« January 2010 | Main | March 2010 »

3 posts from February 2010

2010.02.27

スペインとAYPCBlog


Spain01


世界の街道をゆく、のロケで今スペイン、サンチャゴ。
スペインの撮影は、昨日終わった。
今回のテーマは、スペイン巡礼の旅。
カミノ・デ・サンチャゴ
まるで、お遍路さんのようだ。
バックパッカーみたいな若者も多い。
日本人も見かけた。
今年のスペインは、異常気象で、雨が多い。
一日中降っているわけじゃなく、ぱっと晴れ、虹がでたりと目まぐるしい。

今日は、移動日、パリに行くが、午後から天気が荒れるそうだ。

4月30日からの、AYPC写真展
「DEARLY DAYS」~なぜか気になる、ありふれた光景~
BLOGが始まった。
ぜひご覧ください。
AYPC Blog

| | Comments (0)

2010.02.20

AYPC写真展&BLOG スペイン、マドリッドより

Marco800
2月のモロッコは、寒かった。というほどでもないけど。その日一日雨だったけれど、夕方になって突然晴れ渡った。そこに2重の虹がかかる。モロッコの撮影は、昨日で終わり、今日はカサブランカから一路、スペイン、マドリッドに入る。途中上空からジブラルタル海峡が見えた。
「世界の街道をゆく」
テレビ朝日、月~金 8時54分から75秒の帯番組だ。
Gibraltar800
マドリッドの空港につく。だだっ広い空港。
天気は良いけど、風は冷たい。
Madrid800
さて、お知らせ。
4月30日から(祭日、休日休み)5月12日まで、銀座キヤノンギャラリーにて、
AYPCの写真展が開催される。AYPCといっても誰も知らないと思う。
昨年、結成された僕が主宰のワークショップだ。主宰といっても、僕があまりいろんなことを教えるWorkShopじゃない。プロとアマチュアを超えた、皆で、考え考え、迷いつつも、
突き進んでゆくタイプのあつまりだ。
それこそカメラを持って1年ぐらいの人から、30年以上もキャリアのある人、
アマチュア写真家として、カメラ雑誌やコンテストを総なめにして来た人、などなど、さまざまなキャリア、職業のあつまりでもある。
その第1回目の写真展をなんと、銀座のキヤノンギャラリーと、6月には梅田で開催する。通常のグループ展とはちょっと違うやりかた。どんなものになるのかは、見てのお楽しみのということで…。
そのAYPCのBLOGが先日、稼働し始めた。まずはメンバーひとりひとりの紹介とその作品が、日替わりで紹介されている。是非ごらんください。
写真展のタイトルは「DEARLY DAYS~なぜか気になる、ありふれた光景」だ。
DAYSに修飾する、DEARLY、ちょっと詩的なニュアンスもあらしい。
日本語でいえば、「特別な毎日」といったところだろう。
日本語タイトルは、1985年に僕がニコンサロン新宿で開催した、
DAY BY DAY ~特別な毎日~ から、ちょっと引用し、それにぴったりの英語を探してもらった。
AYPC BLOG

さて、どんな写真展になるか!


| | Comments (0)

2010.02.13

世界の街道をゆく 撮影中 モロッコ

Img_casablanca01_2
モロッコ カサブランカ周辺
テレビ朝日「世界の街道をゆく」

今、モロッコ撮影中。今回はちょっとながいロケになる。
帰国するのが、3月10日ごろになるから、ひと月のロケだ。
モロッコのあと、スペイン、フランスと移動する。

モロッコの光は美しい。イメージからするとモロッコは砂漠だが、
今回訪れるカサブランカや周辺は全然砂漠なんかじゃない。大都会。
気候も地中海性で温暖。緑も多い。なにより光の美しい土地だ。
ヨーロッパの写真家は、光については恵まれている。
たとえばエーゲ海の強烈な光。それなのに日中でさえ斜光であること。
日本の夏は、太陽がほぼ真上、夕方にならなければ斜光にならない。ハワイやグアムも同じだ。
光の質ばかりか、光の時間も違う。
冬は日照時間が極端に短いが、夏だったらながいながい夕方の光をたっぷり撮影に使える。

やはりモロッコと言えばぼくのなかでは砂漠である。
デートリッヒの映画「モロッコ」のあの映画の砂漠はどこでとられたのだろうか。
映画「カサブランカ」はすべてハリウッドのセットだし、その映画のカサブランカの飛行場と、現代のカサブランカの飛行場は全く関係がない。

僕が見たことのある映画「シェルタリングスカイ」は、モロッコの砂漠だそうだ。
この地での映画の撮影はかなり多い。なにしろヨーロッパから数時間で行けるからだろう。

今回取材のモロッコは、王国であるモロッコに焦点をあてている。

僕にとってモロッコは初めてだった。アフリカといえども、この季節モロッコは暑くはない。ホテルの部屋には
ほんの少し暖房がほしいと思うことがある。
もう何度も来たことのあるディレクターの狩野氏は、この季節雪が降ったことがあったと言っていた。
そういえば、彼の撮った写真に、パームツリーに雪がつもっている写真がある。
もっとも内陸にはスキー場もある。特別不思議ではないのだろうか。
まだ、この地にきて数日、モロッコがどんなところだなんて言えない。
いやどこの土地にいっても、先入観はくだかれるのが普通だ。


| | Comments (0)

« January 2010 | Main | March 2010 »