« December 2008 | Main | February 2009 »

9 posts from January 2009

2009.01.30

太田真三写真展「新日本百景」キヤノンギャラリー

01291

Ohta01

Ohta02
1月29日(木)~2月4日(水)まで、銀座キヤノンギャラリーにて、太田真三さんの写真展「新日本百景」が開催されいている。2月1日日曜日は、休館
大田真三さんは、小学館のスタッフカメラマンだ。このシリーズは小説家の矢作俊彦氏と組んで、週刊ポスト上で連載した写真の一部だ。そのシリーズから、写真だけを取り出し、新たにキャプションをつけて展示してある。
最近写真は、芸術ばやりだけれど、こういうジャーナリスティックな写真がとても新鮮に感じられる。それも、プロの目で定着した完成度の高い写真だ。だからじっと一時間以上も繰り返してみている人もいる。出版業界は、不況だ。こんな時代になって、雑誌でなかなかこういう時間と手間のかかったページができなくなっているのが現状だ。ストレートな写真の力、写真はアートばかりじゃないということを、気づかされる。

新日本百景は、2冊出版されいてます。絶版のようですが、アマゾンで買うことができます。
新日本百景2
新日本百景1

| | Comments (0)

2009.01.27

訃報 大口広司さん 1月25日午後10時20分 逝去

Oguchi001b

Oguchi002b

Ogudhi003b
元テンプターズ、PYG、ウォッカコリンズのドラマー大口広司さんが、1月25日午後10時25分、肝臓疾患による心不全のため亡くなりました。ご冥福を祈ります。
●大口さんは1年ほどまえに、余命1年と宣告されていたようです。昨年の11月末と、現在開催中の展覧会「バガボンドの微笑み」を一緒に開催している狩野喜彦さんが語っていました。11月の展覧会の後、12月24日に倒れ、一時は危篤状態でしたが、奇跡的にもちなおしたようです。それが先週容態が悪化し、今bajraで開催している展覧会をどうするかとご家族と相談したところ、本人はとても楽しみにしていたとのことで開催することを決めたというしだいです。容態は日々めまぐるしく変り、日によっては車椅子で会場にこれるとの楽観的な観測もありました。残念ながら、昨晩急変し1月25日夜帰らぬ人となってしまいました。
●29日午後6時から通夜、30日午前11時から告別式がいずれも東京・中野区新井5の3の5の梅照院で。喪主は妻・以知子さん。
東京都中野区新井5の3の5新井薬師梅照院

展覧会は予定通り、1月28日(水)まで、開催しています。
●写真は、昨年11月19日に、駒沢通り祐天寺付近で撮影したものです。
1月23日 bajra展覧会の記事
12月2日「バガボンドの微笑み」銀座パーティ
アーティスト館 大口さんのインタビューが聞ける


Bajra1000a

Bajra1000b 1月23日(金)~1月28日(水) am11-pm8  代官山旧山手通り bajra
「バガボンドの微笑み」 大口広司x狩野喜彦 

| | Comments (0)

2009.01.26

フォトグラファーズサミット1月27日pm7~

●1月27日(火)に、六本木のスーパーデラックスで以下のイベントがあります。
今回はその3回目。段々パワーアップしてきした。基本的にはスライドを使ったプレゼンテーションですが、
色々な人のBOOKを見ることもできます。今回は僕はスライドはしませんが、ウラジオストクを撮った写真のBOOKを持ってゆくつもりです。見るだけではなく、人の写真を見る。僕もBOOKを拝見します。
今回は入れ物も大きく、クラブイベントみたいなもので、ルーズな進行になると思いますが、きっと楽しめるでしょう。
気楽に参加してください。そして写真のパワーを感じましょう。プロ、アマ、学生を問いません。
こんなに一同に、カメラマンがあつまることはめったにないので・・・。僕も楽しみです。

Ps
『フォトグラファーズ・サミット』公式WEBサイト

Photographes Summit Vol.3 開催決定!

