« September 2013 | Main | November 2013 »

9 posts from October 2013

2013.10.23

あの日の彼、あの日の彼女1967-1975 fable me fable u

01fable_me_fable_u_19671975_b_3

あの日の彼、あの日の彼女 1967-1975」HD英語版高画質です。

HD1080版 最高画質。ちょっと重いかもしれません。回線状況によっては止まってしまうこともあります


タイトルは”fable me fable u 1967-1975"です。
今回、編集を少し直しました。なぜなら数カット重要な写真が抜けていたからです。
それだけで、再度ご覧になるかたに、ちょっとしたエピソードを。
実はこのなかに、知り合いだったり、偶然だったり、何人もの著名人が写っています。
天皇陛下はもちろん、長島、王はすぐにわかるでしょう。
そのほかに、「地雷を踏んださようなら」の一ノ瀬泰造19歳、
ユーミンこと荒井由実、わかりずらいかもしれませんが、新宿ルイードでライブのあと友人たちと、
そして表参道で見かけたBIGIの菊池武夫、
やはり偶然フリーになりたてのころ住んでいた青山のアパートから見かけた宇崎竜童、
そしてなによりの驚きは、まだ無名の女子大生、
日本赤軍の重信房子が、デモの一休み中に偶然写っているのです。
そして僕自身も3カット写っています。
画質も少し良くなっています。HDフル画面でご覧になってください。

| | Comments (0)

2013.10.20

横木安良夫スライドショー

Movieスライドショー 写真をクリックしてください。フルスクリーン、HDでご覧下さい。
01fable_me_fable_u_19671975_b


あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」
僕が18歳から26歳まで撮った写真です。
スライドショー13分


Distances
「Distance to the Horizon」
2006年から2007年にかけて撮影した
カメラを地面に置いて撮ったシリーズです。


Glanceofcovers156
「Glance of Lens」
2011年CanonギャラーSにて開催した写真展の全作品です。

HD1080の高画質版は、ここをクリックしてください。

| | Comments (0)

2013.10.19

植田正治写真集「幻影」発売 予約 ShINC


Headimg1

写真集『幻影』は植田正治氏
1987年~92年に撮影されたシリーズ『幻視遊間』・英文タイトル『ILLUSION』です。

シリーズ『幻視遊間』は植田正治氏の最終シリーズとも言えるシリーズで
現存するプリントも非常に少なく写真集の写真の殆どが未発表作品で構成されています

ShINC.では日本版と2013年11月に開催される
PARIS PHOTO 2013出展用にパリ・フォト版を発売します。

写真集概要
植田正治写真集『幻影』日本版 (表紙A・日本語テキスト)
植田正治写真集『幻影』パリ・フォト版(表紙B・英文テキスト 500部限定)
*発売日:2013年11月11日
*発行元:ShINC.PUBLISHING/
*製作協力:植田正治事務所・G.I.P TOKYO
*クリエーティブディレクション:五味彬
*アートディレクション・タイトルデザイン:高田正治 / ブックデザイン:秋山香代子
*テキスト: タカザワケンジ
*形態 :A4変形(210mm x 230mm) 片面印刷 80P 写真40点 フォトフォリオ・ブック(見開きに写真2点のフォトフォリオ20点)

日本版とパリ・フォト板の違いについて
*日本版:表紙写真A/テキスト日本語
*パリ・フォト版:表紙写真B/テキスト英文
*掲載写真・ページ構成は同じ

予約販売について
*Aセット:表紙写真 A(5x7inc/インクジェット顔料プリント/Ed 50/植田正治事務所認定書付き)と
 日本版とパリ・フォト版 (2冊)のセット
*Bセット:表紙写真 B(5x7inc/インクジェット顔料プリント/Ed 50/植田正治事務所認定書付き)と
  日本版とパリ・フォト版 (計2冊)セット
  予約前売り価格:18,000円 ギャラリー販売価格 22,000円~32,000円(写真のみ)
*Cセット:日本版とパリ・フォト版 (2冊)セット 5,000円
*スタンダード版(日本版)3,500円

詳細、予約フォーム

| | Comments (0)

