« CRP NEWS 電子写真集を見よう | Main | CRP Crossroad Project News UKIMA My wife リリース »

2016.02.19

CRP 地平線までの距離 Distance to The Horizon

Crpdtoh_2

Index900

CRP JAPAN DISTANCE TO THE HORIZON

〜地平線までの距離〜

ぼくの最新リリースの全ページを紹介します。
写真は40点、全部で45ページあります。
タイトル以外写真にキャプションはありません。
この作品は2006年に制作したものです。
写真を見る。是非amazonからワンクリックで購入してください。
これを見るには、iphone ipad android はKindle無料アプリんを
ダンロード
Mac Win のパソコンは、kindle for Mac Kindle for PCを検索して
ダウンロード(無料)してください。
一回買えば、お持ちの全ディバスで永遠に見ることができます。
実際のページ組は若干変更されてます
CRP ラインナップ
http://amzn.to/1oK2ALb
●ロバート・フランクの写真集 「Americans」のなかに、
ルート66で撮った縦位置のモノクローム写真がある。
緩やかな起伏のある荒涼とした平原を、
一直線に地平線まで続く荒れたアスファルトの道路。
そこに、かすれたセンターラインと光を反射して白くひかるタイヤのあと。
嵐のまえぶれだろうか、地平線を黒い不穏な雲が覆いつくそうとしている。
写真家にとって、地平線とはカメラのアングル、
どの高さから撮ったかという物理的な証拠なのだ。
それは例えば、自分の身長に支配される自然な
そして宿命的な高さであったり、ロバート・キャパがひざをついて撮る
おきまりのローアングルだったり、
もしくは何かの上に乗って撮ったのだと言う証拠を、
写真のなかの地平線を見ればひと目でわかる。
実は、地平線までは無限に遠いようでいて、地球上では計算上、
地面から160cmのアングルだとすると、
たった4.5キロさきにある。
ということは、歩いてもほんの1時間でたどり着ける距離だ。
もちろんその場所に行けば、
また再び地平線は4.5キロ先に遠のいてしまうのだが。
これは地球が平面ではなく球形であるということから
導き出された計算上の距離なのだ。
実際は、地上には起伏があり、数百キロさきの山までもが見える。
かつて、僕ははじめてカリフォルニアに行ったとき、
ロケハン中、高いところから今いる場所を見下ろしたいと思った。
あの前方の、いちぶの曇りもない山の斜面から撮りたいと思った。
そしてクルマを飛ばした。
ところが一時間近く走っても一向に山は近づいてこない。
地図を見たらそのなだらかな山は100キロ以上もさきあったのだ。
地上、2.5cmのアングル。蟻の目というよりは、
小さな亀の目のアングルぐらいだ。
いってみればCameRaの目。
不思議なことにほんの2.5cm地上から離れただけで、
計算上地平線は約450m先に存在する。
地面が本当に平面だったらの話なのだが、
思ったよりずっと遠くまで存在している。
地上2.5cmから見た世界は、
スウィフトのガリバー旅行記の「巨人の国」の世界だ。
ここに住んでいる巨大な人間たちは、
そばで見れば生命体としてダイナミックに息づいていても、
パースペクティブのさき、
遠く離れてしまえば皆寂しげに、地平線に消えてしまう。

|

« CRP NEWS 電子写真集を見よう | Main | CRP Crossroad Project News UKIMA My wife リリース »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« CRP NEWS 電子写真集を見よう | Main | CRP Crossroad Project News UKIMA My wife リリース »