開催日 2009/1/27(火) 開場19:00/開演20:00 入場料 1500円 (1ドリンク付)
場所 スーパーデラックス(西麻布) 詳細はこちら...
『フォトグラファーズ・サミット』は、写真をより身近に感じ、アートとして昇華していくための実験的、野心的なプロジェクトです。新進気鋭の写真家たちが多数参加、大型スクリーンを使ったスライドショー、LIVE形式で作品のプレゼンテーションを行ないます。"写真とは何か"を模索する、新しいアプローチがここから始まります。もっと詳しく...

[参加予定写真家]
青山裕企/浅田政志/池谷友秀/うつゆみこ/大串祥子/大和田良/小野雄治/黒田明/五味彬/酒井孝彦/斎藤圭芸/杉山宣嗣/関根剛一郎/田村友一郎/所幸則/永田陽一/行貝チヱ/hana/Photographer EIJI/フォトグラファーハル/藤田努/牧野智晃/松岡一哲/松川泰典/松本明彦/八木規仁/山田敦士/横木安良夫/渡辺伸次/waltz ほか多数
(あいうえお順 敬称略)

※出演者は都合により、急きょ変更になる可能性もあります。

協賛:MySpace/COMET/PIXTA/ブロンカラー
メディア協力:女子カメラ/日本カメラ/PHaT PHOTO


■当日は作品(ブック/ポートフォリオなど)をご持参ください。個展のフライヤーやDM、イベントのチラシなども大歓迎です。
■クリエイターのみなさまとの交流会もかねておりますので、アートディレクター、デザイナー、モデル、ヘアメイク、スタイリスト他、クリエイターの方々にも多数お集まりいただいています。初めての方も気兼ねなくご参加ください。
■会場の都合上、IDチェックを行ないます。免許証等、写真付き身分証明書をご持参ください。18歳未満はご入場できません。
■会場では混雑が予想されます。なるべくお早めのご来場をお願いいたします。(満席の際には入場制限を行なう予定です。ご了承ください。)

来場希望の方は、できるだけ下記HPにてご予約ください。
http://phsmt.web.fc2.com


[参加予定写真家]
青山裕企/浅田政志/池谷友秀/うつゆみこ/大串祥子/大和田良/小野雄治/黒田明/五味彬/酒井孝彦/斎藤圭芸/杉山宣嗣/関根剛一郎/田村友一郎/所幸則/永田陽一/行貝チヱ/hana/Photographer EIJI/PHOTOGRAPHER HAL/藤田努/牧野智晃/松岡一哲/松川泰典/松本明彦/八木規仁/山田敦士/横木安良夫/渡辺伸次/waltz ほか多数

| | Comments (1)

2009.01.25

bajrax大口広司x狩野喜彦 

Bajra1000a

Bajra1000b 1月23日(金)~1月28日(水) am11-pm8  代官山旧山手通り bajra
「バガボンドの微笑み」 大口広司x狩野喜彦 
関連 ●昨日のBLOG
Bajra001
昼間の会場は、夜とはイメージが違う
Bajra002
この空間は、日本のギャラリーには珍しい 作品が空中に浮いていて、バガボンドのテーマにふさわしい
放浪、漂流者、漂泊者・・・・・。
この空間で、作品をみると、さらに作品がよく見えるから、不思議だ。
会場にはTomWaitsがBGMになっていた。Bajra003
代官山、青葉台の、旧山手どおりは、日本のなかでも一番オシャレな通りかもしれない。
ブランドの服を買う層と、写真やアート作品を買う層は、重なっているといった印象だ。
ファッション業界は、展示会の季節をはずした、2月8月が空いているようだ。
例えば、この旧山手通り+代官山で、その季節いっせいにアートフェスティバル、フォトフェスティバルをやったら
面白いと思った。
今回は、大口さんとつながりのあるbajraは、彼の絵でTシャツを作った。それと一緒に作品をならべてみた。
写真の展示に関して、いくつかの実験をしているので、写真(アート作品)の販売に興味ある人は、
触発されると思う。ブランドの服は、決して安くない。固定の客が必要だ。そして販売する人の力がいる。
写真を売ることに、とても似ていると思った。

| | Comments (0)

