« June 2009 | Main | August 2009 »

3 posts from July 2009

2009.07.29

写真家たちの日本紀行 8月8日、15日 横木安良夫

●明日から、約2週間、ドイツ、イタリアにロケ。内容はまだ明かすことができないけれど、とても興味深い仕事。
でも、なんの準備もしていない。昼間は、打ち合わせなどがあるし、明日は朝8時半ここを出発。夜寝る時間があるのだろうか。まあ、飛行機のなかで寝ればいいわけだから、なんて余裕こいているけど。
●さて、来月、8月8日と15日、二日に渡って、Canonが提供している、「写真家たちの日本紀行」に出演している。BSジャパンだから、誰でもが見れるわけじゃないのだろう。日本の写真家が、未来に残したい情景を求めて、全国で写真を撮るといった、とても興味深い内容の番組だ。これまでもそうそうたる写真家が日本の情景を撮っている。
放送スケジュール→ ON AIR INFORMATION

●横木安良夫 島根県益田市の旅 

Meiseidote
明誠高校前の土手
Takatsugawa
高津川河口
Masudaeki
益田駅周辺
Izumi
IZUMI地区
●この番組は、日本の美しい情景を未来に残すといったコンセプトだ。
ただ、僕は美しい風景とは、現代的な人工物を排除したものばかりだとは、思っていない。
今新しいものも、10年、20年たてば確実に古くなり、50年もたてば、それは風景のなかになじんでしまう。
今のおさない子供たちは、大人になったとき、確実に今、できたばかりの新しいものが、記憶になり、自分にとってのかけがえのない情景になるはずだからだ。
例えば、江戸時代、いや明治時代でもいいだろ。たとえば湘南海岸にたち、まだ海岸の国道もない時代のことを想像すれば、自然な美しい砂浜、松林があったはずだ。でも、それは今に生きる僕たちには、見ることができない。残念ながら写真もほとんどない。でも、国道ができ、砂防林ができ、今や防波堤まであるその風景は、なんだかんだいっても、僕らの風景として受け入れざるをえない。そうしなければ、人間が存在しない、原始の風景がだけが美しいことになってしまうからだ。
●人工物 たしかに、無意味な日本全国、島々までの護岸工事。国家とゼネコンの一大プロジェクト。それが日本の海岸線を破壊したことはたしかだ。僕はそれを肯定するきは、さらさらない。でも、現実としてその風景を、写真家としては、受け入れざるをえない。そこにある種の「美」をみつけることも、写真家の仕事、いやそうではなく、現実世界を肯定するといった、今に生きる人間の役割かもしれないと思っている。
最近の僕のテーマは「なぜか心に残る、ありふれた光景」だ。

●さて、なぜ僕が、島根県の益田市を選んだか?それは、1月にRICOHのワークショップで出会った、女優さんとしりあったことによる。RICOHのワークショップの後、どういうわけか、AYPCという僕のWORKSHOPが、毎月、行われている。まだ、OPENになってないが、今のところ30人ぐらいて、常時15人から20人が参加している。そのワークショップに続けて、その女優、七咲友梨さんも参加している。
彼女の所属している事務所は、かつて懇意にしていて、そこの社長やマネージャーを知っていたので、親近感を持ったこともある。その彼女の出身が島根県益田市だった。
●島根県といえば、どこにあるのだろう。全国を巡った僕にとっても、そのなかの益田市はぽっかりと空白の場所だった。まあ、島根といえば、鳥取砂丘だよね、なんて冗談もあるけど、やはり宍道湖、出雲大社だろう。それでおしまい、といったところだ。
●僕はかつて、30年以上もまえ、フリーになりたてのころ、中古のスカイラインGTで関西から山陰をひたすらドライブしたことがある。写真も撮らず、ひたすら走った。そのルートからいえば益田市も通ったはずだ。でもまったくおぼえていない。ただそのとき、それは山陰のどのあたりか覚えていないが、そこになぜかアメリカを感じていた。
●というのは、いまでこそ日本のありふれた風景、広い駐車場とコンビニといった、日本全国にありふれているけど、ほんの3,40年まえまでは、広い駐車場をもった商店なんて、国道の長距離トラックのためのドライブインぐらいしかなかった。
それが、山陰のどこかない、アメリカの田舎町にあるような、そんな風景があったのだ。すでに僕はそのとき、何度もアメリカに行っていたので、その風景を見て、ふうんと思っただけで、特別写真に撮りたいと思ったわけじゃない。鉄道の発達していない、山陰地方は、なにしろ益田は今でも単線だ。しかも1時間に一本といったぐあい。JRではなく、国鉄時代ならいざしらず、それでもこのあたりは、車がなくては不便だったのだろう。すでに30年以上まえから、クルマ社会だったのかもしれない。商店のまえの広々とした駐車場。・・・・。
あの頃、コンビニがなかった。ファミレスもなかった。東京から白馬にスキーにクルマで行くとき、夜中走るのだけれど、店はどこもあいていない。空いていたとしてもスナックでバカ高いカレーやピラフがあるぐらいだった。コンビニのない生活を想像してみると、それがかつての日本の情景だ。不便だった。
●何を書いているのか、わからなくなったが、とにかく、
想像することのできない、町、益田に興味を持ち、調べた。すると、昔読んだ、梅原猛の「水底の歌」という柿本人麻呂の、死んだ場所ではないか。それに雪舟が住んだ町。日本に誇る美しい水質の高津川、などなど、あれ、この町って、歴史のある素晴らしいところなんだ、とさらに興味がわき、この番組に出演するにあたって、益田市で撮りたいと提案すると、そこで、20分の番組を2つ作るのは難しいのではないかと、まず言われた。それを強引に説得して、撮ることにした。
●その成果は、番組を見てもらうとして、他の写真家たちとはちょっと違った内容になったと思う。8月8日は、僕はロケ中で見ることができないが、是非ごらんください。
●実は、二か所ほど、撮影シーンがカットになってしまった。
それは、益田駅から数駅のひなびた無人駅で、ちゃんと撮影許可は撮っていたものの、一両のディーゼルカーが駅を出発したあと、僕はが突然ホームからおりて写真を撮ったことが問題になった。
指摘されたわけではなく、その旨を、撮影後、申告したらJRは、そんな許可はだしていないと硬化して、いっさいJRのシーンを不使用にとの通達があり、残念ながら他の駅のシーンも使えず涙をのんだ。
たしかに、公共の電波に線路からのシーンは不適切かもしれないので、使えないのはしょうがないとしても、僕もテレビでは不適切だなとは思っていた。
だからといって全てのJRのシーンを使わせないとは、ちょっとふに落ちない。
問題はもっと違うところにあるのかもしれないが、まあ、映像という、写真に比べれば公共性の高いメディアは、写真という、個人のレベルの表現として動いているものとは、比較できないぐらい、きちんとしてなくてはならないのだと痛感した。
でも、誰もいない無人駅のホームから何度も線路に降りたことのある僕は、反射的なもので、軽率とはいえ、「サガ」かもしれないと、居直ってみた。
●まあ、でも、ちゃんとした素晴らしい番組なので、是非、ご覧ください。僕のおちつきのない、撮影風景が満載だとおもいます。

