« CRP Girls in motion 打ち明け話 その5 | Main | CRP ラインナップ »

2016.03.19

2016.0319-1949.0319 誕生日

CRP CROSSROAD PROJECT

Ccam2584_1000cr

たくさんの誕生日のメッセージありがとうござます。
確かに今日は僕の誕生日です。
1949年の今日、千葉県市川国府台にある国立病院、
かつて陸軍病院だったその病院で僕は生まれました。
母親によるとその日は格別寒い日だったようです。
戦後まもなくで物資も不足した時代、がらんと広々とした病室に母は一人だけ、
いたるところガラス窓が割れていて隙間風が入りそれを紙でふさいだそうです。
新聞記者だった父親は前の晩から付き添ってくれたものの、
母の前の妊婦が陣痛の痛みに耐えきれず泣き叫び、自分の妻もそういう状態になるのかと恐れていたら、
大声をあげることもなくすんなり朝9時22分に僕を産み、我慢強いんだねと褒められたといいます。
父は1981年65歳で亡くなりましたが、母はまだまだ元気で94歳、足腰は弱っても、
もともとインテリでその頭はいまでも健在です。
さて、67歳になった僕の感想は、ここまで生きても、
まだ世の中のこと、写真のことが、何もわかっていないなというのが素直なところです。
若いとき、写真家を志していたとき、感じていた写真の闇(未知なといういう意味かな)は、
やはり今でも大きく僕の前に広がっています。
闇という言い方はもしかしたら(希望+不安)かもしれませんが。
昨年アメリカに行ったとき、国道の真ん中をすたこら歩いている男がいました。
ジャンキーかなと思い、クルマもかなり飛ばしていたので危ないなと、
こんな風に見通しが良ければ問題ないとしても、
前に車がいて死角に入れば轢かれることだってありえます。
ただ彼の一歩一歩かなりしっかりとしていて、歩き続ける意思を感じました。
きっと世間にたいして何かに怒っているのかなと思いました。
67歳の誕生日にふさわしい写真ではありませんが、心にひっかかる写真なのでUPしました。
2016年3月19日 横木安良夫
この写真は来月の放送の「世界の街道をゆく」アメリカ編
に入っています。CROSSROADの場所も訪れているので
是非ごらんください。

CROSSROAD PROJECT オフィシャルサイト

|

« CRP Girls in motion 打ち明け話 その5 | Main | CRP ラインナップ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« CRP Girls in motion 打ち明け話 その5 | Main | CRP ラインナップ »