2009.01.23

大口広司x狩野喜彦x磯見俊裕xbajra

Bajra1000a

Bajra1000b ↑画像をクリックすると拡大 DM AD 原耕一 デザイン 七郎  詩 城戸朱里

本日、1月23日(金)より、1月28日(水)までの6日間、渋谷代官山、旧山手通りにある、
ファッションブランド、
bajraのアトリエ&Shopで、大口広司x狩野喜彦の写真と絵画の展覧会「バガボンドの微笑み」が開催される。am11~pm8時まで。会期中無休
内容的には、前回とほとんどかわらないが、今回は通常は、ギャラリーではない場所での展示だ。
前回見逃した人も、見た人も、今までにない展示を是非ご覧になってほしい。
Bajra02

Bajra01
大口広司は、かつてテンプターズのドラマとして活躍、そのごPYG、ウォッカコリンズと音楽活動をつづけて、近年では、俳優の仕事もしている。その彼が海外を放浪したときに描きはじめた、絵の一部が今回の作品だ。
ウォッカコリンズ PINK SOUP めちゃカッコイイ 必見 大口のドラムPINK SOUP ベースは、伝説のベーシスト、加部正義(ルイズルイズ加部)
今回の作品は、1990年ごろから、2001,2年にかけて、猛烈に描いていた頃のシリーズだ。今回はそのジグリープリントの展示だ。
狩野喜彦は、「世界の車窓」や「鳥になる日」などのテレビのディレクターで写真家だ。日本の有名なドキュメンタリー畑のディレクターだといえる。美しい映像しゃれた演出、彼のファンはとても多い。
そんなふたりのコラボレーション。写真と絵のコラボはとても難しい。それがとてもうまく調和している稀有な展覧会だと思う。それは、二人とも本物の「放浪者、バガボンド」だからだろう。いや「漂流者」と言ってもいいだろう。
彼らは、人生の酸いも甘いもたっぷり味わいながら、そして浮遊している。微妙な共感がこの展覧会を魅力的にしているのだと、僕は思う。是非ごらんあれ。そして決して高くない、作品のご購入を。
今回の最大の難題は、bajraという、ブランドのショップでの展示だった。何しろアールのついたコンクリートの高い天井には、ギャラリーのように写真をひっかけるものがない。壁から離れた位置に、洋服をつるすように、天井に埋め込まれたレールがあるだけだ。もちろんスポンサーでもいて、予算があれば、簡単に解決できることだろう。壁全面をそういう処理をすればいいことだ。でもそれはできない。
そこで登場したのが、狩野氏の知人でもあり、一緒に仕事をしたこともある、磯見俊裕だ。彼は映画の美術監督で、2005年より東京芸大の助教授、今年から教授になった、多忙の人だ。
その彼に、狩野は予算が全くないと注文する。磯見のアトリエにあるもので・・・・・。
磯見は、天井から作品を吊ることを選択した。そしてそれは、困難の始まりだった。
磯見の5人のスタッフと、構成をしたトラウトのでデザイナー七郎、狩野喜彦、bajraの藤井。そして僕。
働いているのは、磯見とそのスタッフ、そして七郎。僕と狩野と藤井はただ見守っているだけだ。
その気の遠くなるような、手仕事の設営。
結局、昨日の午後6時からはじめ、終わったの今日の朝3時半だった。

その努力で、とても不思議な空間にしあがったと思う。写真展の展示の仕方の参考にもなる。
磯見さんのスタッフへの感謝。プロとはこんなふうに、なにも無い状態で、作り上げるのだと尊敬した。
是非、写真と絵とそして空間も、必見なので楽しんで欲しいと思うのであります。
パーティはありませんが、土、日は、作家も会場に詰める予定です。

