« 世界の街道をゆく!ペルー、アメリカ。そしてデジタルウオッチ! | Main | 映画「ランナウェイズ」THE RUNAWAYSの試写を見た! »

2010.12.28

サバンナーセントオーガスティンーデイトナーパームビーチ

今日の夜は、フロリダ半島パームビーチ郊外にやってきた。泊まるホテルいつものようにハンプトンイン。モーテルではないが、街道にあるチェーンホテル。部屋の広さ、設備は一流ホテルに負けない。アメリカの取材もあと2日。アルゼンチンからはじまり、ひと月、短いような、長いような。予想外だったのが、アメリカ南部の寒波。ようやく天気の良いデイトナの昼は暖かかった。でも朝起きた時、マイナス2度。氷が張っていた。フロリダは温暖にイメージがあるが、日本より寒いぐらいだ。もっとも植物を見れば、パームツリーや棕櫚、など青々として決してここが寒い地方ではないことがわかる。きっと映像になれば、天気の良い日はポカポカ陽気に写っているに違いない。
Img_4710_800
オケフェノケ湿地帯近くのコンビニのお姉さん。暇だったのだろう外でタバコを吸っていた。
Img_4695_800
冬の綿畠を探している時、農家の番犬に囲まれた。遠くから吠え、しだいに近づいてくる。
Img_5023cr_800
クルマで走っていて、車載カメラ(35mmか50mm)からと一脚につけた僕の24mmf1.4でムービーを撮る。他に200mmf2.8と50mmf1.2をスチール用に持っている。横に走る並走するクルマが来るたび、僕は助手席からちらりと横を見る。そんな写真も撮っている。この写真もその時の一枚。彼らは撮っているの気づいて手を降った。


今日、この撮影の最中に、大きなイベントがあった。というのはデイトナスピードウエイで体験ドライブをした。といっても助手席に乗るだけだけど。
オーバーオールのレーシングスーツを着せられ、ヘルメットをかぶり、クビの後ろにムチ打ち防止のような枠をはめられ、順番を待って、いざレーシングカーに乗り込む。といってもドアがあるわけじゃないので、窓から足をつっこんで、滑り込む感じだ。
このサーキットは、かつては砂地でレースをしていたが、1959年NASCARのストックカーレース用に、一周2.5マイルのほぼオーバルだ。バンクの角度が31度。バンクの角度より、その道路の幅が驚いた。狭い。クルマ4台分のというか、走り出したら横に3台はぎりぎりだろう。それが200キロ以上のスピードでレースをする。今回の体験は、レースではないし、ただ助手席に同乗するだけのことだが、スリルとスピードはジェットコース―以上のの何かがある。
加速や横G、縦Gなどは驚くほどじゃない。カートに乗ったことがあれば、それをデカクしたぐらいで、そうゆう恐怖はさそどじゃない。実は、狭い助手席に乗り込むと、すぐに四点式のシートベルトにくくりつけられた。その時腹の部分のベルトをギュッと締められる。ところがベルトを締められると、反射的にお腹をへこますくせがあるので、へこませた状態で固定されたた、それが苦しい。深い呼吸ができない。隣のドライバーは、元気かいといった調子でご機嫌だ。握手を交わし、いざ出発。先に書いたとおり、加速はおどろくほどじゃない。まあ、僕が慣れているせいもあるが。回転計はほぼいつも5000回転。すぐに200キロぐらいになる。それはスピードの恐怖と言うより、視覚的なスピード感と、これから飛びこむべき31度のバンクの狭さに緊張する。ドライバーを見れば、真剣だ。そうだろう鼻歌交じりで走れるスピードではない。アクセル全開スピードを落とさずバンク飛びこむとき、彼らの真剣な雰囲気こそが、この体験ドライブに緊張感を増幅させる。あいかわらず僕の呼吸はあさく、辛い。でも観念してそのスピードに、体も心もゆだねる。そのうち自分で運転している気になる。個人的には恐怖感はないが、生命の危険は十分に感じた。楽しい。まるで子供になった気分だった。たった3周だけど、素晴らしい体験。クルマには専用のカメラが車載され、後で記念にもらえるしくみだ。デイトナに行ったら、是非体験を!
そうそう本番のレースは300キロぐらいでるそうだが、体験は150マイル240キロぐらいだ。でも十分異次元につれていってくれる。


|

« 世界の街道をゆく!ペルー、アメリカ。そしてデジタルウオッチ! | Main | 映画「ランナウェイズ」THE RUNAWAYSの試写を見た! »

Comments

The comments to this entry are closed.