毎週土曜日、夜7時半から8時 BSジャパン


| | Comments (1)

2009.07.04

本日4日、5日写真展ワークショップ仙台

●7月4日(土) pm2-4時 横木安良夫 在廊  
          4-7時 ワークショップ

●7月5日(日) pm1-4 ワークショップ

0011

Tyc_coverhyou3801

●ギャラリスト福川氏のBLOG

7月25日まで、仙台Kalos Galleryで、「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」写真展を開催しています。
今週の土日、ワークショップを開催します。
●この写真は僕が大学1年から卒業して、篠山紀信氏のアシスタントをへて、独立した1975年、18歳から26歳までの個人的なモノクロ写真で構成されています。仕事とは関係ない、目的のない、ある意味無為の写真です。
これは、モノクロネガをスキャニングしてすべてデジタルモノクロプリントしたものです。オリジナルの銀塩写真も展示していますが、デジタルプリントの、銀塩とは遜色のない写真をご覧ください。
●ワークショップでは、今の時代に写真はどんな力を持っているのか、
それにかけて、スナップショットの現状などもお話ます。
そして、今や写真はアートの部分が一番元気、写真を売ること、買うことなどを離したいと思います。
●また、フィルムや印画紙をスキャナーしたり、デジタルモノクロの明室作法なども具体的に紹介します。
それは、明室クリコのことですが、デジタル時代の実践レタッチでもあります。誰にでもできる、レタッチ法です。仕上がりにノイズを入れたり、今やレタッチでは常識になりつつありますが、僕が数年まえから提案していることでもあります。簡単なレタッチでも印刷原稿や、1mx1.5mといった大判プリントも可能です。そのほか、雑談的なことを楽しくやりましょう。
4日(土)pm4-7 終わったあと懇親会があります。
5日(日)pm1-4 6時過ぎの新幹線で帰っていまいます。

予約制 参加費 ¥3000
申込はこちらから

| | Comments (0)

2009.07.02

仙台で横木安良夫写真展ワークショップ 7月4日5日

0011

Tyc_coverhyou3801

●ギャラリスト福川氏のBLOG

7月25日まで、仙台Kalos Galleryで、「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」写真展を開催しています。
今週の土日、ワークショップを開催します。
●この写真は僕が大学1年から卒業して、篠山紀信氏のアシスタントをへて、独立した1975年、18歳から26歳までの個人的なモノクロ写真で構成されています。仕事とは関係ない、目的のない、ある意味無為の写真です。
これは、モノクロネガをスキャニングしてすべてデジタルモノクロプリントしたものです。オリジナルの銀塩写真も展示していますが、デジタルプリントの、銀塩とは遜色のない写真をご覧ください。
●ワークショップでは、今の時代に写真はどんな力を持っているのか、
それにかけて、スナップショットの現状などもお話ます。
そして、今や写真はアートの部分が一番元気、写真を売ること、買うことなどを離したいと思います。
●また、フィルムや印画紙をスキャナーしたり、デジタルモノクロの明室作法なども具体的に紹介します。
それは、明室クリコのことですが、デジタル時代の実践レタッチでもあります。誰にでもできる、レタッチ法です。仕上がりにノイズを入れたり、今やレタッチでは常識になりつつありますが、僕が数年まえから提案していることでもあります。簡単なレタッチでも印刷原稿や、1mx1.5mといった大判プリントも可能です。そのほか、雑談的なことを楽しくやりましょう。
4日(土)pm4-7 終わったあと懇親会があります。
5日(日)pm1-4 6時過ぎの新幹線で帰っていまいます。

予約制 参加費 ¥3000
申込はこちらから

| | Comments (0)

« June 2009 | Main | August 2009 »