Bajra03
前回、銀座の展覧会

価格表 (すべて税込み)

●バカボンドBOOK 20p (大口、狩野) ¥1000 

■ 大口広司

ジグリープリント A3 額込み  サイン入り  限定20部 ¥50.000  
       
8x10  サイン入り  即売しています。 ¥5.000         

8x10ジグリープリント 10枚セット アルミケース入り  ¥55.000

額入り、ジグリープリント ¥10000

■ 狩野喜彦  シルバープリント(バライタ) 限定1 額込み ¥50.000

8x10 デジタルアーカイバルプリント 即売 ¥5.000

8x10 額入りデジタルアーカイバラウプリント ¥8000

8x10 デジタルアーカイバルプリント 10点セット アルミケース入り  ¥55.000

写真集 「アデュー」 サイン入り ¥3.000

■アルミケース入り、大口5点、狩野5点セット 
ジグリープリント&デジタルアーカイバルプリント  ¥55.000

| | Comments (0)

2009.01.21

ShINC1月のセミナー

Shinc
ShINC HomePage

「¥3000で、写真売りましょう!買いましょ!展」で好評を得た、
ShINCプロジェクトが、昨年12月からほぼ毎月開催する、セミナーのご案内です。
その第2弾は、今週末 1月24日(土)に開催する、五味彬と魚住誠による、
写真集制作の実践セミナーを開催します。
参加費用 3000円 (材料代込)
場所:目黒区立下目黒住区センター 第一会議室
    目黒区下目黒20-20-19TEL 03-5496-5813

写真集を作る上で、五味彬氏が構成のノウハウを講義します。また実践の場として魚住誠氏が、
手作り写真集の作り方を、実践してみせます。
学生、プロはもちろん、アマチュアの方でも本づくりに興味があればどなたでも参加できます。
ShiICNセミナー
申し込み

1月のセミナー
五味彬のロジカルフォトグラフィー&魚住誠のOnly One Book

「Only one Bookの作り方」
どなたでも、参加可能です。

2009年1月24日(土曜日)10時〜17時
参加費:3000円(材料費込み)
解説:五味彬&魚住誠
場所:目黒区立下目黒住区センター 第一会議室
目黒区下目黒20-20-19TEL 03-5496-5813


五味彬のロジカルフォトグラフィー「写真集&ブックのページ構成」

欧米の美大では一般的に視覚心理学とデザイン効果が研究され、
ページ構成、構図に活用されています。
二枚の写真を右ページにどちらを左ページにするのか?
次の見開き見との連続性など
人の視線は左から右に移動し,明るい部分からくらい部分へ移するなど
科学的に解明されている事柄を基本にそれぞれの写真をより効果的に写真を見せる
ページの構成方法です。


セミナーではサンプルの写真を並べ替えてその効果を説明していきます。
参加される方がブックを持参されればブックの再構築に役立つと思います。

魚住誠のOnly One Book

写真新世紀など公募展に写真集形式にして応募する応募者が増えています。
東急ハンズなどで製本キッドが販売されていますが、
魚住氏の製本の特徴はサイズに制限がないという事と銀塩の印画紙,
両面プリントにも対応しています。
表紙もソフトカバーから布、皮を使った.ハードカバー仕様で作る事も可能です。
今回のセミナーではこちらで用意したポストカード10枚を製本していく基本的製本方法
両面印刷の製本方法、ハードカバーの作り方を簡単に説明します。

魚住氏はコスモスインターナショナルで定期的にOnly One Book 講座を開設しています。
この講座は
1回目・製本手順の解説と試作本を完成。
2回目・ご自分の作品を持参してください。 製本して作品集を完成させます。
となっていますが今回のセミナーではその口座の1回目を行います。


