« 半沢克夫写真展 IN INDIA 1971→ 俺の始まり | Main | RICOH GR SETAGAYA SNAP by ALAO YOKOGI »

2013.04.26

RICOH GR By ALAO YOKOGI

R0003282portland01_850_2

GR1からGRD4まで使い続けてきた僕にとって、
この新しいGRは、説明書を読むこともなく、いやベータ機なので説明書がなかったが、
いくつかのこれまでにないボタンがあるがあまり触れることなく、
これまでどおりにすんなりと操作できた。

まさにスナップカメラ、
起動レスポンス、オートフォーカスもシャキシャキしていて、
快適だ。
液晶も高画素なものがおごられていて、美しい。
写真をチェックするたび、嬉しくなる。
GRレンズは描写に定評があり、
しかもデジタル用28mmワイドレンズ(18.3mm)
は驚異的に小さい。
しかもバリアーもついている。
銀塩GRと同じサイズに作れたこと、RICOHの技術者に敬意をはらいたい。
R0002388cr850
かつてのGRデジタルは、写りがパンフォーカスだったので、
基本的にはプログラムオートで撮っていた。
新しいGRは、APS-Cなので、
絞りを有効に生かせるので、
AV(絞り優先オート)で大半を撮った。
通常はf5ぐらい、背景をぼかしたいときはf2.8にした。

GRDのころからそうなのだけれど、
僕は、後付けシャッター音を無音にし(それでもカチカチとシャッターの音はする)
連写モードで撮ることが多い。

一眼レフの時は、望遠や動きの速いもの以外は、
すべてワンショットで撮るのだかれど、
GRの場合、連写で撮ることが好きだ。
一枚を狙うより、時間と空間を、カチカチと、
一撃必撮というより、
ジャブのように切り刻んでゆく。

R0002221bird850_2
GRは、通常近接撮影が30cmまで、マクロモードにすると10cmまで寄れる。
重要なマクロ性能、GRは直径12cmCDぐらいの小皿を撮ることはできる。
もっとも小さなセンサーのGRD4は、
1cmマクロ、とんでもない接写ができたわけだから、
APS-Sになって、この部分は後退した。当然か。
R0002663cr850
歩きながら時折、すれ違う人を、液晶を見ることなく、
ノ―ファインダーでキャンデッド(盗み撮り)する。
世界の街道をゆくの撮影では、声をかけて撮ることがほとんどだが、
黙って撮るほうが、すれちがったその瞬間、かなり緊張する。
音を切っているので、被写体に気付かれることはない。
まあ、かつてゆりかもめの車中、
GRDで、前に座るかっこいいカップルを
40枚ほど連写して、気づかれ、「盗撮だ!」と、
警察につきだされたことがある失敗をしているので、
(事情を説明し、事なきをえた。取り調べの刑事は写真は自然なのがいいよね、と共感した)でも過信は禁物。
R0003418cr850_2

GRの28mmレンズは漠然とした気分を撮るには、
ものすごく向いている画角だ。
ある意味、そういう意味で初心者に向いている部分もある。
しかし奥が深い画角だ。
なぜなら主題がはっきりしていると、
案外難しい画角だからだ。
撮影に、構図に工夫がいる。

普段一眼の時、僕は24mm、50mm、200mm
と、ほぼ3本の単焦点レンズで撮影している。
ワイドは僕にとっては24mmが普通だ。
かなりワイドで、パースが強く昔から好きな画角だ。
28mmレンズは、学生時代友達にかりた最初のワイドレンズだ。
すぐにそのあとコーワSWという28mmレンズ付きのカメラを使っていたので、
慣れ親しんでいるが、デモなど漠然とした
ドキュメンタリーには向いていても、
撮影レベルが上がり、
画面の四隅が見えてくるようになると、
28mmの画角が難しく感じてくる。

プロになってからは、キヤノンのFD24mmが好きで、
今でもEF24mmF.1.4が常用レンズだ。
もっとも一番好きな画角はと聞かれれば、50mmで、
今はEF50mm1.2を使っている。