2013.10.18

AYPC写真展 dearly days 2013~写真でプレゼント~

Aypc_2013dm_photo1000_3

Aypc_2013dm_atena1000_2

AYPC写真展 Dearlyday 2013 ~写真でプレゼント~
11月5日~11月17日(月曜休館)PM1時~PM7時まで
インスタイルギャラリー

 洋画を見ていると、額入りの写真や、写真集を贈るシーンがある。
写真に託して、想いを大切な人に届けるのだろう。
 たとえば家族写真は、単なる記録というより、未来への贈りものかもしれない。
写真とは、エモーショナルな瞬間の発見を誰かに届けるメディアなのだ。
 4回目のAYPC写真展、
今回は大きな写真の展示と、
手作り写真集「ZINE」をテーマに、
プレゼントとは何かを、共有してみたいと思います。

AYPCのDMは、今まで全員の写真を載せてましたが、
今年は、レースという部内コンテストをワークショップのたびに行い、
みごと森まきさんが、年間総合1位になり、DMを独占しました。
なお、DMのデザインはその森まきさんです。


| | Comments (0)

Facebook 「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」

Slicecover02_800
写真をクリックしてください。
Facebookに入っている人なら、快適に見ることができます。
右下のHDを選んでください。
もしくは、■ここを。
https://www.facebook.com/photo.php?v=538193676257109&set=vb.100001994451679&type=2&theater

| | Comments (0)

2013.10.17

あの日の彼、あの日の彼女 1967-1975 横木安良夫

Slicecover02_800
写真をクリックしてください。Facebookの会員なら快適に見ることができます。


Slicecover02_800
↑写真をクリックしてください。
横木安良夫スライドショー第三弾 テスト中
写真集「あの日の彼、あの日の彼女 4967-1975」から
AlaoYokogi Photographs 1967-1975

スライドショーは約12分あります。
重たいので、クイックタイムがあらわれてから、はじまるのに1分ぐらいかかります。
WINDOWSとMacでは、画面外の見え方が違います。

今のところ、パソコンでしか見ることができません。

音楽
Brigitte Fontaine  [Comme a la radio]
Sumi Jo [Ave Maria]

↓もしくは、直接入力してください。
http://www.alao.co.jp/%81%9A%81%9Aalaoyokogiphotographs2006/2013MovieFolder/alaoyokogiphotographs.html


| | Comments (0)

2013.10.10

Glance of Lens スライドショー 横木安良夫

001cover700
写真をクリックして、10秒ぐらいで始まります。
●画面をクリックすると止まり、ダブルクリックすると動きます。
写真展GLANCE OF LENS 2011写真いちまいいちまいの説明があります。
若干色が変わってます。オリジナルは、僕のHomePageから。写真をクリックすると、一枚づつ進みます。
●音楽は、フリーの曲から選びました。
●このスライドショーは、Macにバンドルされている、iMovieで作りました。


| | Comments (0)

2013.10.07

Distance of the Horizon 2008 Slide Show Alao Yokogi

画像もしくは■ここをクリックしてください。10秒ぐらいではじまります。
0003_3
画像をクリックすると、10秒ぐらいでスライドショーがはじまります。始まってから、画像をクリックすると止まり、ダブルクリックすると動きます。若干音が大きいかもしれません。
見れない方は、Quicktimeの最新版をダウンロードしてみてください。(特にWの方)Distance of the Horizon(地平線までの距離は、2006年から2008年にかけて制作した作品です。
その時BlogにUPしましたが、
今はないので、再び編集をしなおしてここにupしました。
音楽は、James black bordhaven、商業目的ではないのでよしとして、つけてみました。


| | Comments (0)

2013.10.01

KOBE*HEART 写真祭 開催!

Syasinsai_386_2


■開催日
2013年10月1日(火)〜31日(木)
開催時間/9 : 00 ~25 : 00 
※最終日31日(木)は15時まで

■場所
caffè NEUTRAL(カフェ ニュートラル)
神戸市東灘区住吉本町2-1-17 TEL 078-811-8607
※カフェのため閲覧だけのお客様はご遠慮願います
昼は美味しいコーヒー、夜は美味い酒が飲めます

●写真展のお問い合わせ:KOBE*HEART実行委員会 info@kobeheart.com
※カフェニュートラルへの問い合わせはご遠慮ください

■開催概要
デジタルカメラ、スマートフォンが普及し、年々写真がより身近になり、
誰もが気軽に写真を撮るという、世はまさに写真時代。
KOBE*HEARTでも誰もが気軽に参加できる写真展を開催します。
より写真が身近になり、より楽しくなるように、という思いで。
プロの写真家の他、唄を歌っている人、役者、ラジオで喋っている人、
美味しい食べ物のことを書いている人、パンを焼いている職人、学校の先生、
大学の写真部の学生など、
さまざまな人が各地から参加する写真展。
ただ共通するのはみんな写真が好きだということ。