セミナー当日のスケジュール

参加者の皆さんをA,B,2グループに分かれていただき、五味,魚住のセミナーを受けていただきます。
10:00 受付b
10:30~13:00 Aグループ=ページ構成(五味) Bグループ=Only One Book(魚住)
13:00~14:00 昼休み
14:00~16:30 Bグループ=ページ構成(五味) Aグループ=Only One Book(魚住)
16:30~15:00 質疑応答


| | Comments (0)

2009.01.17

大口広司x狩野喜彦 展覧会bajra

昨年末、銀座で開催した大口広司x狩野喜彦「バガボンドの微笑み」展が、
1月23日(金)~28日(水)まで《am11-pm8 会期中無休》
代官山にあるファッションブランドbajra(バジュラ)にて、開催される。
旧山手通り、ヒルサイドテラスをすぎ、西郷山公園のちょっと先、モンスーンカフェの手前にある。
ちょっと変った空間、そこに狩野氏の写真と、大口氏の絵が展示、販売される。週末は作家も在廊の予定。
Bajra1000a

Bajra1000b ↑画像をクリックすると拡大

前回、銀座の展覧会

価格表 (すべて税込み)

●バカボンドBOOK 20p (大口、狩野) ¥1000 

■ 大口広司

ジグリープリント A3 額込み  サイン入り  限定20部 ¥50.000  
       
8x10  サイン入り  即売しています。 ¥5.000         

8x10ジグリープリント 10枚セット アルミケース入り  ¥55.000

■ 狩野喜彦  シルバープリント(バライタ) 限定1 額込み ¥50.000

8x10 デジタルアーカイバルプリント 即売 ¥5.000

8x10 デジタルアーカイバルプリント 10点セット アルミケース入り  ¥55.000

写真集 「アデュー」 サイン入り ¥3.000

■アルミケース入り、大口5点、狩野5点セット 
ジグリープリント&デジタルアーカイバルプリント  ¥55.000


Shinc

ShiICNセミナー
申し込み

1月のセミナー
五味彬のロジカルフォトグラフィー&魚住誠のOnly One Book

「Only one Bookの作り方」
どなたでも、参加可能です。

2009年1月24日(土曜日)10時〜17時
参加費:3000円(材料費込み)
解説:五味彬&魚住誠
場所:目黒区立下目黒住区センター 第一会議室
目黒区下目黒20-20-19TEL 03-5496-5813


五味彬のロジカルフォトグラフィー「写真集&ブックのページ構成」

欧米の美大では一般的に視覚心理学とデザイン効果が研究され、
ページ構成、構図に活用されています。
二枚の写真を右ページにどちらを左ページにするのか?
次の見開き見との連続性など
人の視線は左から右に移動し,明るい部分からくらい部分へ移するなど
科学的に解明されている事柄を基本にそれぞれの写真をより効果的に写真を見せる
ページの構成方法です。


セミナーではサンプルの写真を並べ替えてその効果を説明していきます。
参加される方がブックを持参されればブックの再構築に役立つと思います。

魚住誠のOnly One Book

写真新世紀など公募展に写真集形式にして応募する応募者が増えています。
東急ハンズなどで製本キッドが販売されていますが、
魚住氏の製本の特徴はサイズに制限がないという事と銀塩の印画紙,
両面プリントにも対応しています。
表紙もソフトカバーから布、皮を使った.ハードカバー仕様で作る事も可能です。
今回のセミナーではこちらで用意したポストカード10枚を製本していく基本的製本方法
両面印刷の製本方法、ハードカバーの作り方を簡単に説明します。

魚住氏はコスモスインターナショナルで定期的にOnly One Book 講座を開設しています。
この講座は
1回目・製本手順の解説と試作本を完成。
2回目・ご自分の作品を持参してください。 製本して作品集を完成させます。
となっていますが今回のセミナーではその口座の1回目を行います。


セミナー当日のスケジュール

参加者の皆さんをA,B,2グループに分かれていただき、五味,魚住のセミナーを受けていただきます。
10:00 受付b
10:30~13:00 Aグループ=ページ構成(五味) Bグループ=Only One Book(魚住)
13:00~14:00 昼休み
14:00~16:30 Bグループ=ページ構成(五味) Aグループ=Only One Book(魚住)
16:30~15:00 質疑応答


今月のセミナー申し込み

| | Comments (0)

2009.01.12

Superman スーパーマン1956年!

