と、僕のピンボケ写真

ETC
1955年千葉県市川市立国府台小学校 新一年生と5年生のクラス会 写真
今日は、一ノ瀬泰造の命日だ

■横木安良夫オフィシャルホームページ関連
WORKS 横木安良夫仕事
CONTENTS
ALAO YOKOGI PHOTOGRAPHS
GIRLS 横木がプライベートで捕らえた、女性たちの写真GIRLS IN MOTION  JR大塚駅前
ガールズ イン モーション クルマ雑誌で連載していた、シリーズPROFILE
阪神大震災の写真

■デジタルカメラ関連
2000年に書いたデジタルカメラ論と、インプレッションCFカードの事故、そしてレスキュー
■写真撮影関連
nifty.com/the_eye_forget/2006/02/post_bf58.html">スタジオライティングプロの現場
デジタルで撮れない大型カメラの世界 その1
超広角レンズのゆがみを取る方法?

■銀塩、デジタルプリント関係
写真のトリミングとフレーミング そしてCReCoEPSON PX5500 インクジェットプリンター カラー性能
 日本カメラ2月号 銀塩写真デジタルモノクロプリント

■「ポラロイド関係」
ポラロイド195ランドカメラとネガつきポラロイドモノクロフィルムType665


■肖像権関係
11月11日肖像権と写真展
マニュピレーション 肖像権関係 その2
後姿 その1 いまやスナップ撮影では、後姿を撮ることが多い。肖像権の問題もあるし、これからますます後ろ姿を撮ることがさかんになるだろう。
マニュピレーション肖像権関係 
その2
●盗撮、盗み撮り、キャンデットフォト、スナップ写真 その1
●盗撮、盗み撮り、キャンデットフォト、スナップ その2


●2006年2月TOPICS
TOPICS

スタジオライティングプロの現場
東京ビルヂング
表参道ヒルズ 30年前の写真を交えて
2月6日 写真いついて
恵比寿写真倶楽部 撮影会 佃
外山ひろみさんのブログ
阪神大震災 11年目の1月17日
東京都写真美術館 「発掘された不滅の記録 1954-1975」ベトナム

日本経済新聞に写真展写真が紹介される。写真展 オープニングパーティ
写真展 1974年 神宮球場 長島と王
1月10日 写真展「TeachYourChildren1967-1975」初日
1月6日 写真展の設営 
銀塩デジタル、ハイブリット・モノクロプリント
写真展「TeachYourChildren1967-1975」コンタクトプリント
12月15日 GRD GUERRERO NEGRO MEXCO
12月9日 六本木 バーガーインがなくなった。


ベトナム取材コーディネイトの杜国忠(ド・クォク・チュン)
ライトペインティング TwilightTwistトワイライト・ツイストについて。
フィルム感度って何?ISO ASA DIN SEKONIC STUDIO S 入射光式露出計
明るい部屋の謎
不許可写真その5
すがやあゆみ写真展 障害はブランドだ!
不許可写真その2
フルサイズデジタルと、アスペクト比
肖像権侵害とEos5D
肖像権侵害 その5
肖像権侵害 路上スナップ35万の支払い命令
銀塩式デジタルプリント日本カメラ11月号 デジタル写真直感レタッチ(クリエーティブ・コントロール)
危険な遊具
アサヒカメラ10月号
高田渡 ぐわらん堂 1974年
後姿 その2
Eos5D発売 35mmフルサイズデジタルなんていらない!?
岩根愛 グループ展
1970年 船橋無線送信所跡
千葉県市川市、国立国府台病院 1970年
写真展 Teach Your Children 2006年1月
●茅ヶ崎パシフィックホテル その1
1967年 市川駅
あゆの恋 ネットアイドル すがやあゆみ
写真の粒子、ノイズ
写真お見せ方、コンポジット
TeachYourChildren
●盗み撮りについて
写真ジャンルの羅列です
ART PHOTOGRAPHS & NEWS 写真プリント販売について、考えるサイト
写真の粒子について Grain その1
その2
●粒子のあるデジタル写真
アート・フォトって何! ギャラリーブリッツにて
アートフォト、インテリアフォト

●デジタル写真で何ができる その1

その2
その3
オリジナルプリント販売について
オリジナルプリント販売とは? その1


その3
エミリーブロンテ 「嵐が丘」 の舞台で、かつて撮った写真
●EosKissDigital Nを 6歳の娘に奪われた その1
●デジで本 アサヒカメラで評論
3月3日から12日まで、アメリカウエストコースに行った。