さてGRの28mmレンズ。
気分を撮るには最高といったが、
なんどもいうが、実は主題がはっきりしていると、難しい。

人物や建築物を、空間を利用した、雰囲気ではなく、
しっかり正面から撮ろうと思うと、
なんとも空間処理が難しい。

建築物を撮ると、ワイドレンズ特有の強調されたパースが気になる。
奥行き方向のパースはましだ。
気になるのは空に向かったパース。
ビルが空に向かって、極端言うとピラミッドのように上すぼまりになるパースペクティブ。
それがいやだから、
僕は建築物を撮るとき28mmのGRの場合、
たいてい縦位置で撮ってしまうことになる。
よほど、この被写体は横位置がいい、と思わない限り。

28mmのようなワイドレンズでの撮影の基本は、
地面に対して光軸を水平に保って撮ることだ。

そうすると、垂直なものが、まっすぐ写り、
ゆがみのない自然な描写になる。

ところが、建築物などは高いので、たいてい、
ちょっと上に見上げる格好になる。
とくに28mmは、天地方向に余裕がないので、
水平に構えると建物が入らない。

縦位置にすると、地面を多めに入れれば、建物を垂直に撮ることができる。

R0002430_540x810_3

僕は、もともと大型カメラが好きなので、
4x5(しのご)などではアオリ、シフト、チルトを使うことが普通だった。
写真技術の基礎として、垂直な柱はあくまで垂直に、
建築写真はそうやってゆがみを修正する。
それが基本だ。
という大型カメラ使用の、重篤な後遺症が僕にはある、
いわゆるワイド的な建築物の上すぼまりのパースが好きじゃないのだ。
だって、人間の目に、そんなパースがついて見えないじゃないか。
ワイドレンズのパースは、
僕の目には、不自然に見えてしまうのだ。
病気である。

今、大型カメラではなくても、C社には、TSレンズなる特殊な
シフトやチルトというゆがみを修正できるレンズがある。

僕は「世界の街道をゆく」、の動画撮影では、ワイド撮影のほとんど、
このEos TS-E24mmを使っている。
動画の撮影で、このレンズを使っているのは、世界でもほとんどいないだろう。
(スチールの世界では、パソコンで簡単にパース修正できるので、普通のワイドレンズでもok、
ということは、GRで撮った写真も、パースの修正は簡単だ)

映像の世界ではワイドレンズは特殊レンズなのであまり使わない。
使うとなると、わざとワイドレンズのパースを、
不自然ぐらい効かせる特別な画角だ。

写真の世界では、24mmレンズなんて、
かつての超ワイドレンズもはや、
標準レンズだ。

ワイドレンズは、最初簡単、
すぐに難しくなり、技を使うと、
さまざまな表現ができるといった、
写真家のマジックレンズだ。

そういう意味で、GRが28mmという難しい画角を取り入れていることが興味深い。

さて、画角のことで言うと、以前GRD2用の、
40mmのテレコンが発売されていたが、
いろいろ不具合があり、本当にたいした問題じゃなかったのに、
皆がガタガタいうから、
その後製造されなかった。
いい画角のなのになあ。

もっとも、さらにワイドの21mmのワイコンは今回も発売されている。

なにより28mmという画角は、
人物のアップを撮るのが、むずかしいレンズだ。
たぶん40mmテレコンの予定はないようだけれど、

それならばいっそ、
もしこのGRが成功したら、

「40mm単焦点のGR」
が欲しい。
よろしくお願いします。
PENTAX RICOH イメージングさま。

|

« 半沢克夫写真展 IN INDIA 1971→ 俺の始まり | Main | RICOH GR SETAGAYA SNAP by ALAO YOKOGI »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 半沢克夫写真展 IN INDIA 1971→ 俺の始まり | Main | RICOH GR SETAGAYA SNAP by ALAO YOKOGI »