Teachyourchildrentopphoto1

前回の続き 前回のBLOG

●1956年(昭和31年)のある日、7歳の僕ははじめてテレビジョンなるものを見た。それは、近くのホンマ理容店の棚の上にあった。1954年にテレビの本放送が始まり、2年後ようやくこの町の電気屋が仕入れた第一号テレビ、それが床屋にやってきたのだ。僕はその箱から見える映像を見て感動した。テレビという電気映画に感動したのではない。そこに写っている、「スーパーマン」というドラマに感動したのだ。おぼろげな記憶では、スーパーマンはキングコングと戦っていた。(余談だがその時、すでに僕は「ゴジラ」(第一作)を映画館で見ていた。)テレビは、大人は驚いたかもしれないが、幼かった僕には特別なものとの認識はなかった。なにしろ世界は知らないことばかり、テレビだけが特別なものではなかったからだ。
●テレビ創世記のその頃、アメリカのテレビドラマを吹き変えて多くが放送された。日本のドラマが始まるのはそのあとからだ。ちょっと覚えているだけでも、「スーパーマン」「名犬リンチンチン」「名犬ラッシー」「ビーバーちゃん」「パパは何でも知っている」「ララミー牧場」「ローンレンジャー」「サンセット77」「ルート66」「ハワイアンアイ」「ハイウエイパトロール」アニメは、ディズニーと、珍犬ハックル、ハックルが「Oh my Darling,Oh my Darling」と歌っているのを、ずっと「オマエ誰」だと思っていた。
●とにかく、最初に見たテレビ、「スーパーマン」は、ジョージ・リーブスが主演していた。僕にとっては彼がスーパーマンで、1978年の映画、クリストファー・リーブが主演した、現代版スーパーマンは、あくまでリメイク版でしかなった。ただ映画のスーパーマンの飛行場面には心底驚いたが、今ではごくありふれた場面になってしまった。
●スーパーマンは、この二人以外に何人かが演じたが、やはりこの二人が有名だ。そしてスーパーマンのミステリーとして、ちょっと名前の似た二人は、数奇な人生を歩むことになる。
●初代のジョージ・リーブスはスーパーマンのドラマが終わった後、あまりにそのイメージが強すぎて、俳優として恵まれなかった。そのためか、1959年ピストル自殺してしまう。スーパーマンがピストルで自殺、そのニュースは僕にとってもショックだった。
クリストファー・リーブは、もともと舞台俳優指向だったので、最初のシリーズ以降は、出演を断わり、地道に俳優活動をしていた。それが1995年乗馬中落馬して、脊髄損傷を起こし、首からしたが麻痺した。その後もリハビリして映画にも出演したが、2004年に亡くなっている。
■前回のBLOGで、「スーパーマン日本版オリジナルの、オープニングテーマ」について書いた。
英語オリジナルタイトルロール(日本語版は、最初のが独自で、確かスーパーマンとナレーションが入っていたような気がする)
ケロッグ版、英語オリジナル版 YOUTUBE
日本語最近版 YOUTUBE
Youtubeの日本語版は、オリジナルとテーマソングも違い、ナレーションの日本語もゴロが悪く、完成度は高いとはいえない。僕が覚えているのは、
スーパーマン、
弾より速く。力は機関車よりも強く。高いビルディングなどはひとっと飛び。
あ、空を見ろ、鳥だ、飛行機だ、あスーパーマン、
そうですスーパマンです。
(この間を忘れてしまった)
彼はクラークケントと名乗り、
メトロポリスの新聞社、デーリープラネットの記者となり、
正義と真実を守るために、日夜戦い続けているのです