■出展写真家(五十音順)
青山 達雄/秋田 佳則/浅田 トモシゲ/綾田 俊樹/安倍 玲子/イイマユミ
糸井 美武/上野 まりあ/江下 碧/NYえぬわい/にたばる/大賀 トモ子/大久保 かれん
太田 恭史/大塚 まさじ/大森 有起/景山 日出一/梶浦 崇志/門上 武司/北畠 健三
國米 恒吉/崔 淑恵/佐藤 有希子/塩崎 聰/新 光太郎/タカギ トオル
高木 松寿/高見 尊裕/高山 修造/竹内 幹雄/竹中 稔彦/田渕川 亮
辻 まゆみ/寺島 信子/中谷 信子/中西 ゆき乃/中道 淳/中道 理恵子
中村 充利/長橋 珠美/七咲 友梨/成瀬 友彦/根岸 正臣/畑谷 友幸
長谷川 亜矢/hana/ハリー 中西/HARUKI/ハヤシシゲミツ/阪野 祐夫
馬場 和実/東谷 幸一/日高 一仁/松岡 健/松橋 隆樹/松村 泰裕
宮入 光博/みんみん/山口 賢二/横木 安良夫


Alao_meguro_cr1000
2013 Meguro Tokyo

Img_2438cr1010_2
2013 Spain

↑僕は、写真祭に、上の2点を出展してます。

2013年10月12日(土)
Kobe*Heart 写真祭 特別企画 


デジタルカメラで撮り、セレクト、レタッチ、そしてプリントするまで……
写真制作の流れを一日で学べます。
できるだけやさしく、だれにでもわかるワークショップです。

●日時 : 10月12日(土)10時30分〜
●場所 : 阪神御影・旨水館内特設会場(阪神電車御影駅高架下西側の市場内)
●定員 : 20名
●料金 : 3,000円(当日会場で徴収します)
申し込みはこちらのフォームから
※申し込み締め切り:10月5日(土)
※応募者多数の場合は抽選になります
※当選者には10月7日(月)にメールでお知らせします(予定)
※出展者でワークショップ参加希望の方も申し込みが必要です

●内容
1)撮影会
  場所 阪神御影周辺の高架下付近
2)世界で一番やさしい、写真レタッチ CReCo(クリコ)の勉強
3)横木安良夫の特殊撮影、ペンライトでライティングする撮影
  「TWILIGHT TWIST」の手法で、参加者ひとりひとりのポートレイトを撮り、
  データをその場でさしあげます。

●タイムスケジュール
10:30 集合、受付、説明 
10:45~ 阪神御影周辺の高架下撮影会開始
12:30~ 会場に戻り、昼食(各自用意)をとりながら、
      撮影会写真セレクトし(1人1枚)、作品をプリントアウト
13:30~ 横木安良夫の世界で一番やさしいレタッチ講座 
15:00~ 写真講評
16:00~ 横木安良夫の懐中電灯の照明による
      参加者のポートレイト撮影『TWILIGHT TWIST』
17:00~ ポートレイトのデータを参加者にプレゼント

18:00  終了

今回ワークショップに参加した人、全員に、
トワイライトツイストのライティングの被写体として経験してもらおうと思う。
もちろん、一人1回か2回なので、数日前にUPした写真のような、
きめ細かい写真にはならないと思う。
ただ、シンプルな、このライティングの構造を知ることや、
写真とは何かを感じるのに、よい経験になると思う。
USBカードリーダーか、CFもしくはSDカードを持ってくればダウンロードします。
撮影は、5DM3、50mmF1.2で撮ります。

※撮影会のカメラは自由。
ご希望の方にはCanon EOS 70D(標準ズーム付き)をお貸します。(全10台)
※カメラ貸し出し希望の方は免許証など顔写真付きの身分証明書をご持参下さい。
※横木氏撮影のポートレイトのデータをコピーするためのSDカードを持参して下さい。
※PHOTOSHOP ELEMENTがインストールされているノートパソコンをお持ちの方は、
ご持参いただくと、より解りやすいです。

▪横木安良夫オフィシャルサイト
CReCo
TWILIGHT TWIST(トワイライトツイスト)
▪Blog
Facebook


| | Comments (0)

« September 2013 | Main | November 2013 »