« October 2007 | Main | December 2007 »

3 posts from November 2007

2007.11.26

北品川、旧東海道で撮影

Img_1837
Canon40D 17-85mm
23日、キヤノンフォトサークルのため、40Dを使用した撮影会を旧東海道、品川宿の周辺で行った。天気がよく、光のまわりが最高で、撮影会の講師といいながら、ボクはかなり本気モードで写真を撮ってしまった。その中でボクは今、ジャンルマスターというコーナーでスナップ写真について、選評をしている。キヤノンユーザーのかたは覗いてみてください。
カメラは最近発売された40D。ボクは最近このカメラをメインで使っている。スナップはGRD2やGX100が多いのだが、なにしろいつも持っているので、それでもデジタル1眼は、撮影モードになって撮るときには、気分よくどんどん撮れるのが好きだ。ボクはカメラのサイズによる優劣を感じていない。サイズにより世界観が違うのだ。被写体によって、写り方が変わる。コンパクトカメラはカジュアル性能がすごくいつどこでも撮れるけど、デジ一眼は、やはり速射性能は素晴らしい。

関連 MIXIに書いたこと
CanonEos40D 17mm-85mm BKT設定でG5ぐらいにしています。そのほかPhotoshopでCReCo
デジタルカメラ上、いやパソコンでホワイトバランスをきちんと取ると僕には、何んだか目で見ている印象と違うような気がしています。もっとぐりーんぽいとか、黄色いとか、銀塩時代から僕のノーマルは、グリーンよりです。今でも、FUJI RDPⅢフィルム使用の撮影では、CC10Gぐらい入れています。デジタルのプリントもカラーは完全にグリーン傾向、仕上げにハイライトに、イエローをかぶらせています。なんて、いかにもいろいろ手をかけているようで、でもこれが僕には自然に見えるし、今なのかなということなのです。最近東京の街は、ガラスのビルがあふれ、皆グリー傾向ですね。グリーンだといやされるのだろうか。


Odawara001
CanonEos40D 55-200 BKT設定05 CReCo 神奈川県小田原


1102_gin1_2

●11月28日から、銀座ニコンサロンで遠藤知有写真展、「南米コロンビアの空の下」が12月11日まで開催されます。
遠藤知有は、日芸写真のひとつ先輩で、かつて田中長徳、青山達雄、榎本俊雄と四人で、かの有名な日本デザインセンターにいました。全員作家思考が強く、コマーシャル写真にいやけがさしたのか、じきやめてしまいました。ボクは大学を卒業して就職もなくぶらぶらしているとき、センターの暗室でバイトをしていて、そのとき遠藤氏と知り合いました。センターをやめてからアメリカに行ってしまったので、久しぶりに会うことになります。ボクは初日28日の夕方に行きます。

| | Comments (0)

2007.11.21

GRD2で、京都の紅葉を撮る?

先週末、京都造形芸術大学で、RICOH GRDigital2と 写真集、100photographers GRSNAPSを発売記念イベント、写真展と、それのおまけで僕の「キャンデッドフォト」「スナップショット」についての、独断的な特別講座のため、京都に行った。会場は70名ぐらい。僕の1967年から最近のGRDで撮ったスライドを見せながら約2時間話をした。
スナップ写真や、ストリートフォトは現在、きわめて厳しい状況になっている。先日、NIKOND3をテスト撮影していて、家の周りの路地を撮影していると、その大げさなカメラで何をしているの?といった、かつてでは考えられないような視線を浴びた。今の日本人はなにをビクビク生きてるんだ。プライバシーって、家のなかを覗いているわけじゃない。道から見える、そりゃあちょっとボロの、古びた家がボクは好きだし、カメラマンってだいたい朽ち果てそうなものに惹かれてしまう。それはきっとフォトジェニックだからなのだが、滅びの美だと思うけど、撮られるほうは、イヤなのかもしれない。それは若い女がよくて、老人は美しくないと考えることに似ている....。
まあ、そんなことを書きたかったんじゃない。金曜日のレクチャーのあと、翌日、京都は暖かく、絶好の紅葉日和だった。ボクはあんまり観光地で撮影したりしないけど、新しいGRD2を持って、紅葉を撮ってみようと思った。
でもなかなか紅葉は難しい。いや、自然の風景はなぜか撮っていて、ストレスを感じる。なんかありふれた感じだからだ。美しいものを写真に残す。デモ誰が見ても美しいものは、ただ目で見ていればいいような気さえする。
そんなことを考えていると、ついクローズアップになってしまう。そして結局、お寺とお寺の間のなんでもない場所でスナップすることになる。
Photo GRDigital2

