« NewCamera RICOH R8 その1 | Main | 衝撃の未来形カメラ SIGMA DP1 »

2008.03.10

RICOH R8 その2

RICOH R8 その2  その1があります。こちらを先に読んでください

Shibuya001
SHIBUYA RICOH R8 (写真をクリックすると弱冠、拡大します。すべてCReCo済みなのであしからず

Shibuya002
SHIBUYA RICOH R8

●その1で、僕はGRD1のときから、ストラップを専用のGRDストラップではなく、フジのクラッセ用を使っている。GRDもワイコンやテレコンを使うなら、専用がいいが、何もつけないのなら、カジュアルなクラッセ用が好きだ。そして、R8はもっと軽いので、クラッセ用がベストチョイスかもしれない。
というのも、R8は、なんとGRDやGX100と同じように2点吊りができるからだ。ポケット派もいるが、僕は何度も壊しているので、首からさげるほうが好きだ。胸ポケットあるタイプのシャツだっら完璧だ。下の写真は、そのストラップをつけたところ。
●実はこれは、大学の先輩写真家、青山達雄氏に以前教えてもらったもの。Body001
●ところで片手で撮るときのグリップが悪いことを その1 で書いた。コンパクトデジカメは、小さくなればなるほど、そのホールド感は悪くなる。しかも小さなボディなのに液晶は更に大きくなっている。液晶に関して、その1で書いたことはちょっと間違い、今までの23万ドットから46万ドットになったということだ。ドットと画素数ってわかりずからくて、きちんと統一されていない。それはどこか他のサイトで検索して調べてもらうとして、とにかくどのカメラも親指の位置がないのだ。それは銀塩時代のなごりの、きちんと構えて両手で撮るからいいのだ、とメーカーは思っているようだが、液晶になり、コンパクトカメラは皆、片手で撮ることが多くなっている。僕もよほどブレに気をつけているとき以外は、片手だ。でも片手で撮ると、R8の親指の場所は微妙だ。したの写真は、通常の右手のホールドのしかた。これは両手用だ。各種スイッチも両手をつかわなければできない。ディスプレーの横に、縦に●●が並んでいるが、これば僕の、お手軽カスタマイズだ。
Body002
●このホールドは、両手で持つためのもの。片手撮りでは安定しない。
Body003
クッションゴムを親指でホールドすると、片手撮りが楽にできるのであります。
Body004
こうやって、人差し指とちょうど反対に親指のホールド場所を作れば、安定する。これは、東急ハンズで売っているKINCSEM HCP-35-01 というクッションゴムだ。U-016 60個入りで、504円した。糊がついていて、割とキチンと止まる。

|

« NewCamera RICOH R8 その1 | Main | 衝撃の未来形カメラ SIGMA DP1 »

Comments

今になってR8を購入しました。2点吊りのストラップ、なかなか良い物がない。この横木さんのブログでフジのクラッセのストラップを知りましたが入手困難で・・。そこで考えました私のストラップを御紹介。アルティザン&アーティストで販売してますクラカメ用のアクリルテープの細身のストラップで一工夫。ケータイストラップ用の先端の部品を購入しまして、前述のストラップのカメラ保護用革の穴に1回巻いて部品とストラップのリングを繋ぎますと、なかなか品の良い高級感のストラップになります。ブラックボディには黒、シルバーボディには茶のストラップが合います。

Posted by: bert | 2008.08.18 09:42 PM

とても参考になりました

Posted by: TACT | 2008.05.02 08:47 PM

The comments to this entry are closed.

« NewCamera RICOH R8 その1 | Main | 衝撃の未来形カメラ SIGMA DP1 »