飛行機の部分は、ジェット機、最後の方はロケットに変っているようだ。
それで、BLOGでこのあたりを教えてほしいと書いたところ、何人かの人が教えてくれた。
何しろこの話題は、50歳以上じゃなくちゃ答えられないので、僕のこのサイトをどのくらいの人が見ているのかわからないが、そこでかなり有力なサイトを紹介してもらった。
それは、terra incognitaさんの人生リハビリ日記という、知的なサイトに載っていた。
そのサイトの2008.9.18Truth ,Justice and は、ココをクリックして読んでもらうとして、
一応の僕なりの完成版を記しておく。

スーパーマン、
タマよりも速く!力は機関車よりも強く!高いビルディングもひとっ飛び!
「あ、空を見ろ」「鳥だ!」「飛行機だわ!」「あ、スーパーマン!」
そうです、スーパーマンです。彼は人間の能力を遙かに超えた男!
川の流れを変え、鋼鉄をひねるくらいは朝飯前。
彼はクラーク・ケントと名を名乗り、
メトロポリスの新聞社、デーリープラネットの記者となって、
正義と真実を守るため、日夜戦い続けているのです!

たぶんかなり完成度は高いと思うが、たしか4,5年続いたこのシリーズは、微妙にナレーションも変っていたのだと思う。だからいくつかのバリエーションがある。見る側の微妙な年齢によって、ナレーションが違っているのだろう。
特に飛行機だわ、は、すぐにジェットだわに変ったのだろう。しかも1957年にはソ連の人工衛星スプートニクの打ち上げが成功した時代、飛行機じゃまずかったのだろう。ロケットになっている。
提供は、ライオン油脂、吹き替えは大平透だった。
まだ、いろいろ不明な点はあります。日本テレビの放送、何曜日、何時だったかなとか。
英語版の、最後のセリフ、
"truth, justice and the American way."が、太平洋戦争中のラジオドラマからそうなったとのこと、
ジョージリーブスの、テレビ版はそれを踏襲し、
1966年のアニメ版では、truth, justice and freedom
クリストファー・リーヴス版では、スーパーマン自ら、I'm here to fight for truth, justice and the American way."
と語っているそうです。
しかし、次のスーパーマンリターンズでは、all of that stuff
になっているとのこと、時代の流れと言うか、確実にアメリカはかつてのアメリカじゃなくなっている証拠ともいえます。
■テレビ版スーパーマンについて、新しい情報や、個人的な思い出などありましたら、是非コメントお願いします。

ジョージ・リーヴス


| | Comments (1)

2009.01.10

HappyNewYearとテレビスーパーマン

●久しぶりにUPします。ちょっといろいろやることがあり、なかなか書き込めませんでした。
今年もよろしくお願いします。
Happynewyear01jpeg
●昨日は、新宿でShINCの6人で新年会。強風に、横なぐりの雨。傘をさしてもかなり濡れた。
その後、猫目に行き、am2時ぐらいまで。

スーパマン、英語オリジナル版

■さて、新年そうそう、このBLOGを見ている方々に質問です。
といっても、若い人、いや50歳以上、もしくは60歳以上の人にしかわからない、質問なので、教えてくれる人がいるかどうか心配です。ちょっと今、書いていることに関係あるので。それは、
僕が初めて見たテレビの番組「スーパーマン」のことです。
1955,6年(昭和30年、31年)のこと。遥か昔のこと。こんな質問笑われそうですが。
今はYouTUBEは、そんな番組がアーカイバルとしてUPしています。
●若い人たちは、クリストファーリーブ主演のスーパーマンでしょう。アメリカンコミックノヒーロー。それさえも、古いかな。
でも、僕の世代にとっては、自殺したジョージ・リーブス主演のテレビドラマ「スーパーマン」なのです。
スーパーマンは、色々な俳優が演じていますが、なんといっても僕にとってはジョージ・リーブスなのです。
さて、質問とは、そのドラマのオープニングテーマのことです。英語版を見ると、ケロッグの提供ですが、日本ではtどこが提供していたのか忘れました。
なにより、印象的なオープニング、タイトルバックのことです。
YouTUBEには、日本語版もあります。ただ、これは僕の知っている訳とは全然違います。
音楽も違います。