01kouetsuji
光悦寺 鮮やかに紅葉することなく落ち葉となる
DtoHにて撮影。 (写真をクリックすると拡大します)
02kouetsuji03
光悦寺 なんだか紅葉より、枯葉に惹かれる。 
03kouetsuji04
光悦寺 そして晩秋なのに青々とした葉。なぜか美しい葉には傷がついていた。
04kouetsuji01
光悦寺 唯一の紅葉の写真。
05ichijoji_2
一乗寺 ぜんぜん色づいていないモミジもある。
06kouetsuji02
光悦寺 花びらがばらばらになるから、サザンカだ。
07enkoji
圓光寺 皆紅葉を見ながら、のんびりと休んでいる。あー、日本っていいなって思うのだろう。
08enkojihukin01
圓光寺周辺 結局ぼくは路地裏を散策する。
09enkojihukin02
圓光寺周辺 テレビを買い換えたんだろう。こんな情景が好きだ。
10enkojihukin03
圓光寺周辺 周辺の道案内、交通整理のオジサン。いい顔をしていた。雑談しながらキャンデッド。
11enkojihukin
圓光寺周辺 一体この写真の何に惹かれるのだろう。

●最後に紅葉の写真
今年は遅いようです。でも赤や黄色にしっかり色づいてもいます。ところが、針葉樹でもないのに、それこそかえでさえ完全な緑色があるしまつです。紅葉といえば、ベージュと黄色と赤のグラデーション。それが今年は緑が強くなんだかへんなのであります。
Ichijoji
一乗寺

| | Comments (1)

2007.11.09

お知らせ キャンデッドフォト/SNAPの誘惑 特別講座 

●11月16日(金) PM6-8 京都造形芸術大学で、横木安良夫の特別公開講座『キャンデット・フォト/SNAPの誘惑。うまい写真より、いい写真」を開催します。
●GR SNAPS 「GR Digital GX100を愛する100人の作品を集めた「GR SNAPS]写真展を、13日(火)~18日(日)am11-pm7 を記念して、講演します。
●僕の初期の作品から、最近のGRD,GX100で撮ったキャンデット写真を200点をスライド上映しながら、今、キャンデット写真、スナップショット、は何なのかを考えて見たいと思います。
そして、なにより肖像権についても、写真家からの考え方を話してみたいと思います。
2005年にBLOGに書いた、キャンデッドフォトの話。
Candidphoto2007
↑クリックすると拡大します。
会場 京都造形芸術大学 人間館 A棟 NA401 11月16日 pm6-8
まあ、堅苦しくなく、楽しい、写真を撮るのが楽しくなる講座になると良いと思っています。

ALAO YOKOGI  「キャンデットフォト1967-2007」015
1968年 神田神保町 KOWA SW 28mm
010
1971年 新宿駅東口 NIKON F
031
1973年 ハワイワイキキビーチ Canon F1
029
1986年 ガルベストン ヒューストン USA CanonA1
071a
2001年 ハバナ キューバ CanonEos5
113
2003年 サイゴン ホーチミン市ベトナム CanonD60
195
2006年 那覇 沖縄 RICOH GRD
158
2007年 東京 RICOH GX100

| | Comments (3)

« October 2007 | Main | December 2007 »