●なぜオーバーランするの JR西事故

「阪神大震災関係」
「M7.3子供たちがみたもの」TOP 阪神大震災から10年、当時まだ幼く何も語らなかった彼等は今十代になり、震災について何を重いっているのだろうか。その本についてのブログ。
「写真関係」
2mフォトグラファー、小堀正一

「そのほか」
怪獣映画「ゴジラ誕生50年だったな」
流行通信
40年以上も前のクリスマス
ベトナムのモデル1
ベトナムの女優写真
ベトナムNo.1の歌手、ミイ
タム

ベトナムのモデル2
ピンクレディ キンスマ
ピンクレディ2
若いお巡りさん
横木安良夫のHomePage
横木安良夫のプロフィール 詳細をUPしています
デジタルカメラで作る、本格的な写真集の作り方「デジで本」

| | Comments (0) | TrackBack (1)

black frame #026#027#028#29

Cemetery041015
black frame #26 cemetery 041015

Park060624
black frame #027 park 060624

Residential_area_070207
black frame #028 residential area 070207

Fire_station_070207
black frame #029 fire station 070207


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.07

black frame #023 #024 #025

Parking_lot_070202
#023 parking lot 070202

Starbucks070202
#024 starbucks 070202

Anniversary_of_fathers_death_060802
#25 anniversary of fathers death 060802


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.05

black frame #020#021#022

060413bus
black frame #020 bus 060413

Metro070203a
black frame #021 metro 070203

Metro060707
black frame #022 bus 060707

写真をクリックすると拡大します。
RICOH GRD 

Gallery representation for Alao Yokogi : Blitz International
154-0064 Blitz-House 6-20-29 Shimomeguro Meguro-ku Tokyo Japan
e-mail phone. 813-3714-0552

| | Comments (0) | TrackBack (0)

裏技ニュース CanonBJプリンターでモノクロプリント

裏技ニュース!!
古いCanonBJプリンターで、きちんとしたモノクロプリントを作る実験
Bjs6300
WEB フレンドのアルザンスさんが、手持ちのCanonBJS6300インクジェットプリンターで、既存のモノクロ顔料インクを使い、完全なモノクロデジタルプリントを制作した実験、奮闘記のまとめです。
詳しくはここをクリックしてください。
CanonのBJプリンターだったら、他の機種でも、インクのサイズがあれば可能なようです。(未確認)
MIXI会員の方は、ここをクリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

black frame #17 #18 #19

Salesman_060630
#17

Station_060729
#18

Family_restrant_060720
#19

写真をクリックすると拡大します。
RICOH GRD 

Gallery representation for Alao Yokogi : Blitz International
154-0064 Blitz-House 6-20-29 Shimomeguro Meguro-ku Tokyo Japan
e-mail phone. 813-3714-0552

| | Comments (0) | TrackBack (0)

black frame #014 #015 #016

Building_060720
#014
Station060628
#015
Bus060410
#016

写真をクリックすると拡大します。
RICOH GRD 

Gallery representation for Alao Yokogi : Blitz International
154-0064 Blitz-House 6-20-29 Shimomeguro Meguro-ku Tokyo Japan
e-mail phone. 813-3714-0552

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.03

black frame #011#012 #013

Women_only_070203
black frame #011 women only 070203

Table_and_chair_070203
black frame #13 table and chair 070203

Metro_070203
black frame #012 metro 070203

写真をクリックすると拡大します。
RICOH GRD 

Gallery representation for Alao Yokogi : Blitz International
154-0064 Blitz-House 6-20-29 Shimomeguro Meguro-ku Tokyo Japan
e-mail phone. 813-3714-0552

| | Comments (0) | TrackBack (0)

black frame #010

Shopping_at_11pm
black frame #010 shopping at 11pm 070203
写真をクリックすると拡大します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.02

black frame #009 windows vista

Window_vista_070201

black frame #009 windows vista 070201
写真をクリックすると拡大します。
☆☆☆☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.01

横木安良夫2月10日11日名古屋でワークショップ

Anoc1001
写真集「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」a>

●1月19日(金)~3月3日(土)まで、ギャラリー・オーチャード・アート・フォト・サイト・名古屋で、昨年12月に渋谷パルコで開催した★横木安良夫写真展「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」展を巡回開催しています。
●そのなかで、2月10日と11日、★ワークショップを開催します。

2月10日(土) pm2:00より
2月11日(日) pm12:00より

ワークショップの予約はこちらまで。

内容「やさしいデジタルレタッチ」~CReCoのやりかた
クリコとは、暗室テックニックではなく、明室テクニックのひとつのやり方です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »