« CRP 地平線までの距離 Distance to The Horizon | Main | CRP NEWS Boys love Cars Paris 1995 路上に生きるクルマが美しい »

2016.02.28

CRP Crossroad Project News UKIMA My wife リリース

Honadaukima
CRP Workshopメンバー 本田 光のUKIMA MY WIFE のリリース!

本田光 

本田さんとは昨年東京8x10の写真展で出会った。
8x10カメラで奥さんを撮った写真にひかれ、友人であるやはり8x10使いの谷雄治さんに紹介してもらった。
本田さんいわく売れない脚本家だという。もともとローライで奥さんを撮っいたが谷さんに、4x5や8x10カメラ借りて、
今はこのスタイルで制作しているとのことだった。
僕はすごくいいから、もっと撮ったほうがいいとアドバイスした。

CRPが始まり、本田さんは参加してきた。
最初の悩みは30点以上のワンテーマとなると
中判、4x5、8x10というフォーマットの違う写真を
どう一つにまとめるかだった。
写真は正方形と縦位置写真ばかりだ。
CRPは横位置フィーマットというこも悩みだった。
ローライの正方形だけで並べれば、もとまるとも。
僕は8x10の作品があまり素晴らしく
混ぜることを提案した。日常をスナップするように8x10で撮影する。
それがどんな困難かは、経験のある僕もわかっている。
どんなに自然に見えても、
フレーミングから撮影タイミングなどは、
一つのカットに一枚とか数枚しか撮らない。
だから撮影前に計算しなければならないことが多い。
偶然性の余地は少ないように思える。
本田さんの撮影する奥さんの、「間」がなんとも不思議で心地いい。
そしてモデルである奥さんの魅力。
もっとも8x10は魔法のカメラで、
その情報量の多さが語られるが、
実はもっと違うことが写る。
高画素のデジタルカメラでは絶対に映らない、
そこには、儀式的な被写体と写真家の関係性がいとも簡単に映るからだ。
それはだれでも、経験すればわかるだろう。
まあ、それを撮り続けることはそうとうの覚悟はいるけど。

僕はCRPとして発表された写真のなかで、
この作品は最高レベルの写真だと思う。
ぜひダウンロードして、ご覧ください。
巻末に彼の文章が載っています。
やられます。 それを読んでからもう一度写真を見てください。

CRPラインナップ

|

« CRP 地平線までの距離 Distance to The Horizon | Main | CRP NEWS Boys love Cars Paris 1995 路上に生きるクルマが美しい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« CRP 地平線までの距離 Distance to The Horizon | Main | CRP NEWS Boys love Cars Paris 1995 路上に生きるクルマが美しい »