当時、アメリカのテレビドラマは、全て吹き替えでした。今でもテレビは吹き替えが多いですね。
スーパーマンの吹き替えは、大平透という声優がやってました。おかしなことですが、小さかった僕は、
外国人が日本語を話していることに、まったく不自然さを感じていなかったので。なにしろ日本語習得中、
自分より、日本語が上手い外国人がいても、当然だったのでしょう。
さて、本題ですが、このタイトルバックの、日本語のバージョン、
僕が覚えているは、

スーパーマン。
弾よりも速く。力は機関車よりも強く。高いビルディングもひとっと飛び。
あ、空を見ろ、鳥だ、飛行機、あスーパーマン。
そうですスーパーマンです。・・・・・・・・
彼は、クラークケントと名乗り、メトロポリスの新聞社、デーリープラネットに勤め、
正義と真実のために日夜戦い続けているのです。

途中を忘れていますが、今、YouTubeにUPされている日本語のナレーションは、

スーパーマン、
弾より速く。機関車よりも力は強く。ビルディングなどはひとっと飛び。
何だあれは、鳥だ、ロケットよ、あスーパーマン、
そうですスーパマンです。
遠い星から地球にやってきた奇跡の男、人間の能力をはるかに越えたスーパーマン。
川の流れをかえ、鋼鉄をひねるぐらいは朝飯前。
彼はクラークケントと名乗って、正体を隠し、
メトロポリスの新聞社、デーリープラネットの記者となり、
正義と真実を守るために、日夜戦い続けているのです

日本語のテレビオリジナル版の声は英語版とそっくりです、音楽も英語オリジナル版と一緒です。

YouTubeに乗っているのは、ビジオ版?は日本語の翻訳もこなれていない。
音楽も違う。いったいこれは何なのでしょう。

●僕はオリジナルのナレーションを知りたいのであります。
日本語オリジナルは、もしかしたら途中をはしょっている可能性もありますが。

僕の記憶が消えているところは、英語版にはあるし、ただうっすらと記憶に残っているような気がします。
それで、僕の記憶と、現代版をミックすると、こんな感じになります。
音楽は英語版を思いうけべてください。

スーパーマン、
弾より速く。力は機関車よりも強く。高いビルディングなどはひとっと飛び。
あ、空を見ろ、鳥だ、飛行機だ、あスーパーマン、
そうですスーパマンです。

遠い星から地球にやってきた奇跡の男、人間の能力をはるかに越えたスーパーマン。
川の流れをかえ、鋼鉄をひねるぐらいは朝飯前。
彼はクラークケントと名乗り、
メトロポリスの新聞社、デーリープラネットの記者となり、
正義と真実を守るために、日夜戦い続けているのです

太字は、はっきりと覚えているところ。
僕と同世代の方、途中の部分を覚えている人がいれば、
教えてください。
もしくは、僕が分からないところを英語版から、もっと名訳してください。
英語版を見ると、スーパーマンが、日夜闘い続けているのは、American Way だと知ったのであります。
僕たちはの世代は、こうやってAmerican Wayに洗脳されたのであります。
それが、1960年代後半になって、
安保反対、
ベトナム戦争反対、
反米、反帝、
と、今の若い人たちが思っているより、この世代は、
アメリカに対して実は複雑な気持ちがあったのです。

Happy_new_year01_800


| | Comments (6)

« December 2008 | Main | February 2009 »