« デジカメWatch CRP紹介 PHaTPHOTOxCRP ワークショップ | Main | 劇団APBtokyo+CRP  6月公演 芝居  »

2016.04.06

CRP W あの日の彼 あの日の彼女デジタル写真集 発売

Crpnew

200

写真集を外で見よう!

CRP W あの日の彼 あの日の彼女 1967-1975

CRP W 第一弾
CRPホワイトバージョンは
ページ、価格自由です。
全349p  写真323点 ¥1000  $9.99

pageの多い写真集は
見る場所が限られていた。
CRPは、ipadでもiphoneでも、いつでもどこでも
見ることができる。
もう40年も前の世界を、今のあらゆる空間で見る。
BGMはいらない。その場所の音がBGM。
ウォークマンが発明され音楽は外へ飛びだした。
ようやく写真も屋外へ
それが電子写真集の楽しみかた。

これは2006年アスコムより出版された、
写真集「あの日の彼 あの日の彼女1967-1975」
の完全デジタル版です。
この写真は僕が日大芸術学部写真学科に入学した18歳から
篠山紀信氏のアシスタント経てフリーになった1975年26歳
までの個人的な写真です。
時代は世界中でスチューデントパワーが吹き荒れ、
神田カルチェラタン、10.21新宿騒乱、
東大安田講堂などが写っています。
最初のページから海外のような写真が続きますが、
横田基地のある福生での撮影です。
僕が生まれ育った千葉県市川市の風景、
房総、湘南、神奈川、静岡、
軽井沢、新宿、江古田、原宿、青山、銀座など
当時僕が動き回った場所が多く撮影されています。
これらの写真は目的はなく、僕が身の回りから惹かれたもの、
そして友人たちを主に撮っています。

僕は何も見ていなかった。
だからこれは僕の見た、あの日の記録なんかじゃない。
これは僕が吸った空気、あの日の一日、若く生きた気分の記録。
あの頃がよかったなんて、懐かしんでいるんじゃない。
誰にでも一度はある若い時代、世界と遭遇して、
感じ、掠めとった寓話。
昭和42年の春の一日から始まった18歳、そして26歳まで、
僕は夢中になってシャッターを切った。

後半、オリジナル写真集では小説家の角田光代さんに、
短い小説「あの日の彼 あの日の彼女」を書いてもらっています。デジタル版も許可を得て再録。
角田さんはこの写真集のはじまる1967年に誕生しています。
この写真の時代に同じ空気をすっていたことから、
当初は推薦文を書いてもらうつもりでしたが、
あったとたん小説を書いてくださいとお願いしてしまいました。

角田さんの小説のあと、写真集ではページごとに、
年号と場所を記録してありますが、デジタル版にあたって
写真一枚一枚にキャプションをつけました。

この写真集は、日本版です。英語版を現在製作中です。
角田さんの小説を英訳しています。
そちらも出版できたらお知らせします。

この本のテスト版をすでにお買いになった方は、
Amazon 0120-999-373(24時間対応)ヘ電話して、
Kindle Book
最新版 CRP W「あの日の彼 あの日の彼女 1967-1975 」
をダウンロードしてください。

全編Kindleコミッククリエーターで生成された画像より
かなり画質は向上しています。
後半のキャプションページの
200%にしてもこのぐらい見えます。
写真も20インチの4Kモニータで見ても問題ありません。

amazonの販売サイトの表紙、中身お試しはまだテスト版
のままですが、中身は全部最新になっています。
 
CRP W 第二弾は、鷲尾倫夫さんの
1970年代のドヤ街があった
寿町の写真集を予定しています。

どうぞみなさまシェアしてください。

オリジナル写真集はamazonの中古で売ってます。
http://amzn.to/1qtnkrp

|

« デジカメWatch CRP紹介 PHaTPHOTOxCRP ワークショップ | Main | 劇団APBtokyo+CRP  6月公演 芝居  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« デジカメWatch CRP紹介 PHaTPHOTOxCRP ワークショップ | Main | 劇団APBtokyo+CRP  6月公演 芝居  »